Newsweek

ベトナム

ベトナム、女性人権活動家の国旗侮辱罪を初公判で結審 2年9か月実刑判決は司法の茶番と批判

2018年12月2日(日)12時44分
大塚智彦(PanAsiaNews)


    裁判の模様を伝える現地メディア Người Việt Daily News / YouTube

    育児と妊娠から服役猶予に

    ベトナムでは乳児を持つ母親はその乳児が3歳になるまで収監を猶予する規定がある。ヴィーさんには2歳の娘がいることから、判決が確定後も約1年の収監猶予が与えられる。

    さらに初公判では弁護士が医師の画像を提示してヴィーさんが現在妊娠中であることも明らかにした。このため最長でこの現在妊娠中の2人目の子供が3歳に達するまでヴィーさんは刑務所での服役を猶予されることになるという。

    支援団体などによると、猶予期間が終了すれば原則として判決の期間は服役しなければならないことになっているという。

    ヴィーさんは2018年8月9日にブオンホーの自宅で突然地元警察に身柄を拘束され、家宅捜索を受けた。しかしその後、2歳の子供がいることなどから自宅軟禁措置に変更され、警察官が自宅周辺で外出できないように監視する中、自宅で夫、子供と過ごしていたという。この時期に妊娠したもので、裁判では「現在妊娠1カ月半」であることが明らかにされた。

    一方で、検察側も8月の身柄拘束時にはヴィーさんの容疑を明らかにしないまま拘束しており、ソーシャルネットワークなどを通じて内外にベトナムの人権状況を発信し続けてきたヴィーさんを「口封じ」するための身柄拘束とみられていた。

    そのため拘束後に裁判に向けて警察、検察、共産党当局がヴィーさんを裁判にかける「容疑探し」を行った結果、苦肉の策として見つけたのが「国旗侮辱罪」だったと、支援団体や弁護側はみている。

    このため初公判で即日結審することはもちろん、判決言い渡しの手順、禁固刑の実刑判決、収監猶予などは裁判開始前にすでに決まっていたとされ、それが「裁判は茶番劇」と被告側が批判する根拠となっている。

    内外で影響力が大きかったヴィーさんの人権活動が「目障り」だったベトナム当局にしてみれば、有罪判決で当面自宅軟禁にすることで、彼女が創設にも関わったNPO組織「ベトナム女性の人権保護(VNWHR)」などの活動を阻止する法的根拠ができたことになり、とりあえずは目標を達成したことになる。

    ヴィーさんは「今回の裁判を通じてベトナムの司法の現状、そして人権侵害の実情が国際社会にも伝わる」との期待を知人を通じて表明し、今後も何らかの形で人権状況に関する発信を続けていきたい、と決意を新たにしている。


    otsuka-profile.jpg[執筆者]
    大塚智彦(ジャーナリスト)
    PanAsiaNews所属 1957年東京生まれ。国学院大学文学部史学科卒、米ジョージワシントン大学大学院宗教学科中退。1984年毎日新聞社入社、長野支局、東京外信部防衛庁担当などを経てジャカルタ支局長。2000年産経新聞社入社、シンガポール支局長、社会部防衛省担当などを歴任。2014年からPan Asia News所属のフリーランス記者として東南アジアをフィールドに取材活動を続ける。著書に「アジアの中の自衛隊」(東洋経済新報社)、「民主国家への道、ジャカルタ報道2000日」(小学館)など

    【お知らせ】ニューズウィーク日本版メルマガのご登録を!
    アメリカや中東、アジア、ヨーロッパなど世界の動きから世界経済、キャリア、テック&サイエンス、for Womanの最新トピックまで、ウィークデーの毎朝お届けします。
    ご登録(無料)はこちらから=>>

    注目のキーワード

    注目のキーワード

    ニューストピックス

    本誌紹介

    特集:香港の出口

    本誌 最新号

    特集:香港の出口

    拡大する香港デモは第2の天安門事件に? 中国「軍事介入」の可能性とリスク

    2019年8月27日号  8/20発売

    人気ランキング

    • 1

      韓国・8月15日、文在寅大統領の退陣要求集会には、安倍政権批判集会以上が参加か

    • 2

      日本の重要性を見失った韓国

    • 3

      日韓対立の影響は?韓国経済に打撃大きく、日本経済にもマイナス 日韓関係の回復を強く望む

    • 4

      韓国人はなぜデモがそんなに好きなのか

    • 5

      韓国金融当局、独10年債利回り連動デリバティブを調査…

    • 6

      日本政府、韓国サムスン向け半導体材料の輸出を再び…

    • 7

      乳がん細胞を脂肪細胞に変えることに成功:バーゼル…

    • 8

      「香港鎮圧」を警告する中国を困惑させる男

    • 9

      香港デモで資産価値の5分の1が吹き飛び、キャセイ航…

    • 10

      異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

    • 1

      寄生虫に乗っ取られた「ゾンビ・カタツムリ」がSNSで話題に

    • 2

      ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいついで感染

    • 3

      日本の重要性を見失った韓国

    • 4

      世界が発想に驚いた日本の「ロボット尻尾」、使い道…

    • 5

      異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

    • 6

      韓国・8月15日、文在寅大統領の退陣要求集会には、安…

    • 7

      若年層の頭蓋骨にツノ状の隆起ができていた......そ…

    • 8

      世界が知る「香港」は終わった

    • 9

      日韓対立の影響は?韓国経済に打撃大きく、日本経済…

    • 10

      韓国人はなぜデモがそんなに好きなのか

    • 1

      寄生虫に乗っ取られた「ゾンビ・カタツムリ」がSNSで話題に

    • 2

      日本の重要性を見失った韓国

    • 3

      2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

    • 4

      異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

    • 5

      韓国で日本ボイコットに反旗? 日本文化めぐり分断…

    • 6

      ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいつ…

    • 7

      「韓国の反論は誤解だらけ」

    • 8

      デーブ・スペクター「吉本」「日本の芸能事務所」「…

    • 9

      「韓国に致命的な結果もたらす」日韓の安保対立でア…

    • 10

      アメリカの衛星が捉えた金正恩「深刻な事態」の証拠…

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

    【写真特集】北米コロラド川の水と命が枯れる