Newsweek

イスラム教

フィリピン南部にイスラム教徒の自治政府が誕生? 住民投票実施したドゥテルテの狙いとは

2019年1月22日(火)17時35分
大塚智彦(PanAsiaNews)

    モロイスラム解放戦線のアル・ハジ・ムラド・イブラヒム議長も住民投票に参加 Marconi Navales - REUTERS

    <2017年、イスラム武装組織と国軍が激しい市街戦を繰り広げたミンダナオ島。その一部地域でイスラム教徒による自治政府参加を問う住民投票が行われた>

    フィリピンの南部ミンダナオ島の自治地域とその周辺地域でイスラム教徒による自治を認めた「バンサモロ基本法」に基づき、自治地域加入の是非を問う住民投票が1月21日に行われた。投票結果が確定するには数日かかる見通しとなっている。

    住民投票が実施されたのは同島西部にあるムスリム・ミンダナオ自治地域(ARMM)に所属するバシラン州などとその周辺のコタバロ市、北ラナオ州、コタバト州、スルタン・クダラット州などで有権者は約284万人。投票では「バンサモロ基本法」に基づくイスラム自治政府に各地域が参加するかどうかの是非を問うている。

    フィリピンは人口の約93%がキリスト教徒でそのうち83%がカトリック信者というキリスト教徒が多数派の国であるが、イスラム教徒も全人口の約5%存在し、南部ミンダナオ島などではイスラム教徒は人口の20%を超えている。イスラム教徒は長年中央政府に対し独立と自治を求めて武装闘争を含めた抵抗運動を続けてきた歴史があり、何度となく和平交渉がもたれたが、恒久的な和平の完全実現には至っていない。

    今回の投票結果で過半数が賛成した自治体はイスラム自治政府に編入されることになり、和平実現に向けた大きな一歩となるとみられている。

    2018年7月に成立した「バンサモロ基本法」によれば、自治政府には高度な自治が認められ、予算の立案、執行権が付与されるほか、地域内のイスラム教徒にはイスラム法に基づく司法制度も適用されることになる。

    このため今回の住民投票によって、武装闘争を続けている「モロイスラム解放戦線(MILF)」などイスラム武装組織との間で紛争解決、和平実現に向けた具体的な動きが加速するものと期待されている。


    住民投票の様子を伝える現地メディア ABS-CBN News / YouTube

    注目のキーワード

    注目のキーワード

    ニューストピックス

    本誌紹介

    特集:プラスチック・クライシス

    本誌 最新号

    特集:プラスチック・クライシス

    便利さばかりを追い求める人類が排出してきたプラスチックごみの「復讐劇」が始まった

    2019年11月26日号  11/19発売

    人気ランキング

    • 1

      「愚かな決定」「偏狭なミス」米専門家らが韓国批判の大合唱

    • 2

      表紙も偽物だった......韓国系アメリカ人高官が驚くような経歴詐称疑惑で辞任

    • 3

      中国は「ウイグル人絶滅計画」やり放題。なぜ誰も止めないのか?

    • 4

      「韓国は腹立ちまぎれに自害した」アメリカから見たG…

    • 5

      韓国、米国に一段のコメ市場開放で合意 119億円相当…

    • 6

      余命わずかな科学者が世界初の完全サイボーグに!?

    • 7

      世帯格差が子どもの体力低下にも繋がっている

    • 8

      トランプ、韓国が駐留経費増額に応じなければ在韓米…

    • 9

      香港高裁と北京政府が激突

    • 10

      中国はやはり香港人を拘束し拷問するのか──英領事館…

    • 1

      「愚かな決定」「偏狭なミス」米専門家らが韓国批判の大合唱

    • 2

      「韓国は腹立ちまぎれに自害した」アメリカから見たGSOMIA問題の本質

    • 3

      トランプが日本に突き付けた「思いやり予算」4倍の請求書

    • 4

      日本のノーベル賞受賞に思う、日本と韓国の教育の違い

    • 5

      GSOMIA失効と韓国の「右往左往」

    • 6

      中国は「ウイグル人絶滅計画」やり放題。なぜ誰も止…

    • 7

      表紙も偽物だった......韓国系アメリカ人高官が驚く…

    • 8

      アメリカが繰り返し「ウソ」を指摘......文在寅直轄…

    • 9

      香港の完全支配を目指す中国を、破滅的な展開が待っ…

    • 10

      「安い国」になった日本の現実は、日本人にとって幸…

    • 1

      「愚かな決定」「偏狭なミス」米専門家らが韓国批判の大合唱

    • 2

      マクドナルドのハロウィン飾りに私刑のモチーフ?

    • 3

      「アメリカは韓国の味方をしない」日韓対立で米高官が圧迫

    • 4

      「韓国は腹立ちまぎれに自害した」アメリカから見たG…

    • 5

      GSOMIA失効と韓国の「右往左往」

    • 6

      意識がある? 培養された「ミニ脳」はすでに倫理の…

    • 7

      インドネシア、巨大ヘビから妻救出した夫、ブタ丸呑み…

    • 8

      トランプが日本に突き付けた「思いやり予算」4倍の請…

    • 9

      「武蔵小杉ざまあ」「ホームレス受け入れ拒否」に見る深…

    • 10

      アメリカが繰り返し「ウソ」を指摘......文在寅直轄…

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

    【写真特集】ラスベガスになれない「成金」マカオ