Newsweek

格差

「世界中が怒りを感じている」上位26人が下位38億人分の富を保有。富裕層があと0.5%でも多く税金を払えば、貧困問題は解決するのに

2019年1月22日(火)12時59分
ジェイソン・レモン

    同じく貧富の格差が拡大し続けているアメリカでは、バーニー・サンダース上院議員(バーモント州・無党派)や、昨年史上最年少で当選したアレクサンドリア・オカシオコルテス下院議員(29歳、ニューヨーク州・民主党)を筆頭に、進歩的な政治家が政府に対して格差問題への対処を強く求めている。オカシオコルテスは年収1000万ドル超の富裕層向けの最高限界税率を70%に引き上げるよう提案。最近の世論調査ではアメリカ国民の59%がこの改革を支持すると回答した。

    View this post on Instagram

    Own your power. . For so many, it's radical to feel comfortable in your own skin - and to know that you are more than enough, just as you are. . One of my favorite quotes is from Dr. Martin Luther King, Jr: "Everybody can be great...because anybody can serve. You don't have to have a college degree to serve. You don't have to make your subject and verb agree to serve. You only need a heart full of grace. A soul generated by love." . So take up space. Speak up. Hold the door open and take others with you. Accept that you will be criticized no matter what - that is the price of fighting for change and innovation. I consider constructive criticism a blueprint for improvement and a medicine for ego. . Ultimately, the people who get down, stay focused in adversity, and do the thankless work of change are the ones who transform society. We can all be a part of that, if we so choose. We can all knock a door, register our cousin to vote, or educate ourselves on an issue we're curious about. . We are all capable of awakening and commitment. And because of that, we can all be great. . : @gigilaub

    Alexandria Ocasio-Cortezさん(@ocasio2018)がシェアした投稿 -

    アナリストらはまた、アメリカの富裕層は何十年も前から個人所得税の優遇措置を受けていると指摘。米経済が急成長を遂げていた1960年代、年間所得40万ドル(現在の約300万ドルに相当)を上回る富裕層を対象とした税率は70%以上だった。その10年前は約90%。それに対して現在は、年間所得が15万7500ドルを超えても、税率はたった32%だ。

    主に富裕層と企業に恩恵をもたらしているドナルド・トランプ米大統領による大型減税は、財政赤字の劇的な増加を招いている。ニューヨーク・タイムズ紙によれば、アナリストたちは2019年に財政赤字は1兆ドルを超えると予想している。

    サンダースは1月18日、「最も裕福な1%と高収益の大企業については、トランプ減税を撤廃すべきだ」とツイッターに投稿した。「所得と貧富の不平等が広がっている今のような時代は、リッチな人々をさらにリッチにさせるのではなく、老朽化が進むインフラの再建と持続可能な経済の構築に取り組むべきだ」

    (翻訳:森美歩)

    20210126issue_cover150.jpg
    ※画像をクリックすると
    アマゾンに飛びます

    1月26日号(1月19日発売)は「バイデンvs中国」特集。貿易戦争、ウイグル、テクノロジー覇権……「バイデン新政権は中国に弱腰」は本当か。

    本誌紹介

    特集:バイデン vs 中国

    本誌 最新号

    特集:バイデン vs 中国

    トランプよりむしろ手ごわい相手? 新・米大統領が習近平の強敵になる可能性

    2021年1月26日号  1/19発売

    人気ランキング

      • 1

        新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」分けるカギは?

      • 2

        マジックマッシュルームを静脈注射した男性が多臓器不全、血液中でキノコが育っていた

      • 3

        アイルランド母子施設で子供9000人死亡、発覚したきっかけは...

      • 4

        無邪気だったアメリカ人はトランプの暴挙を予想でき…

      • 5

        七五三にしか見えない日本の成人式を嘆く

      • 6

        トランプのSNSアカウント停止に、アメリカ国内で異論…

      • 7

        「再選を阻止せよ」浜田宏一・安倍政権元内閣参与が…

      • 8

        米大統領就任式を前に州兵の戦闘用車両「ハンビー」…

      • 9

        入院できないコロナ自宅療養者が急増 重症化を察知…

      • 10

        議会突入の「戦犯」は誰なのか? トランプと一族、…

      • 1

        「小さな幽霊」不法出稼ぎタイ人、韓国で数百人が死亡 

      • 2

        新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」分けるカギは?

      • 3

        脳に侵入する「殺人アメーバ」が地球温暖化により北上しているおそれ

      • 4

        マジックマッシュルームを静脈注射した男性が多臓器…

      • 5

        世界で「嫌われる国」中国が好きな国、嫌いな国は?

      • 6

        ビットコイン暴落、投資家は「全てを失う覚悟を」(…

      • 7

        アイルランド母子施設で子供9000人死亡、発覚したき…

      • 8

        北極の成層圏突然昇温により寒波襲来のおそれ......2…

      • 9

        無邪気だったアメリカ人はトランプの暴挙を予想でき…

      • 10

        米政権交代で「慰安婦合意」の再来を恐れる韓国

      もっと見る

      Picture Power

      レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

      【写真特集】埋もれゆくシベリア「骨の道」の記憶