Newsweek

中国経済

春節間近い中国で相次ぐ工場閉鎖 貿易戦争の影響は人員削減や工場の海外移転にも

2019年1月22日(火)08時33分

    1月18日、米中貿易摩擦の影響で受注が減った中国の製造業企業は、2月の春節(旧正月)休暇のずっと前から工場を閉鎖する例が目立っている。写真は、広東州東莞市にあるデンマークの海運複合企業APモラー・マースクの工場で解雇通知書をもらうために列をつくる労働者。7日撮影(2019年 ロイター/Stella Qiu)

    米中貿易摩擦の影響で受注が減った中国の製造業企業は、2月の春節(旧正月)休暇のずっと前から工場を閉鎖する例が目立っている。休暇明けも再開されず、廃業となる工場もありそうだ。

    昨年末。広東州東莞市にあるデンマークの海運複合企業APモラー・マースクの工場で、塗装工として働くWang Zhishenさん(35)は小躍りした。会社から予期せず2カ月の有給休暇が与えられ、帰省して妻子と過ごせる時間ができたからだ。

    しかし、それから1カ月も経たない年明け3日、Wangさんは解雇され、喜びは失望に変わった。

    Wangさんによると、工場は12月初めから休業しており、自身を含め2000人がレイオフとなった。

    マースクはロイターへの電子メールで、2000人をレイオフとしたことを確認した。同社は11月、米中貿易摩擦がコンテナ船の需要を直撃するとの見通しを示している。

    中国遠洋運輸集団(COSCO)の子会社2社は、米中貿易摩擦に対応して広東省の船籍数を減らした。省統計局のデータによると、この結果、同省の貨物船の取扱高は急減している。

    春節前後には例年、出稼ぎ労働者を含む中国人数百万人が帰省する。多くの工場は春節前に休業するのが通例だが、ロイターの取材によると、今年は例年より早く休業に入っている。

    東莞市の景気は目に見えて減速。多くの小売店や飲食店がシャッターを閉じ、一部の工場は閉鎖され、多くは賃貸に出されている。

    最近の週末の夕方、あるタクシー運転手は人のいないオープンエアの食堂を指し、「以前ならこの建物は労働者でいっぱいで、仕事帰りに食べてしゃべっていたのに、今はこの有様だ」と語った。

    人口1億人以上の広東省は、総生産(GDP)が1兆3000億ドルと中国最大で、オーストラリアやスペインに匹敵する規模。広東省の景気減速は、中国沿岸部に位置する輸出依存型の省すべてにとって悪い前触れだ。貿易紛争が長引けば、国全体の成長率を引っ張ることにもなりそうだ。

    注目のキーワード

    注目のキーワード

    ニューストピックス

    本誌紹介

    特集:嫌韓の心理学

    本誌 最新号

    特集:嫌韓の心理学

    日本人はいつから韓国が嫌いになったのか? 心理学とメディア分析で「嫌韓」を分析

    2019年10月15日号  10/ 8発売

    人気ランキング

    • 1

      イランで逮捕された「ゾンビ女」の素顔

    • 2

      全米最悪93人の連続殺人犯が「驚異的」な記憶力で描いた被害者の肖像

    • 3

      保守がネット右翼と合体し、いなくなってしまった理由(古谷経衡)

    • 4

      ラグビー日本代表「多様性ジャパン」は分断と対立を…

    • 5

      写真撮影で「怪しいOKサイン」を出したテーマパーク…

    • 6

      台風19号、関東中心に記録的な風雨 2人死亡

    • 7

      台風19号、東日本直撃し各地で氾濫被害 千曲川は堤防…

    • 8

      日本が「生産性が低すぎる国」になった五輪イヤー 衰…

    • 9

      台風19号接近、東海・関東地方で河川が氾濫危険水位に…

    • 10

      プレゼンでスティーブ・ジョブズから学ぶべきでない3…

    • 1

      イランで逮捕された「ゾンビ女」の素顔

    • 2

      全米最悪93人の連続殺人犯が「驚異的」な記憶力で描いた被害者の肖像

    • 3

      なぜ韓国の若者は失業に苦しみ続けるのか

    • 4

      「OK」のサインは白人至上主義のシンボルになったの…

    • 5

      北朝鮮漁民は「100年前の船」で無謀な出漁......日本…

    • 6

      日本に巣食う「嫌韓」の正体

    • 7

      『ジョーカー』怒りを正当化する時代に怒りを描く危…

    • 8

      ツイッター動画が人生を変えた......ホームレス・シ…

    • 9

      「国に『金くれ』とか言うなよ」という話? 再開され…

    • 10

      写真撮影で「怪しいOKサイン」を出したテーマパーク…

    • 1

      韓国で長引く日本製品不買運動、韓国企業への影響が徐々に明らかに

    • 2

      写真撮影で「怪しいOKサイン」を出したテーマパークのスタッフが解雇

    • 3

      イランで逮捕された「ゾンビ女」の素顔

    • 4

      「OK」のサインは白人至上主義のシンボルになったの…

    • 5

      繁殖を止めるために遺伝子組み換えされた蚊、自然界…

    • 6

      「独島が韓国の領土であるとの証拠は何もない」韓国…

    • 7

      米韓関係の険悪化も日本のせい⁉ 文在寅がまた不安な…

    • 8

      コモドドラゴンの体内に「鎧(よろい)」があること…

    • 9

      サウジ原油施設攻撃で世界は変わる

    • 10

      ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいつ…

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

    【写真特集】豪華クルーズ船はますます好調