Newsweek

中国社会

中国の「監視社会化」を考える(3)──「道具的合理性」に基づく統治をどう制御するか

2019年1月11日(金)19時00分
梶谷懐(神戸大学大学院経済学研究科教授=中国経済論)

    自動運転車の場合も、アルゴリズムに道徳感情と功利主義をどう組み込むかによって誰が事故の犠牲になるか変わりうる Steve Marcus-REUTERS

    <倫理学の有名な思考実験に、一人の命を犠牲にすれば5人の命が救える場合はどうするか、という問いがある。直感的な道徳感情と合理的な判断に基づく功利主義とのジレンマだ。中国のような全体主義の新興国やAIのような合理マシンの台頭は、市民社会をどう変えかねないのか>

    注目のキーワード

    注目のキーワード

    ニューストピックス

    本誌紹介

    人気ランキング

    • 1

      若年層の頭蓋骨にツノ状の隆起ができていた......その理由は?

    • 2

      テスラの半自動運転システムで居眠りしたまま高速を50キロメートル走行

    • 3

      世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に喜んではいけない

    • 4

      全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

    • 5

      イランの無人機撃墜がアメリカにとって重大な理由

    • 6

      アメリカ心理学会「体罰反対決議」の本気度──親の体…

    • 7

      「何か来るにゃ...」 大阪地震の瞬間の猫動画に海外…

    • 8

      家畜のブタが人食いブタに豹変──ロシア

    • 9

      地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

    • 10

      イランはなぜ米軍ドローンを撃墜したか その真の標的

    • 1

      世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に喜んではいけない

    • 2

      若年層の頭蓋骨にツノ状の隆起ができていた......その理由は?

    • 3

      テスラの半自動運転システムで居眠りしたまま高速を50キロメートル走行

    • 4

      自撮りヌードでイランを挑発するキム・カーダシアン

    • 5

      全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

    • 6

      走る車の中から子猫を投げ捨て!相次ぐ蛮行に怒りの…

    • 7

      未婚男性の「不幸」感が突出して高い日本社会

    • 8

      石油タンカーが攻撃されても、トランプが反撃しない…

    • 9

      アメリカ心理学会「体罰反対決議」の本気度──親の体…

    • 10

      イランの無人機撃墜がアメリカにとって重大な理由

    • 1

      サーモンを愛する「寿司男」から1.7mのサナダムシ発見

    • 2

      世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に喜んではいけない

    • 3

      台湾のビキニ・ハイカー、山で凍死

    • 4

      マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

    • 5

      現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

    • 6

      プラスチック製「人工子宮」でヒツジの赤ちゃんが正…

    • 7

      タピオカミルクティー飲み過ぎで病院!? 中国の14…

    • 8

      脳腫瘍と思って頭を開けたらサナダムシだった!

    • 9

      アメリカの衛星が捉えた金正恩「深刻な事態」の証拠…

    • 10

      貧しい人ほど「割増金」を払い、中・上流は「無料特…

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

    【写真特集】「差別なき」南アフリカの差別的な現実