Newsweek

米中対立は「新冷戦」ではない

2018年11月22日(木)08時57分
遠藤誉(東京福祉大学国際交流センター長)

    トランプ大統領と習近平国家主席 Damir Sagolj-REUTERS

    中国は一党支配であるだけで国家資本主義に近く共産主義的要素はない。加えて習近平は米金融界の巨頭数十名を抱え込んで彼らとともにグローバル化を主張している。米中間にはイデオロギー的冷戦構造の要素は皆無だ。

    中国は独裁資本主義国家でしかない

    かつての米ソ間の「冷戦」はイデオロギー的対立を基軸にしていた。

    太平洋戦争中のルーズベルト大統領が親中的であり、コミンテルンのスパイに囲まれていたことから、執拗にソ連に参戦を呼びかけ、スターリンは日本が降伏する直前に参戦し、歴然としている「日本の領土」を、いわゆる「北方領土」としてソ連のものにしてしまった。反共のトルーマン大統領がソ連の進出を阻止しようとした時には、既に遅かった。

    あのときから東西の対立構造は決まっていたようなものだが、朝鮮戦争休戦協定以来、それは「冷戦」の形で存続し、ソ連崩壊で一応の終止符を打つ。

    この「冷戦」は、あくまでもソ連や中国といった共産主義諸国と民主主義諸国との対立であって、アメリカは何とか共産主義陣営というイデオロギーの浸透(赤化)を喰い止めようとしていた。

    しかしソ連が崩壊し、中国が既に改革開放に向かっており、「特色ある社会主義国家」と銘打つだけ銘打った、実際上の資本主義経済を進め始めると、イデオロギー的な陣営の対立は消失している。

    あるのは「一党支配体制」か、「民主主義体制」かの違いだけで、一党支配体制は「独裁資本主義=国家資本主義」の路線を走っている。つまり現在は、習近平国家主席の意思一つで国家予算を制限なく投入することができる独裁資本主義(=国家資本主義)が国の発展と国民の幸せに有利なのか、それとも民主主義国家が民主的手法で進める「民主的な資本主義」が有利なのかの違いになっているだけである。

    中国は共産主義的要素を「一党支配体制」に残しているだけで、社会のどこにも共産主義的あるいは社会主義的要素はない。

    ウォール街と利害を一つにしている習近平政権

    おまけに11月12日付のコラム<「キッシンジャー・習近平」会談の背後に次期米大統領候補>でも触れたように、習近平国家主席のお膝元には米財閥の巨頭、数十名が清華大学経済管理学院顧問委員会の委員として集まっている。

    アメリカの元財務長官だったポールソン氏(ゴールドマン・サックス元会長兼CEO)をはじめ、現在のゴールドマン・サックス会長兼CEOのブランクファイン氏、JPモルガン・チェース会長兼CEOのダイモン氏、ウォルマート前社長兼CEOでBDTキャピタル&パートナーズ顧問委員会議長のスコット氏、ジェネラル・アトランティック(投資会社)のCEOであるフォード氏など、枚挙にいとまがないが、投資ファンド関係だけでなく、ゼネラル・モーターズやコカ・コーラ、ウォルマートなどの現会長兼CEO、あるいはマイクロソフト、IBM、アップル、フェイスブックなどのシリコンバレーの名だたるIT企業のCEOもずらりと名前を連ねて、習近平側に立っているのだ。

    注目のキーワード

    注目のキーワード

    ニューストピックス

    本誌紹介

    特集:香港の出口

    本誌 最新号

    特集:香港の出口

    拡大する香港デモは第2の天安門事件に? 中国「軍事介入」の可能性とリスク

    2019年8月27日号  8/20発売

    人気ランキング

    • 1

      ヒマラヤ山脈の湖で見つかった何百体もの人骨、謎さらに深まる

    • 2

      ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいついで感染

    • 3

      2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

    • 4

      「TWICEサナに手を出すな!」 日本人排斥が押し寄せる…

    • 5

      「この国は嘘つきの天国」韓国ベストセラー本の刺激…

    • 6

      韓国、外貨準備に対する対外債務が高水準に 金融収支…

    • 7

      韓国で広がる東京五輪不参加を求める声、それを牽制…

    • 8

      韓国、日本との軍事情報協定破棄へ 米国防総省「強い…

    • 9

      寄生虫に乗っ取られた「ゾンビ・カタツムリ」がSNSで…

    • 10

      アメリカの衛星が捉えた金正恩「深刻な事態」の証拠…

    • 1

      ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいついで感染

    • 2

      ヒマラヤ山脈の湖で見つかった何百体もの人骨、謎さらに深まる

    • 3

      「TWICEサナに手を出すな!」 日本人排斥が押し寄せる韓国でベテラン俳優が問題提起

    • 4

      2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

    • 5

      韓国・8月15日、文在寅大統領の退陣要求集会には、安…

    • 6

      日本の重要性を見失った韓国

    • 7

      寄生虫に乗っ取られた「ゾンビ・カタツムリ」がSNSで…

    • 8

      世界が発想に驚いた日本の「ロボット尻尾」、使い道…

    • 9

      「この国は嘘つきの天国」韓国ベストセラー本の刺激…

    • 10

      韓国金融当局、独10年債利回り連動デリバティブを調査…

    • 1

      寄生虫に乗っ取られた「ゾンビ・カタツムリ」がSNSで話題に

    • 2

      日本の重要性を見失った韓国

    • 3

      ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいついで感染

    • 4

      2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

    • 5

      異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

    • 6

      ヒマラヤ山脈の湖で見つかった何百体もの人骨、謎さ…

    • 7

      「TWICEサナに手を出すな!」 日本人排斥が押し寄せる…

    • 8

      韓国で日本ボイコットに反旗? 日本文化めぐり分断…

    • 9

      「韓国の反論は誤解だらけ」

    • 10

      韓国・8月15日、文在寅大統領の退陣要求集会には、安…

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

    【写真特集】北米コロラド川の水と命が枯れる