Newsweek

生態系

地球温暖化で鳥類「血の抗争」が始まった──敵を殺し脳を食べる行動も

2019年1月11日(金)16時38分
ハナ・オズボーン

    巣の中でマダラヒタキを食べるシジュウカラ 2018 Elsevier Ltd./Current Biology

    <渡り鳥が温暖化に適応できず、留鳥との間で不幸な争いが起きている>

    地球温暖化の影響で留鳥のシジュウカラと渡り鳥のマダラヒタキが鉢合わせる機会が増え、両者の「抗争」が激化している。研究者らは過去10年分の繁殖データを分析した結果、シジュウカラの巣で殺されるマダラヒタキの個体数が増加したことを発見した。シジュウカラはマダラヒタキの頭を突いてとどめを刺した後、その脳を食べた形跡があった。

    シジュウカラは1年中ほぼ同じ地域にとどまる鳥で、ヨーロッパ全域に生息する。繁殖期は短く、通常は3~4月頃に産卵が始まる。一方のマダラヒタキは渡り鳥で、西アフリカで越冬後、オランダに渡って春の繁殖期を過ごす。

    繁殖期が重なれば、餌や巣穴の奪い合いになる。小柄で動きの速いマダラヒタキはシジュウカラの巣を奪い取ろうとする。マダラヒタキは、巣作りに励むシジュウカラの周りを飛び回って追い払うことはできる。だが巣に入ろうとすれば、体が大きく強いシジュウカラに殺され、脳を食べられてしまう。

    脳を食べれば一石二鳥?

    脳を食べる行動を発見したのは、英エディンバラ大学のジェルマー・サンプロニアスだ。2007年のことだ。「われわれが設置した巣箱を開けるとマダラヒタキが死んでいた。持ち帰って解剖・検査したら、後頭部の骨が砕かれ、脳が食べられていた」と、彼は本誌に語った。

    「過去に他の研究者も同様の行動を報告している。シジュウカラは時々小さめのコウモリを食べたり、冬に自分より小柄な鳥を食べたりすることが知られている。シジュウカラが脳を食べるのは、それが敵を殺す一番簡単な方法で、栄養補給にもなるからかもしれない」

    カレント・バイオロジー誌に発表した論文で、サンプロニアスと同僚の研究者らは、シジュウカラとマダラヒタキの繁殖地で集めた10年分に相当するデータを分析した結果、一定の条件下でマダラヒタキの大量死が起きていたことを突き止めた。シジュウカラがマダラヒタキの雄の9%を殺した年も何度かあった。

    「殺されたマダラヒタキの個体数には、年によって大きなばらつきが見られる」とサンプロニアスは言う。「直線的に増えているのではなく、(暖冬の後で)シジュウカラの生息密度が増えた地域や年に限って、殺されるマダラヒタキの数が増えていた。マダラヒタキの渡りの時期がシジュウカラの繁殖期と重なった年(通常は気温の低い春)は、さらに被害がひどかった」

    注目のキーワード

    注目のキーワード

    ニューストピックス

    本誌紹介

    特集:英国の悪夢

    本誌 最新号

    特集:英国の悪夢

    EU離脱のタイムリミットを延期しても希望は見えずハードブレグジットの経済的損失は予測をはるかに超える

    2019年4月 2日号  3/26発売

    人気ランキング

    • 1

      映画『ボヘミアン・ラプソディ』が語らなかったフレディの悲劇

    • 2

      銃乱射を生き残った高校生たちに全米から誹謗中傷なぜ?

    • 3

      ADHDに「倫理に反する。費用もかかる」救世主が現れた?

    • 4

      銃乱射生存者2人と犠牲者の父親が相次いで自殺

    • 5

      『ボヘミアン・ラプソディ』ゾロアスター教とフレデ…

    • 6

      モデルの乳がんを、レンブラントは意図せず描いた【…

    • 7

      日本の採用面接は人物を正しく評価できない グーグ…

    • 8

      『ボヘミアン・ラプソディ』を陰で支えた、クイーン…

    • 9

      「ADHDと睡眠障害は表裏一体である」との見解が明ら…

    • 10

      半数以上の宇宙飛行士から再活発化したヘルペスウイ…

    • 1

      映画『ボヘミアン・ラプソディ』が語らなかったフレディの悲劇

    • 2

      モデルの乳がんを、レンブラントは意図せず描いた【名画の謎を解く】

    • 3

      「この国に銃は必要ない」ニュージーランドで銃の自主返納広がる

    • 4

      アフリカの違法エナジードリンク、「6時間たちっぱ…

    • 5

      500年間誰も気づかなかったダビデ像の「目の秘密」【…

    • 6

      日本の重要性を見失った韓国

    • 7

      「虐待が脳を変えてしまう」脳科学者からの目を背け…

    • 8

      地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

    • 9

      完璧としか言いようがない、イチロー選手の引退劇

    • 10

      KKKに入会し、潜入捜査を行った黒人刑事の実話『ブラ…

    • 1

      日本の重要性を見失った韓国

    • 2

      映画『ボヘミアン・ラプソディ』が語らなかったフレディの悲劇

    • 3

      家畜のブタが人食いブタに豹変──ロシア

    • 4

      自殺者数、米軍兵力、初任給... 韓国のリアルを10の…

    • 5

      モデルの乳がんを、レンブラントは意図せず描いた【…

    • 6

      【動画】サメを虐待した金持ち息子に軽すぎる刑

    • 7

      地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

    • 8

      韓国のPM2.5が危機的状況で、比較的空気の綺麗な日本…

    • 9

      『ボヘミアン・ラプソディ』を陰で支えた、クイーン…

    • 10

      フィンランドで隠し撮りされた「怪物」の悲劇

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい