Newsweek

トルコ

サウジ記者殺害でエルドアンに千載一遇の好機が

2018年11月13日(火)16時00分
ビル・パウエル(本誌シニアライター)

    エルドアンはまた、シリア内戦に関してアメリカに圧力をかけてくる可能性がある。アメリカの支援(とサウジ資金)でシリア領内にクルド人勢力の安全地帯ができる事態は、絶対に受け入れられないからだ。

    アメリカにとってのクルド人はシリア内戦における最大の味方だが、トルコ政府にとっては反政府勢力・クルド労働者党(PKK)の仲間だ。イラクとシリア、そしてトルコの国境をまたいだクルド人国家の樹立を目指す彼らを、トルコ政府は許せない。

    アメリカは8月、シリアでテロ組織ISIS(自称イスラム国)から奪還した地域への復興支援金(約2億3000万ドル)拠出を凍結したが、サウジ政府とUAEがその穴埋めをした。慌てたエルドアンは独自の代案を示し、シリア北東部からクルド人を撤退させ、米軍とトルコ軍が共同で治安維持に当たろうと提案している。

    いずれにせよ、アメリカがサウド王家(とりわけムハンマド)の安泰を望む限り、エルドアンはカショギ殺害事件で手にした「貸し」を最大限に利用してくる。手の内を見せるのは、まだまだ先のことだ。

    <本誌2018年11月6日号掲載>

    ※11月6日号は「記者殺害事件 サウジ、血の代償」特集。世界を震撼させたジャーナリスト惨殺事件――。「改革」の仮面に隠されたムハンマド皇太子の冷酷すぎる素顔とは? 本誌独占ジャマル・カショギ殺害直前インタビューも掲載。

    [2018年11月 6日号掲載]

    注目のキーワード

    注目のキーワード

    ニューストピックス

    本誌紹介

    特集:躍進のラグビー

    本誌 最新号

    特集:躍進のラグビー

    日本代表の大躍進に沸くラグビーW杯── グローバル化で変わるこのスポーツの未来の姿

    2019年10月29日号  10/23発売

    人気ランキング

    • 1

      ヘンリー王子との結婚「考えが甘かった」と重圧を語るメーガン妃、率直な告白に大きな反響

    • 2

      水深3200メートル、クジラの死骸に群がる深海魚、撮影される

    • 3

      水深450メートル、メカジキに群がるサメ、そのサメを食べる大魚

    • 4

      性行為を拒絶すると立ち退きも、家主ら告発

    • 5

      「白馬にまたがる金正恩」写真に潜む目的と予告

    • 6

      メーガン妃の「赤ちゃんの肌の色は?」でCNNが炎上

    • 7

      メーガン妃への愛は冷めた? 英国メディア、結婚か…

    • 8

      中国の探査機が月に持ち込んだ植物の種、ハエの卵...…

    • 9

      未成年性的虐待の被告の大富豪が拘置所で怪死、米メ…

    • 10

      ウィリアム王子とキャサリン妃がパキスタン訪問、「…

    • 1

      韓国は、日本の対韓感情が大きく悪化したことをわかっていない

    • 2

      性行為を拒絶すると立ち退きも、家主ら告発

    • 3

      中国の探査機が月に持ち込んだ植物の種、ハエの卵......で起きていたこと

    • 4

      ヘイトに立ち向かったK-POPアイドル、ソルリ追悼写真集

    • 5

      交尾をめぐって噛みつき合う、暴力まみれのサメの日常

    • 6

      韓国訪問中に消えた9人のベトナム外交団員 公安当局…

    • 7

      未成年性的虐待の被告の大富豪が拘置所で怪死、米メ…

    • 8

      韓国・文在寅の賃上げ政策が招いたこと──映画館からス…

    • 9

      性的人身売買から救われた少女が自殺 犯人の男と家…

    • 10

      ヘンリー王子との結婚「考えが甘かった」と重圧を語…

    • 1

      韓国で長引く日本製品不買運動、韓国企業への影響が徐々に明らかに

    • 2

      イランで逮捕された「ゾンビ女」の素顔

    • 3

      写真撮影で「怪しいOKサイン」を出したテーマパークのスタッフが解雇

    • 4

      「OK」のサインは白人至上主義のシンボルになったの…

    • 5

      韓国は、日本の対韓感情が大きく悪化したことをわか…

    • 6

      「独島が韓国の領土であるとの証拠は何もない」韓国…

    • 7

      米韓関係の険悪化も日本のせい⁉ 文在寅がまた不安な…

    • 8

      性行為を拒絶すると立ち退きも、家主ら告発

    • 9

      全米最悪93人の連続殺人犯が「驚異的」な記憶力で描…

    • 10

      繁殖を止めるために遺伝子組み換えされた蚊、自然界…

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

    【写真特集】豪華クルーズ船はますます好調