Newsweek

ノンフィクション

1杯のコーヒーから始まる感謝の旅

2019年1月18日(金)17時00分
メアリー・ケイ・シリング

    旅はニューヨークのコーヒー豆店から始まり、コロンビアの山岳地帯のコーヒー農家にまで至った Courtesy of A.J. Jacobs

    <体を張ったリポートで知られるジャーナリストが自分の飲むコーヒーに関わった人全員を洗い出しお礼を伝えた体験記>

    ニューヨークに住むジャーナリストのA・J・ジェイコブズは、決して信心深いわけではない。でも夕食は感謝の祈りで始めることにしている。野菜を育ててくれた農家、それを店に運んでくれたトラック運転手、スーパーのレジ打ち担当者......。

    3人の息子たちは、毎度あきれたような顔をする。ついにある晩、末っ子が言った。「そんなこと言っても、誰にも聞こえてないんじゃないの」

    確かに。自分が日々手にするものがそこにたどり着くまでには、数え切れない人の働きがあるのに、自分はその多くを知りさえしない。感謝の祈りなんて上っ面にすぎないのかもしれない。もっとリアルな感謝をしたい――ジェイコブズは思った。

    そこで彼は、自分がコレなしでは生きていけないと思うもの、すなわち1杯のコーヒーを選び、それが自分の手元に届くまでに関わった人全員に感謝するというプロジェクトを開始。その珍道中をまとめた著書『サンクス・ア・サウザンド』が18年11月に刊行された。

    ジェイコブズはこれまでにも、『聖書男(バイブルマン) 現代NYで「聖書の教え」を忠実に守ってみた1年間日記』(邦訳・CCCメディアハウス)など、体を張った実験を本にしてきた。そこに共通するのは、一見奇妙な挑戦の最後には、感動的な結果(と爆笑)がもたらされること。『サンクス・ア・サウザンド』も例外ではない。

    「現代は部族主義と孤立主義が高まっていると言われるが、実のところ私たちは世界の多種多様な人たちと複雑に絡み合っている」とジェイコブズは語る。

    『サンクス・ア・サウザンド』のポイントは、コーヒー1杯に関わっている人全員を洗い出すだけでなく、彼らに感謝の気持ちを伝えることだ。巻末の謝辞には1000人もの名前が挙げられている(17世紀に悪魔の飲み物とされたコーヒーに洗礼を授けたというローマ法王クレメンス8世もその1人だ)。

    ひどく無感動な反応も

    旅の出発点となったのは、ニューヨークのアッパー・ウェストサイドにある自家焙煎コーヒー豆店「ジョー・コーヒー」。そして終着地はコロンビアの山岳地帯のコーヒー農家だ。ジェイコブズはそこで彼らと一緒にコーヒー摘みをさせてもらう。

    その間には思わぬ人たちが大勢登場する。トラック運転手に衛生指導員、倉庫で重いコーヒー豆の袋を運ぶのに欠かせない荷台を作る会社。「荷台にこんなに感謝すると思わなかった」とジェイコブズは語る。「アメリカの木材の46%が荷台に使われているんだ!」

    注目のキーワード

    注目のキーワード

    ニューストピックス

    本誌紹介

    特集:日本人が知るべきMMT

    本誌 最新号

    特集:日本人が知るべきMMT

    アメリカの政治家が声高に主張する現代貨幣理論(MMT)は経済学の「未来の定説」になり得るのか

    2019年7月23日号  7/17発売

    人気ランキング

    • 1

      子宮内共食いなど「サメの共食い」恐怖の実態

    • 2

      巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

    • 3

      シャチがホホジロザメを餌にし始めた

    • 4

      家畜のブタが人食いブタに豹変──ロシア

    • 5

      全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

    • 6

      マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

    • 7

      中国にいたパンダに石を投げる愚か者(再生1億回)

    • 8

      苦境・韓国の中国離れはトランプに大朗報

    • 9

      韓国・文在寅大統領「対北朝鮮制裁違反という日本の…

    • 10

      異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

    • 1

      子宮内共食いなど「サメの共食い」恐怖の実態

    • 2

      輸出規制、韓国政府の無策を非難する韓国メディア

    • 3

      同性愛を公言、ヌードも披露 女子サッカー米代表のミーガン・ラピノー

    • 4

      日本の重要性を見失った韓国

    • 5

      国歌斉唱で胸に手を当てる、なでしこジャパンに違和感

    • 6

      異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

    • 7

      トランプ亜流にも劣る、韓国への素材輸出規制

    • 8

      4万年前の線虫も......氷河や永久凍土に埋もれてい…

    • 9

      韓国より低い日本の最低賃金 時給1000円払えない企…

    • 10

      巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

    • 1

      世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に喜んではいけない

    • 2

      自撮りヌードでイランを挑発するキム・カーダシアン

    • 3

      若年層の頭蓋骨にツノ状の隆起ができていた......その理由は?

    • 4

      異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

    • 5

      日本の重要性を見失った韓国

    • 6

      マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

    • 7

      2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

    • 8

      テスラの半自動運転システムで居眠りしたまま高速を5…

    • 9

      地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

    • 10

      全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

    【写真特集】停電が続くガザの果てしない暗闇