Newsweek

アメリカ政治

米中間選挙の民意を出口調査から読み解く

2018年11月17日(土)15時15分
ウィリアム・サレタン

    有権者は何を重視して投票したか Michael Brochstein Images-LIghtrocket/GETTY IMAGES

    <移民問題でトランプは票を掘り起こしたが、長期的に見れば中道派の共和党離れを招く>

    選挙が終わると、人はパニックを起こし、あるいは月並みな総括をし、あるいは恣意的な解釈で自画自賛する。ドナルド・トランプ米大統領は自分のおかげで共和党の選挙戦は大成功だったと吹聴し、全米ライフル協会(NRA)は銃規制推進派をやっつけたと言い張る。左派は人種差別の拡大を懸念し、右派は巻き返しに成功したと自慢する。そして誰もが、この選挙結果は自分たちの主張の正しさを証明していると豪語する。

    その言い分のどれが正しく、どれが間違いかを判別する材料がある。出口調査だ。エジソンリサーチ(米3大テレビネットワークおよびCNN)とNORC(AP通信とFOXニュース)の出口調査データを総合すれば、有権者が何を重視して投票したか、そして共和党の抱える真の問題は何かが分かる。

    共和党の「戦犯」はトランプ

    トランプは自分が共和党を救ったと言うが、それは違う。投票行動に「トランプは関係なし」と答えた人の間では共和党の楽勝だった。だが「関係あり」と答えた人で見ると、民主党候補に投票した人が共和党候補に投票した人よりも15~20ポイントほど多かった。

    トランプの仕事ぶりや人柄に不満を抱く人の割合は全体の半数を超えており、強い悪感情を抱く人も45%前後いた。「トランプを応援するため」に投票したと答えた人は全体の25%で、「トランプに反対するため」に投票した人は37.5%だった。

    経済以外の全ての面で不支持が支持を上回った。トランプは「不正直で信頼できない」が「正直で信頼できる」を26ポイントも上回り、大統領は「一般国民に関心なし」が「関心あり」を17ポイント上回った。気質的に大統領に「適していない」が「適している」を29ポイント上回り、過半数がトランプ政権は「前政権より倫理的に劣る」と答え、「前政権より倫理的」との回答は4分の1にすぎなかった。

    トランプお得意の論点に関する評判も芳しくない。国境警備政策への賛否は五分五分で、過半数が強い指導者とは言えないと回答。治安は以前より悪化したとの回答(35%)が改善したとの回答(27%)を上回った。

    キャバノー効果はなし

    共和党の言う「キャバノーによる支持率押し上げ効果」は、実は人々の関心がトランプから一時的に離れたことによる揺り戻しだった。ブレット・キャバノーの最高裁判事指名については反対(47%)が賛成(43%)をやや上回った。キャバノー支持派だけで見れば共和党への票が断然多いが、反対派は圧倒的に民主党候補に投票していた。

    全体の25%がキャバノー問題を重視しないと答え、その層では共和党が勝っていた。だが、ある程度重視した人の中では共和党は若干負けていた。半数近くがキャバノー問題を非常に重視し、そこでは共和党が民主党に13ポイントも水をあけられた。

    注目のキーワード

    注目のキーワード

    ニューストピックス

    本誌紹介

    特集:顔認証の最前線

    本誌 最新号

    特集:顔認証の最前線

    世界をさらに便利にする夢の技術か、独裁者のツールか── 新テクノロジー「顔認証」が秘めたリスクとメリットとは

    ※次号は9/18(水)発売となります。

    2019年9月17日号  9/10発売

    人気ランキング

    • 1

      【韓国政治データ】文在寅大統領の職業別支持率(2019年9月)

    • 2

      外国人への憎悪の炎が、南アフリカを焼き尽くす

    • 3

      韓国のインスタントラーメン消費は世界一、その日本との関わりは?

    • 4

      アメリカ人労働者を搾取する中国人経営者

    • 5

      9.11救助犬の英雄たちを忘れない

    • 6

      【韓国政治データ】次期大統領としての好感度ランキ…

    • 7

      2050年人類滅亡!? 豪シンクタンクの衝撃的な未来…

    • 8

      香港デモはリーダー不在、雨傘革命の彼らも影響力は…

    • 9

      「Be Careful to Passage Trains」日本の駅で見つけ…

    • 10

      「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

    • 1

      タブーを超えて調査......英国での「極端な近親交配」の実態が明らかに

    • 2

      消費税ポイント還元の追い風の中、沈没へ向かうキャッシュレス「護送船団」

    • 3

      「日本はもはや後進国であると認める勇気を持とう」への反響を受け、もう一つカラクリを解き明かす

    • 4

      韓国のインスタントラーメン消費は世界一、その日本…

    • 5

      【韓国政治データ】文在寅大統領の職業別支持率(201…

    • 6

      思い出として死者のタトゥーを残しませんか

    • 7

      9.11救助犬の英雄たちを忘れない

    • 8

      性行為を拒絶すると立ち退きも、家主ら告発

    • 9

      韓国男子、性との遭遇 日本のAVから性教育での仏「過…

    • 10

      英国でビーガンが急増、しかし関係者からも衝撃的な…

    • 1

      ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいついで感染

    • 2

      日本はもはや後進国であると認める勇気を持とう

    • 3

      嘘つき大統領に「汚れ役」首相──中国にも嫌われる韓国

    • 4

      ヒマラヤ山脈の湖で見つかった何百体もの人骨、謎さ…

    • 5

      2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

    • 6

      寄生虫に乗っ取られた「ゾンビ・カタツムリ」がSNSで…

    • 7

      「TWICEサナに手を出すな!」 日本人排斥が押し寄せる…

    • 8

      「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

    • 9

      韓国で脱北者母子が餓死、文在寅政権に厳しい批判が

    • 10

      「この国は嘘つきの天国」韓国ベストセラー本の刺激…

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

    【写真特集】モノクロのカリフォルニアに未来を映して