Newsweek

AI採用

【就活最前線】採用・不採用は人工知能が決める

2019年1月10日(木)14時30分
ベン・チャットフィールド(人材採用ベンチャーTempoの共同設立者兼CEO)

    AIに書類審査をさせると、あっと言う間に偏見抜きのランキングができる  AndreyPopov/iStock.

    <アマゾンが過去10年分の応募者のデータをAIに分析させたら、女性差別のAIになってしまったという失敗もあるが、正しく開発すれば、人間より公正で信用できる採用担当になれるはず>

    仕事がほしい? ならば、これからは人間だけでなく、機械(=人工知能)にも好かれなくてはならない。

    求人をオンラインで行うようになったため、採用側は膨大な数の応募者をふるいにかけなけなければならなくなった。米オンラインメディアのVICEが今年初め、新オフィスのマネージャーを募集したところ、数時間で2000件以上の応募があった。5人の人事担当者が5分で1通の履歴書を見るとすると、合格者を決めるまで1週間はかかる。面接はやっとそれからだ。

    そこでAI(人工知能)の出番だ。最大のメリットはなんといっても、膨大な数の履歴書をあっという間に審査できること。AIは複数のデータソースを使って情報を高速処理し、人間の脳では把握できないものを見抜くことができる。しかも、単に履歴書をスキャンするのではなく、応募者のネット上での活動も評価した上で、最も採用条件に適合する候補者を効率的に選び出してくれる。今や大手企業はみな何らかの形でこのテクノロジーを使っている。

    偏った学習でバイアス助長

    だが昨年は、AI採用ツールの欠陥が数多く報告された。なかでも悪名を馳せたのは、アマゾンのAI採用システムの欠陥だ。同社が開発したAI採用ツールは女性を差別したのだ。アマゾンの開発チームは、過去10年間に送られてきた応募者の履歴書すべてをAIに分析させた。するとAIは、「女性」という単語を含む履歴書の評価を下げ、女子大の出身者には低い点数しか与えないというルールをみずから編み出した。

    こうした欠陥が明るみに出たことで、AI開発に携わる企業は、自社のテクノロジーを再検証する必要に迫られた。他の技術と同じく、AIにも落とし穴がある。使い方を誤れば、偏見を助長し、性差別や人種差別を悪化させる危険がある。しかしこうした経験から得た教訓をAI開発に生かせば、時代遅れの人事・採用制度に革命的な進化もたらすかもしれない。

    注目のキーワード

    注目のキーワード

    ニューストピックス

    本誌紹介

    特集:英国の悪夢

    本誌 最新号

    特集:英国の悪夢

    EU離脱のタイムリミットを延期しても希望は見えずハードブレグジットの経済的損失は予測をはるかに超える

    2019年4月 2日号  3/26発売

    人気ランキング

    • 1

      映画『ボヘミアン・ラプソディ』が語らなかったフレディの悲劇

    • 2

      銃乱射を生き残った高校生たちに全米から誹謗中傷なぜ?

    • 3

      ADHDに「倫理に反する。費用もかかる」救世主が現れた?

    • 4

      銃乱射生存者2人と犠牲者の父親が相次いで自殺

    • 5

      『ボヘミアン・ラプソディ』ゾロアスター教とフレデ…

    • 6

      モデルの乳がんを、レンブラントは意図せず描いた【…

    • 7

      日本の採用面接は人物を正しく評価できない グーグ…

    • 8

      『ボヘミアン・ラプソディ』を陰で支えた、クイーン…

    • 9

      「ADHDと睡眠障害は表裏一体である」との見解が明ら…

    • 10

      半数以上の宇宙飛行士から再活発化したヘルペスウイ…

    • 1

      映画『ボヘミアン・ラプソディ』が語らなかったフレディの悲劇

    • 2

      モデルの乳がんを、レンブラントは意図せず描いた【名画の謎を解く】

    • 3

      「この国に銃は必要ない」ニュージーランドで銃の自主返納広がる

    • 4

      アフリカの違法エナジードリンク、「6時間たちっぱ…

    • 5

      500年間誰も気づかなかったダビデ像の「目の秘密」【…

    • 6

      日本の重要性を見失った韓国

    • 7

      「虐待が脳を変えてしまう」脳科学者からの目を背け…

    • 8

      地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

    • 9

      完璧としか言いようがない、イチロー選手の引退劇

    • 10

      KKKに入会し、潜入捜査を行った黒人刑事の実話『ブラ…

    • 1

      日本の重要性を見失った韓国

    • 2

      映画『ボヘミアン・ラプソディ』が語らなかったフレディの悲劇

    • 3

      家畜のブタが人食いブタに豹変──ロシア

    • 4

      自殺者数、米軍兵力、初任給... 韓国のリアルを10の…

    • 5

      モデルの乳がんを、レンブラントは意図せず描いた【…

    • 6

      【動画】サメを虐待した金持ち息子に軽すぎる刑

    • 7

      地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

    • 8

      韓国のPM2.5が危機的状況で、比較的空気の綺麗な日本…

    • 9

      『ボヘミアン・ラプソディ』を陰で支えた、クイーン…

    • 10

      フィンランドで隠し撮りされた「怪物」の悲劇

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい