Newsweek

移民

「国境なき医師団」の移民救助船「アクエリアス」を伊当局が差し押さえ──病原菌を海にバラまいた容疑

2018年11月21日(水)16時03分
シャンダル・ダ・シルバ

    「移民や難民は、過去にもHIVや感染症に関するデマの犠牲になってきた。我々はこうしたデマを、HIV感染者と不幸から逃れてきた移民の両方に対する、いわれなき差別として非難する」とゴールドは述べた。

    MSFも声明を出し、「船上廃棄物の不法投棄を根拠にアクエリアス号の差し押さえを要求しているイタリアの司法当局を強く非難する」と述べた。「不当で根拠のない措置であり、海上における医療的・人道的救命活動を犯罪に貶めることだけを目的にしたものだ」と批判した。

    MSFによれば、アクエリアス号の差し押さえやイタリアにある銀行口座の凍結が命じられる前から、カターニア検察当局による「船上の廃棄物処理に関する長期間の捜査」が行われていたという。捜査では、「特に食べ残しや、救助された移民の衣服、さらには同船内での医療活動から出る廃棄物が重点的に調査された」とのことだ。

    MSFは、難民の捜索と救助に当たるアクエリアス号について、「廃棄物処理を含む入港中の作業は、常に標準的な手順に従っていた」と主張している。

    犯罪にされた人道活動

    「2015年にMSFが捜索救助活動を開始して以来、関係当局からこれらの手順が問題とされたことはなく、公衆衛生上危険だとの注意を受けたこともない」

    MSFは、イタリア当局に「全面的に協力する意志はある」としながらも、「検察当局の解釈には疑問を持っている。非合法な廃棄物処理を行うことを目的とした犯罪活動に関わっていたとの告発には、断固として異議を唱える」と主張した。

    MSFは、検察当局による「不正確あるいは誤解を招きかねない」告発に対して、不服申し立てを行うつもりだと明らかにした。MSFのイタリア事務局長、ガブリエレ・エミネンテはこう述べる。「我々は、これまで採用してきた作業手順に関して、事実を明らかにし、説明責任を果たす用意は十分にある。しかし、当医師団の人道的活動は正当かつ合法的なものであることは、いま一度強く訴えたい」

    MSFによれば、ヨーロッパに渡るため危険な地中海横断を企てて亡くなった人の数は、この1年間だけでも2000人以上に上る。それでも生命の危険を冒して海を渡る移民は後を絶たない。MSFは、海上警備当局との協力で、これまでに8万人以上の人々を救助してきたが、その間「各国の法律および国際法には全面的に従ってきた」と述べている。

    (翻訳:ガリレオ)

    注目のキーワード

    注目のキーワード

    ニューストピックス

    本誌紹介

    特集:とっておきの世界旅50選

    本誌 最新号

    特集:とっておきの世界旅50選

    イタリアの秘めた名所から沈船ダイビング、ゾウ保護区まで、ひと味違う体験を楽しみたい人向けの旅行先50

    ※次号は7/17(水)発売となります。

    2019年7月16日号  7/ 9発売

    人気ランキング

    • 1

      女性、独身、子なしを責められた台湾総統、FBで反撃

    • 2

      韓国・文在寅大統領「対北朝鮮制裁違反という日本の指摘は重大な挑戦」

    • 3

      歴史問題に根ざす日本と韓国「半導体輸出規制」対立の行方

    • 4

      なぜ米国の一流経済学者が日本に二流のアドバイスを…

    • 5

      2019年上半期グーグル人気検索キーワード発表 韓国…

    • 6

      家庭料理に求めるレベルが高すぎて、夫の家事分担が…

    • 7

      「貧困の壁を越えたイノベーション」湯浅誠がこども…

    • 8

      異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

    • 9

      同性愛を公言、ヌードも披露 女子サッカー米代表の…

    • 10

      日本の重要性を見失った韓国

    • 1

      日本の重要性を見失った韓国

    • 2

      輸出規制、韓国政府の無策を非難する韓国メディア

    • 3

      同性愛を公言、ヌードも披露 女子サッカー米代表のミーガン・ラピノー

    • 4

      国歌斉唱で胸に手を当てる、なでしこジャパンに違和感

    • 5

      異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

    • 6

      トランプ亜流にも劣る、韓国への素材輸出規制

    • 7

      輸出規制への「期待」に垣間見る日韓関係の「現住所」

    • 8

      なぜ米国の一流経済学者が日本に二流のアドバイスを…

    • 9

      「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

    • 10

      4万年前の線虫も......氷河や永久凍土に埋もれてい…

    • 1

      世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に喜んではいけない

    • 2

      自撮りヌードでイランを挑発するキム・カーダシアン

    • 3

      若年層の頭蓋骨にツノ状の隆起ができていた......その理由は?

    • 4

      異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

    • 5

      日本の重要性を見失った韓国

    • 6

      マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

    • 7

      2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

    • 8

      テスラの半自動運転システムで居眠りしたまま高速を5…

    • 9

      地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

    • 10

      輸出規制、韓国政府の無策を非難する韓国メディア

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

    【写真特集】停電が続くガザの果てしない暗闇