Newsweek

ミャンマー

ロヒンギャを迫害する仏教徒側の論理

2018年11月20日(火)14時45分
今泉千尋(ジャーナリスト)

    112002myanma.jpg

    「ロヒンギャの蛮行」を告発するパネル(マンダレー) LAUREN DECICCA/GETTY IMAGES

    イスラム教徒への嫌悪感

    そんなラカイン人が不満のはけ口にしているのが、イスラム系少数民族ロヒンギャに対する差別だ。ロヒンギャの祖先は英国植民地時代にベンガル地方からミャンマーにやって来たと言われているが、70年代後半から不法移民として扱われるようになった。現在は無国籍の状態にあるため、教育や医療、福祉といった基本的な公共サービスにアクセスできず、多くの人が貧困と差別、そして断続的な武力弾圧に苦しんでいる。

    ラカイン人は普段は礼儀正しく親切だが、ロヒンギャの話題になると急に嫌悪感をむき出しにする。談笑していたある男性にこの問題についての見解を尋ねると、「不法移民であるベンガル人の話はしたくない」と会話を中断された。英語教師だという女性は「イスラム教徒に暴行されるのが怖くて、娘も私も夜は外出できない」と憤った。

    ミャンマー市民にロヒンギャに対する憎悪を植え付けるのに一役買っているのが、13年に発足した強硬派の仏教徒集団「国家と宗教保護のための委員会(通称マバタ)」だ。マバタの前身は「969運動」と呼ばれた反イスラム団体で、それを扇動してきたのが「ミャンマーのウサマ・ビンラディン」の異名を持つ怪僧アシン・ウィラトゥ(50)である。

    11年にミャンマーで民政移管が起きると、ウィラトゥは民主化で解禁されたばかりのSNSを駆使して、イスラム教徒に対するヘイトスピーチをまき散らした。その多くは、国内外で起きたイスラム教徒による(とされる)テロや殺人、性暴力の事件を伝えるもので、過剰に誇張されたものやフェイクニュースも少なくなかった。内容は残酷の一言につき、目を覆いたくなるような血まみれの被害者の写真に、次のような過激なコメントが寄せられていた。

    「ベンガル人(ロヒンギャのこと)は不法移民のくせに、他人の土地で狼藉を働いている!」「奴らは狂犬だ! 仏教徒の女性を犯して野放図に子供を産ませ、われわれの国を乗っ取ろうとしている」「ミャンマーをイスラム化から守れ!」

    ウィラトゥはこうした過激な言動で、貧困層を中心に熱狂的な支持を集めるようになった。地元紙のイラワジによれば、ウィラトゥのフェイスブックは17年6月の時点で40万人ものフォロワーがいた(現在は削除)。

    16年にアウンサンスーチー率いる国民民主連盟(NLD)が総選挙で圧勝すると、宗教対立の先鋭化を懸念した新政府はマバタの活動を規制しようとする。仏教僧の最高管理組織「サンガ・マハ・ナヤカ委員会(通称マハナ)」もこれに同調し、17年3月にはウィラトゥに1年間の説法中止を、5月にはマバタの名称を使った活動を禁ずる勧告を発令した。

    注目のキーワード

    注目のキーワード

    ニューストピックス

    本誌紹介

    特集:とっておきの世界旅50選

    本誌 最新号

    特集:とっておきの世界旅50選

    イタリアの秘めた名所から沈船ダイビング、ゾウ保護区まで、ひと味違う体験を楽しみたい人向けの旅行先50

    ※次号は7/17(水)発売となります。

    2019年7月16日号  7/ 9発売

    人気ランキング

    • 1

      女性、独身、子なしを責められた台湾総統、FBで反撃

    • 2

      韓国・文在寅大統領「対北朝鮮制裁違反という日本の指摘は重大な挑戦」

    • 3

      歴史問題に根ざす日本と韓国「半導体輸出規制」対立の行方

    • 4

      なぜ米国の一流経済学者が日本に二流のアドバイスを…

    • 5

      2019年上半期グーグル人気検索キーワード発表 韓国…

    • 6

      家庭料理に求めるレベルが高すぎて、夫の家事分担が…

    • 7

      「貧困の壁を越えたイノベーション」湯浅誠がこども…

    • 8

      異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

    • 9

      同性愛を公言、ヌードも披露 女子サッカー米代表の…

    • 10

      日本の重要性を見失った韓国

    • 1

      日本の重要性を見失った韓国

    • 2

      輸出規制、韓国政府の無策を非難する韓国メディア

    • 3

      同性愛を公言、ヌードも披露 女子サッカー米代表のミーガン・ラピノー

    • 4

      国歌斉唱で胸に手を当てる、なでしこジャパンに違和感

    • 5

      異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

    • 6

      トランプ亜流にも劣る、韓国への素材輸出規制

    • 7

      輸出規制への「期待」に垣間見る日韓関係の「現住所」

    • 8

      なぜ米国の一流経済学者が日本に二流のアドバイスを…

    • 9

      「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

    • 10

      4万年前の線虫も......氷河や永久凍土に埋もれてい…

    • 1

      世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に喜んではいけない

    • 2

      自撮りヌードでイランを挑発するキム・カーダシアン

    • 3

      若年層の頭蓋骨にツノ状の隆起ができていた......その理由は?

    • 4

      異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

    • 5

      日本の重要性を見失った韓国

    • 6

      マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

    • 7

      2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

    • 8

      テスラの半自動運転システムで居眠りしたまま高速を5…

    • 9

      地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

    • 10

      輸出規制、韓国政府の無策を非難する韓国メディア

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

    【写真特集】停電が続くガザの果てしない暗闇