Newsweek

宇宙

宇宙から謎の「反復する電波」、2度目の観測:地球外生命からのメッセージ?

2019年1月15日(火)15時50分
高森郁哉

    反復する高速電波バーストが観測されたのは2度目 CHIME Telescope captures fast radio bursts (FRBs)-Youtube

    <銀河系外から数ミリ秒程度の非常に短い時間継続する高速電波バースト(FRB)が観測され、地球外生命からのメッセージではないかと大きな注目を詰めている>

    銀河系外で発生し、数ミリ秒間継続する電波閃光である「高速電波バースト」(FRB)。FRBの発生メカニズムは不明で、いくつかの仮説が立てられている。なかでも「反復するFRB」は過去に1度しか観測されていない極めてまれな事象だが、このたび2度目の観測例が報告され、大きな注目を集めている。

    最新の電波望遠鏡「CHIME」で観測

    カナダのブリティッシュコロンビア大学の天文学者を中心とする研究チームが発表し、英学術誌『ネイチャー』に論文が掲載された。

    今回の観測は、カナダの天文学者50人が参加するプロジェクトが新たに建造した世界トップクラスの電波望遠鏡「CHIME」(カナダ水素密度マッピング実験)で行われた。2018年夏にCHIMEを試運転した際に13件のFRBを検出し、そのうちの1つ「FRB 180814.J0422+73」が反復するFRBだった。

    高速電波バーストとは

    高速電波バースト(FRB)は、ミリ秒(千分の1秒)から数ミリ秒程度の非常に短い時間で、電波が銀河系外から放射される現象。2007年に初めて観測され、これまで60回以上記録されている。

    FRBがどのようにして生じるのかは不明で、さまざまな仮説が立てられている。高密度の中性子星が他の中性子星や彗星と衝突する際のエネルギーという説や、強力な磁場を持ち高速回転している中性子星「マグネター」のフレアであるという説、末期の恒星が崩壊しブラックホールになる際に発生するエネルギーという説などがある。

    「反復するFRB」が注目される理由

    先述のように、反復するFRBはこれまで計2回しか観測されておらず、極めてまれだ。最初に観測された反復するFRBは2012年の「FRB 121102」で、地球から約30億光年離れた宇宙で発生していると推定された。

    一方、CHIMEが観測したFRB 180814.J0422+73では、6回の反復を検出。これらはみな、約15億光年の彼方にある同じ場所で発生したと推定されている。

    反復するFRBが注目されるのは、天体の衝突や崩壊によってFRBが発生するという仮説では説明がつかないからだ(天体が複数回衝突したり、複数回崩壊するということは考えにくい)。そうした理由から、少数派ではあるが、反復するFRBは地球外知的生命が発信するメッセージか、地球外知的生命の宇宙探査機が発するエネルギーではないかと考える研究者もいる。

    反復するFRBが地球外知的生命の証拠である可能性に期待しているプロジェクトの1つが、米カリフォルニア大学バークレー校などが参加する「Breakthrough Listen」だ。地球外知的生命が存在する証拠を探す同プロジェクトは、FRB 121102がその手がかりになるとして重点的に観測。2017年8月には、15回のバーストを観測したと報告した。

    いずれにせよ、反復するFRBの研究が進めば、謎に包まれたFRBが発生する仕組みが明らかになる可能性も高まるだろう。

    CHIME Telescope captures fast radio bursts (FRBs)

    注目のキーワード

    注目のキーワード

    ニューストピックス

    本誌紹介

    特集:ファーウェイの正体

    本誌 最新号

    特集:ファーウェイの正体

    中国軍出身者が作り上げた最強の5G通信企業ファーウェイが世界の情報網を支配する日

    2019年5月21日号  5/14発売

    人気ランキング

    • 1

      トランプ勝利を予測した教授が説く「大統領弾劾」シナリオ

    • 2

      米中交渉決裂、追い込まれた習近平

    • 3

      違法操業の外国漁船は沈没させよ インドネシア強硬派大臣は「女ゴルゴ13」

    • 4

      「ヘッチヘッチ論争」を知らずして、現代環境問題は…

    • 5

      イランも臨戦態勢に──戦争を避ける最後のチャンス

    • 6

      29年前の「女子高校生コンクリート詰め殺人事件」の…

    • 7

      シカゴで猟奇殺人──19歳の妊婦を殺害後、腹を切って…

    • 8

      中国、キャッシュレス先進国ゆえの落し穴──子の借金…

    • 9

      アメリカがイランを攻撃できない理由──「イラク侵攻…

    • 10

      映画『ボヘミアン・ラプソディ』が語らなかったフレ…

    • 1

      徴用工問題で日韓が近づく危険な限界点

    • 2

      29年前の「女子高校生コンクリート詰め殺人事件」の容疑者が再犯 少年法見直しの議論は海外にも 

    • 3

      10%の食塩水1kg作るのに必要な塩と水は? 大学生が「%」を分からない絶望的な日本

    • 4

      「人肉は食べ飽きた」と自首した男と、とんでもない…

    • 5

      トランプの言うことは正しい

    • 6

      「古代マヤの宇宙飛行士」説、アメリカで再浮上?

    • 7

      地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

    • 8

      強気の米中、双方に死角あり「アメリカはまずい手を…

    • 9

      全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

    • 10

      ジョンベネ殺害事件で、遂に真犯人が殺害を自供か?

    • 1

      巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

    • 2

      徴用工問題で日韓が近づく危険な限界点

    • 3

      「英王室はそれでも黒人プリンセスを認めない」

    • 4

      全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

    • 5

      シャチがホホジロザメを餌にし始めた

    • 6

      59歳の人気ランジェリーモデルは5年前まで普通のお母…

    • 7

      地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

    • 8

      おどろおどろしい溶岩の世界!?木星の北極の正体が…

    • 9

      29年前の「女子高校生コンクリート詰め殺人事件」の…

    • 10

      謎のシャチが見つかった?未知の4種目の可能性

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

    【写真特集】「男は青、女は赤」を考える