Newsweek

外交

中国とオーストラリアが戦略要衝パプアニューギニア巡り火花 南太平洋の勢力争い

2018年11月18日(日)09時29分

    11月15日、戦略的な要衝に位置するパプアニューギニアを巡り、オーストラリアと中国が火花を散らしている。写真は、握手する中国の習近平国家主席(右)とパプアニューギニアのオニール首相を写真を使ったバナー。首都ポートモレスビーで撮影(2018年 ロイター/David Gray)

    パプアニューギニアのオニール首相が6月、北部の沖合いに浮かぶマヌス島の港湾整備に中国が資金援助する可能性があると警鐘を鳴らすと、隣国オーストラリアは驚き、すぐさま反応した。

    オーストラリアは8月に政権交代があったにもかかわらず、直ちに対抗案を策定したと、政府筋や外交筋はロイターに明らかにした。この島は戦略的な要衝に位置しており、中国軍の艦艇が定期的に寄港する懸念が出ていた。

    米国の忠実な同盟国であるオーストラリアは今月、港の整備に資金協力すると発表した。南太平洋で中国が勢力を拡大しようとする中、オーストラリアがこの地域における影響力を改めて主張する動きだと、専門家はみている。

    「マヌス島の港はわれわれにとって大きな懸念だった」と、米国の外交筋はロイターに語った。「中国軍の艦艇が港を使用する可能性は大いにあった。オーストラリアが港の再開発に資金提供することになり、われわれも非常に喜んでいる」

    中国は第2の支援国

    パプアニューギニアは今週、首都ポートモレスビーでアジア太平洋経済協力会議(APEC)の首脳会議を主催する。オーストラリアはこのタイミングに合わせ、これまでの口約束を正式な合意にすべく、準備を進めている。

    パプアニューギニアでのAPEC開催は、太平洋地域における自由貿易の重要性を議論する一方、この地域で覇権を争う米国と中国が、影響力を広げるための場ともみられている。

    中国は2011年以降、太平洋の島しょ国に13億ドル(約1500億円)規模の低利融資あるいは無償融資を行っており、オーストラリアに次いで2番目に大きな支援国となっている。西側諸国は、太平洋の小国が中国からの過剰な借金に苦しむことになるのではないかと懸念している。

    注目のキーワード

    注目のキーワード

    ニューストピックス

    本誌紹介

    特集:香港の挽歌

    本誌 最新号

    特集:香港の挽歌

    国家安全法で香港の自由と繁栄は終わり? 中国の次の狙いと民主派を待つ運命

    2020年7月14日号  7/ 7発売

    人気ランキング

      • 1

        「金正恩敗訴」で韓国の損害賠償攻勢が始まる?

      • 2

        中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊はあり得るのか

      • 3

        科学者数百人「新型コロナは空気感染も」 WHOに対策求める

      • 4

        中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

      • 5

        孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようや…

      • 6

        国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」…

      • 7

        東京都、3日の新型コロナ新規感染は124人 小池知事「…

      • 8

        新型コロナ、血液型によって重症化に差が出るとの研究…

      • 9

        ウイグル女性に避妊器具や不妊手術を強制──中国政府…

      • 10

        火星の移住に必要な人数は何人だろうか? 数学モデ…

      • 1

        国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」周庭の別れの言葉

      • 2

        「金正恩敗訴」で韓国の損害賠償攻勢が始まる?

      • 3

        中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊はあり得るのか

      • 4

        科学者数百人「新型コロナは空気感染も」 WHOに対策求…

      • 5

        世界最大の中国「三峡ダム」に決壊の脅威? 集中豪…

      • 6

        中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

      • 7

        孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようや…

      • 8

        東京都、新型コロナウイルス新規感染107人を確認 小…

      • 9

        ポスト安倍レースで石破氏に勢い 二階幹事長が支持…

      • 10

        自殺かリンチか、差別に怒るアメリカで木に吊るされ…

      もっと見る

      Picture Power

      レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

      【フォトエッセー】抗議と嘆きと連帯の聖地になったジョージ・フロイド殺害現場