Newsweek

ベトナム

ベトナム、女性人権活動家の国旗侮辱罪を初公判で結審 2年9か月実刑判決は司法の茶番と批判

2018年12月2日(日)12時44分
大塚智彦(PanAsiaNews)


    裁判の模様を伝える現地メディア Người Việt Daily News / YouTube

    育児と妊娠から服役猶予に

    ベトナムでは乳児を持つ母親はその乳児が3歳になるまで収監を猶予する規定がある。ヴィーさんには2歳の娘がいることから、判決が確定後も約1年の収監猶予が与えられる。

    さらに初公判では弁護士が医師の画像を提示してヴィーさんが現在妊娠中であることも明らかにした。このため最長でこの現在妊娠中の2人目の子供が3歳に達するまでヴィーさんは刑務所での服役を猶予されることになるという。

    支援団体などによると、猶予期間が終了すれば原則として判決の期間は服役しなければならないことになっているという。

    ヴィーさんは2018年8月9日にブオンホーの自宅で突然地元警察に身柄を拘束され、家宅捜索を受けた。しかしその後、2歳の子供がいることなどから自宅軟禁措置に変更され、警察官が自宅周辺で外出できないように監視する中、自宅で夫、子供と過ごしていたという。この時期に妊娠したもので、裁判では「現在妊娠1カ月半」であることが明らかにされた。

    一方で、検察側も8月の身柄拘束時にはヴィーさんの容疑を明らかにしないまま拘束しており、ソーシャルネットワークなどを通じて内外にベトナムの人権状況を発信し続けてきたヴィーさんを「口封じ」するための身柄拘束とみられていた。

    そのため拘束後に裁判に向けて警察、検察、共産党当局がヴィーさんを裁判にかける「容疑探し」を行った結果、苦肉の策として見つけたのが「国旗侮辱罪」だったと、支援団体や弁護側はみている。

    このため初公判で即日結審することはもちろん、判決言い渡しの手順、禁固刑の実刑判決、収監猶予などは裁判開始前にすでに決まっていたとされ、それが「裁判は茶番劇」と被告側が批判する根拠となっている。

    内外で影響力が大きかったヴィーさんの人権活動が「目障り」だったベトナム当局にしてみれば、有罪判決で当面自宅軟禁にすることで、彼女が創設にも関わったNPO組織「ベトナム女性の人権保護(VNWHR)」などの活動を阻止する法的根拠ができたことになり、とりあえずは目標を達成したことになる。

    ヴィーさんは「今回の裁判を通じてベトナムの司法の現状、そして人権侵害の実情が国際社会にも伝わる」との期待を知人を通じて表明し、今後も何らかの形で人権状況に関する発信を続けていきたい、と決意を新たにしている。


    otsuka-profile.jpg[執筆者]
    大塚智彦(ジャーナリスト)
    PanAsiaNews所属 1957年東京生まれ。国学院大学文学部史学科卒、米ジョージワシントン大学大学院宗教学科中退。1984年毎日新聞社入社、長野支局、東京外信部防衛庁担当などを経てジャカルタ支局長。2000年産経新聞社入社、シンガポール支局長、社会部防衛省担当などを歴任。2014年からPan Asia News所属のフリーランス記者として東南アジアをフィールドに取材活動を続ける。著書に「アジアの中の自衛隊」(東洋経済新報社)、「民主国家への道、ジャカルタ報道2000日」(小学館)など

    注目のキーワード

    注目のキーワード

    ニューストピックス

    本誌紹介

    特集:進撃のYahoo!

    本誌 最新号

    特集:進撃のYahoo!

    メディアから記事を集めて配信する「巨人」プラットフォーマーとニュースの未来

    2019年12月17日号  12/10発売

    人気ランキング

    • 1

      共産党国家に捧げるジョーク:変装した習近平に1人の老人が言ったこと...

    • 2

      中国で焚書令、文化大革命の再来か

    • 3

      麻酔を忘れて手術された女性、激痛に叫ぶも医者が気づかない!?

    • 4

      習近平を国賓として招聘すべきではない――尖閣諸島問題

    • 5

      キャッシュレス化が進んだ韓国、その狙いは何だった…

    • 6

      熱帯魚ベタの「虐待映像」を公開、動物愛護団体がボ…

    • 7

      サルの細胞を持つブタが中国で誕生し、数日間、生存…

    • 8

      自殺した人の脳に共通する特徴とは

    • 9

      インフルエンザ予防の王道、マスクに実は効果なし?

    • 10

      ウイグル人と民族的に近いトルコはなぜ中国のウイグ…

    • 1

      食肉市場に出回るペット 出荷前には無理やり泥水を流し込み...

    • 2

      殺害した女性の「脳みそどんぶり」を食べた男を逮捕

    • 3

      熱帯魚ベタの「虐待映像」を公開、動物愛護団体がボイコット呼び掛ける

    • 4

      インフルエンザ予防の王道、マスクに実は効果なし?

    • 5

      中国で焚書令、文化大革命の再来か

    • 6

      ウイグル人権法案可決に激怒、「アメリカも先住民を…

    • 7

      次期首相候補、石破支持が安倍首相を抜いて躍進 日…

    • 8

      東京五輪、マラソンスイミングも会場変更して! お…

    • 9

      トランプ、WTOの紛争処理機能を止める 委員たったの…

    • 10

      共産党国家に捧げるジョーク:変装した習近平に1人の…

    • 1

      食肉市場に出回るペット 出荷前には無理やり泥水を流し込み...

    • 2

      「愚かな決定」「偏狭なミス」米専門家らが韓国批判の大合唱

    • 3

      「日本の空軍力に追いつけない」アメリカとの亀裂で韓国から悲鳴が

    • 4

      元「KARA」のク・ハラ死去でリベンジポルノ疑惑の元…

    • 5

      「韓国は腹立ちまぎれに自害した」アメリカから見たG…

    • 6

      文在寅の経済政策失敗で格差拡大 韓国「泥スプーン」…

    • 7

      GSOMIA失効と韓国の「右往左往」

    • 8

      殺害した女性の「脳みそどんぶり」を食べた男を逮捕

    • 9

      GSOMIA継続しても日韓早くも軋轢 韓国「日本謝罪」発…

    • 10

      日米から孤立する文在寅に中国が突き付ける「脅迫状」

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

    【写真特集】殺戮者の子供と生きたルワンダの母親たちの25年