Newsweek

台湾

中台関係改善の絶好の機会を、習近平は逃した

2019年1月21日(月)11時30分
デレク・グロスマン(ランド研究所防衛担当上級アナリスト)

    年初から習近平と激しい言葉の応酬を続ける台湾の蔡英文 ASHLEY PON-BLOOMBERG/GETTY IMAGES

    <売り言葉に買い言葉で極限まで悪化する中台関係。「一国二制度」を迫る中国に反発する蔡政権だが>

    約3年前の2015年11月、当時の台湾総統馬英九(マー・インチウ)と中国の習近平(シー・チンピン)国家主席がシンガポールで顔を合わせ、史上初の中台首脳会談が行われた。間もなく任期を終えようとしていた馬と突然の会談を行った習には、狙いがあった。2016年1月の台湾総統選挙が間近に迫るなか、独立志向の最大野党・民進党の蔡英文(ツァイ・インウェン)の優勢が伝えられていた。

    馬を取り込んでおけば将来、蔡政権を弱体化させられるのでは――中国はそうみたのかもしれない。習はまた、会談によって、蔡も馬と同様に「92年コンセンサス(九二共識)」を受け入れざるを得ない立場になると考えた。「一つの中国」の原則を堅持しつつ、その意味の解釈は各自で異なることを認める、とした1992年の中台間の合意だ。

    現状は、中台関係改善とは正反対の方向に向かっている。新年を迎えるや、習と蔡は激しい舌戦を繰り広げだした。まずは蔡が新年の談話で、中台交流の「4条件」を発表。台湾の存在を認めること、台湾の自由と民主主義を尊重すること、平和的かつ対等に対処すること、政府や公的機関のみを通じて対話すること、を列挙した。

    習は翌日、中国が1979年に平和統一を呼び掛けた「台湾同胞に告げる書」の40周年記念式典で演説。92年コンセンサスの「一つの中国」の「意味の解釈の違い」を容認するどころか、「一つの中国原則」の解釈しかあり得ないとする考えを示した。さらに、将来的な枠組みとして「一国二制度」を台湾に迫った。

    これに対し蔡は、「私たちは92年コンセンサスを受け入れたことはなく」、台湾は「決して『一国二制度』を受け入れない」と談話を発表。蔡政権発足以来続く中台間の「冷たい平和」は、さらに凍り付いた。

    反中国で与野党が連携?

    関係悪化の責任の大半は、習にある。習は「中国の夢」実現には、台湾との再統一が不可欠と位置付けてきた。一方で習はこれまで、台湾の態度を測るリトマス試験紙として、92年コンセンサス(前述のとおり今となっては「一つの中国」を意味する)を使ってきた。

    残念ながら中国は、中台関係改善の絶好の機会を逃したのかもしれない。中国から分離主義者のごとく見なされている蔡だが、実際には現実的で中国の良きパートナーになる可能性を示してきた。蔡はこれまで、口には出さずとも92年コンセンサスを堅持してきたし、台湾独立を強硬に叫ぶ勢力からも距離を置いてきた。何より、「中台関係の現状維持」を掲げている。

    注目のキーワード

    注目のキーワード

    ニューストピックス

    本誌紹介

    特集:上級国民論

    本誌 最新号

    特集:上級国民論

    特権階級が不当に罪を逃れている── 日本を席巻する疑念と怒りの正体

    2020年2月25日号  2/18発売

    人気ランキング

    • 1

      夜間に発電できる「反ソーラーパネル」が考案される

    • 2

      今日も市場で生きてるコウモリ販売するインドネシア 新型コロナ感染ゼロの理由とは

    • 3

      殺害した女性の「脳みそどんぶり」を食べた男を逮捕

    • 4

      日本の「新型肺炎」感染拡大を懸念する韓国がまだ「…

    • 5

      米共和党上院議員が中国を嘘つきと非難

    • 6

      ヒヒにさらわれ子どもにされた子ライオンの悲劇

    • 7

      感染者2200万人・死者1万人以上 アメリカ、爆発的「イ…

    • 8

      新型コロナウイルス、人口2.6億のインドネシアで感染…

    • 9

      新型コロナウイルスはコウモリ由来? だとしても、…

    • 10

      インドネシア、巨大ヘビから妻救出した夫、ブタ丸呑み…

    • 1

      新型コロナウイルスはコウモリ由来? だとしても、悪いのは中国人の「ゲテモノ食い」ではない

    • 2

      今年の春節は史上最悪、でも新型肺炎で「転じて福」となるかもしれない

    • 3

      中国の新型コロナウイルス危機は「チェルノブイリ級」と世界が囁き始めた

    • 4

      マスク姿のアジア人女性がニューヨークで暴行受ける

    • 5

      韓国、キャッシュレス完了した国が進める「コインレ…

    • 6

      殺害した女性の「脳みそどんぶり」を食べた男を逮捕

    • 7

      「10歳の娘が裸でも同じベッドで寝る彼氏」これって…

    • 8

      新型コロナウイルス、人口2.6億のインドネシアで感染…

    • 9

      インドネシア、巨大ヘビから妻救出した夫、ブタ丸呑み…

    • 10

      「歯肉から毛が生えた」という女性の症例が世界で初…

    • 1

      ゴーン逃亡のレバノンが無政府状態に、銀行も襲撃される

    • 2

      「歯肉から毛が生えた」という女性の症例が世界で初めて報告される

    • 3

      一党支配揺るがすか? 「武漢市長の会見」に中国庶民の怒り沸騰

    • 4

      ヒヒにさらわれ子どもにされた子ライオンの悲劇

    • 5

      マスク姿のアジア人女性がニューヨークで暴行受ける

    • 6

      新型コロナウイルスはコウモリ由来? だとしても、…

    • 7

      韓国で強まる、日本の放射能汚染への懸念

    • 8

      「武漢はこの世の終末」 チャーター機乗れなかった米…

    • 9

      BTSと共演した韓国人気子役がYouTubeで炎上 虐待さ…

    • 10

      「拷問死したアメリカ人学生」がはばむ文在寅の五輪…

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

    【写真特集】流血と破壊に蹂躙される現代の暗黒郷アマゾン