Newsweek

オンラインデータ

フランスの脱税対策、納税者のSNSで生活ぶりをチェックへ

2018年11月27日(火)18時45分
松丸さとみ

    bombuscreative-iStock

    <フランスでは、脱税対策としてSNSを細かく調べ、申告された収入額がSNSで見られるライフスタイルと乖離していないか確認する意向>

    SNSでの生活ぶりと申告収入額を比較

    フランス政府は今後、脱税対策としてフェイスブックやツイッターなどのソーシャルメディア(SNS)を細かく調べ、申告された収入額がSNSから見られるライフスタイルと乖離(かいり)していないか確認する意向であることが分かった。ジェラルド・ダルマナン行動・公会計相が明らかにしたもので、来年から実施される。

    ロイター通信によると、ダルマナン公会計相はフランスのビジネス系テレビ番組「Capital(キャピタル)」に出演した際、「高級車を持つだけの財力がないのに、高級車と一緒に撮った写真が何枚もあるとしたら、財務当局はそれを見られるようになります。いとこや彼女に借りたものかもしれないし、そうでないのかもしれない」と話したという。

    SNSを使った脱税対策は、10月にフランスで新たに成立した法律を受けて実施される試験的な試み。この法律は、脱税の取締りを目的に、より広範囲のオンラインデータを活用できるよう税務当局の権限を強化するものだ。当局はSNSなどで公開されている個人のデータを使って分析できるようになる。

    フランスの国際ニュース専門チャンネル「フランス24」によると、新法では、民泊仲介サイト大手のエアビーアンドビー(Airbnb)や配車アプリのウーバーといった「シェアリング・エコノミー」のプラットホームに対しても、財務当局は利用者の収入などの情報を提供するよう求めることができるようになるとしている。

    英国ではすでに運用中

    フランスのニュースを英語で伝える「ザ・ローカル」は7月、脱税対策のおかげでフランス政府は2017年、海外に隠し口座を持つなどして申告漏れとなっていた179億ユーロ(約2兆3000億円)を取り返せたと報じていた。取り返した額としては前年(2016年)比で16億ユーロ減だというが、税収自体は前年の5940億ユーロ(約76兆5000億円)から6010億ユーロ(約77兆4000億円)に増加している。

    注目のキーワード

    注目のキーワード

    ニューストピックス

    本誌紹介

    特集:日本人が知るべきMMT

    本誌 最新号

    特集:日本人が知るべきMMT

    アメリカの政治家が声高に主張する現代貨幣理論(MMT)は経済学の「未来の定説」になり得るのか

    2019年7月23日号  7/17発売

    人気ランキング