Newsweek

ベトナム

ベトナム、女性人権活動家の国旗侮辱罪を初公判で結審 2年9か月実刑判決は司法の茶番と批判

2018年12月2日(日)12時44分
大塚智彦(PanAsiaNews)

    女性人権活動家にベトナムの司法当局は有罪判決が出したが…… Người Việt Daily News / YouTube

    <一党独裁で民主化活動をことごとく弾圧するベトナム当局。だが母である活動家は強かった──>

    ベトナムの裁判所は11月30日、女性人権活動家に対して「国旗侮辱罪」で禁固2年9カ月の実刑判決を言い渡した。同日開かれた初公判で検察、弁護側の主張を聞いた上で裁判官が判決を即日言い渡すというもので、被告や被告側の弁護士は「判決はあらかじめ用意された茶番劇」であると批判している。

    同日午後1時半(ベトナム時間)から始まった女性人権活動家で著名ブロガーでもあるフイン・トゥク・ヴィーさん(33)に対する初公判は、当初11月22日午前7時半から開かれる予定だったが、22日当日ヴィーさんの手元に通告が届き延期されていた。

    さらに初公判を開く裁判所も当初予定されていた中部高原ダクラク省の中心部にある省裁判所からヴィーさんの自宅があるブオンホー地方の人民地方裁判所に急きょ変更して開かれるなど、支援者や関係者の傍聴を困難にするような処置が裁判所当局によって行われたという。

    身に覚えのない国旗侮辱罪で有罪

    初公判では検察側が2017年にヴィーさんの活動の様子を撮影した映像にペンキが塗られたベトナム国旗が写っていることを指摘して、1999年制定の刑法276条にある「ベトナム国旗及び国章への侮辱罪」に当たると主張した。

    これに対し被告側のダン・ディン・マ弁護士は「刑法276条は国連の規定した表現の自由を認める規定にはなっていない。また、ヴィーさんは国旗を侮辱する意図は全くなかった。そもそも問題の画像のペンキが塗られた赤字に星の旗は政府が認める国旗のサイズとは異なり、国旗と断定できない」などと原則論を展開して無罪を主張した。

    ヴィーさんにしてみれば、活動する背景にたまたま映りこんでいた国旗らしきものへの「侮辱罪」適用は身に覚えがなく、理解できないことだった。

    しかし、ヴィーさんは最初からすでに判決が用意された裁判であると指摘し、「茶番劇であることは明白」として、控訴しても結果が変わる可能性がないと判断、判決に従う意向を開廷前から示していた。

    「弁護士、支援者のためにも裁判にかける時間やエネルギーを無駄にしたくない」とその理由を明らかにしていた。

    注目のキーワード

    注目のキーワード

    ニューストピックス

    本誌紹介

    特集:検証  日本モデル

    本誌 最新号

    特集:検証 日本モデル

    日本のやり方は正しかったのか? 感染対策の効果を感染症専門家と考える

    2020年6月 9日号  6/ 2発売

    人気ランキング

    • 1

      韓国のG7参加を嫌う日本と冷静な韓国との差異

    • 2

      米政権のデモ弾圧を見た西欧諸国は、今度こそアメリカに対する幻想を捨てた

    • 3

      黒人男性ジョージ・フロイドの霊柩車に、警官がひざまずいて弔意を示す

    • 4

      レストランで騒ぐ息子が店員に叱られた話、FBに投稿…

    • 5

      街に繰り出したカワウソの受難 高級魚アロワナを食…

    • 6

      メルケル首相「正直、苦痛だ」......相次ぐロシアの…

    • 7

      「犬は訓練を受けなくても苦しんでいる飼い主を救お…

    • 8

      NY州デモ参加老人が警官に突き飛ばされ重症 倒れて…

    • 9

      韓国ではなぜ新型コロナ第2波のリスクが高まったのか

    • 10

      【世論調査】アメリカ人の過半数が米軍による暴動鎮…

    • 1

      街に繰り出したカワウソの受難 高級魚アロワナを食べたら...

    • 2

      レストランで騒ぐ息子が店員に叱られた話、FBに投稿したら炎上した... なぜ?

    • 3

      韓国のG7参加を嫌う日本と冷静な韓国との差異

    • 4

      「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がア…

    • 5

      韓国総選挙にデジタル不正疑惑か? 中国から開票機…

    • 6

      西浦×國井 対談「日本のコロナ対策は過剰だったのか」

    • 7

      ロンドンより東京の方が、新型コロナ拡大の条件は揃…

    • 8

      東京都、新型コロナウイルス新規感染28人 4日連続で…

    • 9

      【世論調査】アメリカ人の過半数が米軍による暴動鎮…

    • 10

      「NO JAPAN」に揺れた韓国へ「股」をかけて活躍した日…

    • 1

      金正恩「死んだふり」の裏で進んでいた秘密作戦

    • 2

      スズメバチが生きたままカマキリに食べられる動画が、アメリカでバズる理由

    • 3

      「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

    • 4

      気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言し…

    • 5

      過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 …

    • 6

      日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

    • 7

      コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

    • 8

      ロックダウンは必要なかった? 「外出禁止は感染抑…

    • 9

      街に繰り出したカワウソの受難 高級魚アロワナを食…

    • 10

      コロナ禍で露呈した「意識低い系」日本人

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

    【写真特集】人とゾウが築いた400年の共生関係