Newsweek

諜報活動

中国のスパイ技術はハイテクだけじゃない

2018年11月17日(土)14時20分
イライアス・グロル

    「製造大国」という習政権の野望を実現するためスパイ活動にいそしむ中国 Thomas Peter-REUTERS

    <ハッキングと「人頼み」の情報収集活動を併用する能力こそが彼らの強み>

    米情報当局者らは長年、最新技術を使ってアメリカの知的財産を盗み出す中国工作員の脅威について警告してきた。

    だが、中国の工作員が起訴された最近の複数のケースでは、それとは違う傾向が目立つ。彼らは最新技術のほか、人間のスパイ活動という昔ながらの方法も使っている。

    例えば、米司法省が10月30日、中国の諜報機関である国家安全省の職員2人とハッカーチームを起訴した件。彼らは、米仏企業が共同開発する最新ジェットエンジン技術を盗もうとした罪に問われている。

    国家安全省はフランス企業のサーバーに侵入させるマルウエア(不正ソフトウエア)を開発。これをシステムに組み込ませるときは昔ながらのやり方に頼った。その企業の中国人従業員を獲得し、USBメモリーを使ってインストールさせたのだ。

    中国政府は、25年までに製造大国としての地位を築く戦略「中国製造2025」を提唱。目標達成のため国内のさまざまな企業を後押ししようと、積極的なスパイ活動を展開している。

    こうしたなか、セッションズ米司法長官(当時)は11月1日、中国による米企業の機密情報窃取に対抗する特別チームの設置を発表。急増する中国の産業スパイ活動を「これ以上は看過できない」と、会見で語った。

    セッションズは、産業スパイ容疑で中国と台湾の企業を起訴したことも明らかにした。台湾の半導体メーカー聯華電子(UMC)が中国企業と共謀して、米半導体メーカーのマイクロン・テクノロジーから技術を窃取した疑いがあるという。

    ここで情報収集に使われたのも、昔ながらの手法だった。起訴状によれば、UMCはマイクロン・テクノロジー台湾法人の幹部を買収して、半導体製造に関する企業秘密を盗ませた。

    「ハッカー大国」も健在

    米国家安全保障局(NSA)の元職員で現在はサイバーセキュリティー企業で戦略的脅威対策を担当するプリシラ・モリウチは、米司法省が起訴する産業スパイの半数以上は「サイバー活動と人間の活動を融合させたものだ」と指摘する。「それが中国の好みのやり方のようだ」

    11年に発覚した事件もそうだった。中国の工作員たちは、米風力発電部品大手のアメリカン・スーパーコンダクターの従業員を170万ドルで買収。同社のタービン制御ソフトウエアのコードを、提携先である中国の風力タービンメーカー、華鋭風電科技(シノベルウインド)にひそかに提供させた。

    注目のキーワード

    注目のキーワード

    ニューストピックス

    本誌紹介

    特集:日本と韓国 悪いのはどちらか

    本誌 最新号

    特集:日本と韓国 悪いのはどちらか

    終わりなき争いを続ける日本と韓国── 泥沼の関係に陥った本当の原因と「出口」を考える

    2019年9月24日号  9/18発売

    人気ランキング

      • 1

        コモドドラゴンの体内に「鎧(よろい)」があることが発見される

      • 2

        サウジ原油施設攻撃で世界は変わる

      • 3

        ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいついで感染

      • 4

        韓国航空会社の受難......ウォン安、原油高騰に「ボ…

      • 5

        繁殖を止めるために遺伝子組み換えされた蚊、自然界…

      • 6

        サウジのムハンマド皇太子、韓国に防空システム構築…

      • 7

        【速報】韓国の文在寅大統領、支持率が過去最低を記録

      • 8

        米軍戦闘機が撮ったUFO映像「本物」と米海軍が認める

      • 9

        【韓国政治データ】文在寅大統領の職業別支持率(201…

      • 10

        嘘つき大統領に「汚れ役」首相──中国にも嫌われる韓国

      • 1

        ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいついで感染

      • 2

        嘘つき大統領に「汚れ役」首相──中国にも嫌われる韓国

      • 3

        日本はもはや後進国であると認める勇気を持とう

      • 4

        2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

      • 5

        ヒマラヤ山脈の湖で見つかった何百体もの人骨、謎さ…

      • 6

        「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

      • 7

        コモドドラゴンの体内に「鎧(よろい)」があること…

      • 8

        サウジ原油施設攻撃で世界は変わる

      • 9

        「TWICEサナに手を出すな!」 日本人排斥が押し寄せる…

      • 10

        タブーを超えて調査......英国での「極端な近親交配…

      もっと見る

      Picture Power

      レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

      【写真特集】豪華クルーズ船はますます好調