Newsweek

テクノロジー

アレクサがまた奇行「里親を殺せ」

2018年12月25日(火)16時15分
アリストス・ジョージャウ

    人間のような会話を目指すアマゾン・エコーだが Elijah Nouvelage-REUTERS

    <AIアシスタントが何かたくらんでいるのか? 勝手に笑い出したり殺人指令を出したりしてアマゾン・エコーのユーザーを震え上がらせている>

    アマゾンのスマートスピーカー「アマゾン・エコー」に搭載されているAIアシスタント「アレクサ(Alexa)」が、あるユーザーに「里親を殺せ」と告げたことが明らかになり、物議をかもしている。

    ユーザーの詳しい身元は明らかにされていないが、2017年にアレクサがこのように話すのを聞いたという。ユーザーはアマゾンのウェブサイト上のレビューでこの件に触れ、「これまでとはレベルの違う不気味さだ」と製品を酷評したと、12月21日(米国時間)付のロイターの記事は伝えている。

    アマゾン社内の匿名の情報源によると、この「里親を殺せ」という発言は、インターネット掲示板レディットの書き込みを、文脈に関係なく読み上げたものらしい。レディットは幅広いトピックを扱うオンラインフォーラムとして知られるが、その中には知り合いには見せられないようなものもある。

    アレクサの奇妙な言動はほかにも報告されている。同じロイターの記事では、詳細は不明だが「性行為」に関する話や、犬の排便について語り始めるケースもあったという。

    エコーを封印したくなる不気味さ

    オンライン小売大手のアマゾンは、アレクサが本物の人間のように自然に会話できるよう機械学習を駆使して開発に努めている。

    成功すれば、アレクサ搭載のデバイスはあらゆる家庭のあらゆる場所に置かれるようになり、「グーグルホーム」のようなライバル製品を駆逐できるかもしれない。

    だが、その出来はまちまちで、不具合の報告も相次いでいる。

    2018年3月には、ユーザーが話しかけてもいないのに、アレクサが突然、不気味に笑い出すという事例が相次いだ。

    あるユーザーはツイッターに以下のように書き込んだ。「あれが笑い声だったのかさえ、本当はわからない。ただあれ以来、アマゾン・エコーは電源コードを抜いて、箱の奥の目が触れないところにしまっている」

    別のユーザーはこう報告する。「ベッドに入ってうとうとしたところで、エコー・ドット(エコーの小型廉価版デバイス)が、非常にはっきりと、気味の悪い笑い声を上げた」

    「僕は今夜のうちに殺されてしまうかもね」と、このユーザーは冗談交じりに書いている。

    この一件の後には、アメリカで暮らす夫婦が自宅で交わした会話をエコーが勝手に録音し、その音声ファイルを夫の会社の同僚に送りつけるという有名な事件が起きた。

    注目のキーワード

    注目のキーワード

    ニューストピックス

    本誌紹介

    特集:進撃のYahoo!

    本誌 最新号

    特集:進撃のYahoo!

    メディアから記事を集めて配信する「巨人」プラットフォーマーとニュースの未来

    2019年12月17日号  12/10発売

    人気ランキング

    • 1

      インフルエンザ予防の王道、マスクに実は効果なし?

    • 2

      中国で焚書令、文化大革命の再来か

    • 3

      熱帯魚ベタの「虐待映像」を公開、動物愛護団体がボイコット呼び掛ける

    • 4

      共産党国家に捧げるジョーク:変装した習近平に1人の…

    • 5

      白人夫婦の中華料理店、「クリーン」を売りにしたら…

    • 6

      自己主張を守るという名の放任子育てが増殖中! 子…

    • 7

      麻酔を忘れて手術された女性、激痛に叫ぶも医者が気…

    • 8

      これがフィンランドの新内閣 34歳サンナ・マリーン首…

    • 9

      自殺した人の脳に共通する特徴とは

    • 10

      トランプ、WTOの紛争処理機能を止める 委員たったの…

    • 1

      食肉市場に出回るペット 出荷前には無理やり泥水を流し込み...

    • 2

      殺害した女性の「脳みそどんぶり」を食べた男を逮捕

    • 3

      文在寅の経済政策失敗で格差拡大 韓国「泥スプーン」組の絶望

    • 4

      熱帯魚ベタの「虐待映像」を公開、動物愛護団体がボ…

    • 5

      インフルエンザ予防の王道、マスクに実は効果なし?

    • 6

      ウイグル人権法案可決に激怒、「アメリカも先住民を…

    • 7

      人肉食の被害者になる寸前に脱出した少年、14年ぶり…

    • 8

      『鬼滅の刃』のイスラム教「音声使用」が完全アウト…

    • 9

      サムスン電子で初の労組結成──韓国経済全体に影響す…

    • 10

      次期首相候補、石破支持が安倍首相を抜いて躍進 日…

    • 1

      食肉市場に出回るペット 出荷前には無理やり泥水を流し込み...

    • 2

      「愚かな決定」「偏狭なミス」米専門家らが韓国批判の大合唱

    • 3

      「日本の空軍力に追いつけない」アメリカとの亀裂で韓国から悲鳴が

    • 4

      元「KARA」のク・ハラ死去でリベンジポルノ疑惑の元…

    • 5

      「韓国は腹立ちまぎれに自害した」アメリカから見たG…

    • 6

      文在寅の経済政策失敗で格差拡大 韓国「泥スプーン」…

    • 7

      GSOMIA失効と韓国の「右往左往」

    • 8

      殺害した女性の「脳みそどんぶり」を食べた男を逮捕

    • 9

      GSOMIA継続しても日韓早くも軋轢 韓国「日本謝罪」発…

    • 10

      日米から孤立する文在寅に中国が突き付ける「脅迫状」

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

    【写真特集】殺戮者の子供と生きたルワンダの母親たちの25年