Newsweek

選挙

コンゴ新大統領にチセケディ氏就任 選挙不正の疑惑あれども政情不安化おそれ諸外国は承認

2019年1月25日(金)15時41分

    コンゴ(旧ザイール)では、昨年12月の大統領選での勝利が確定した野党党首チセケディ氏(写真)が新大統領に就任した。1960年にベルギーから独立して以来初めての選挙による権力移譲となったが、不正に勝利を手に入れたとの批判がくすぶっている。首都のキンシャサで撮影(2019年 ロイター/Olivia Acland)

    コンゴ(旧ザイール)では24日、昨年12月の大統領選での勝利が確定した野党党首チセケディ氏が新大統領に就任した。1960年にベルギーから独立して以来初めての選挙による権力移譲となったが、不正に勝利を手に入れたとの批判がくすぶっている。

    チセケディ氏は就任式で支持者らに対し、「われわれは平和と治安の進展に主眼を置く強いコンゴの構築を望んでいる」と強調。「誰にでも居場所のある、全ての人のためのコンゴ」を目指すとした。

    同氏は就任演説の途中で気分が悪くなり、一時中断。ただ、すぐに演壇に戻り、大統領選の疲れや就任日の興奮があったと説明。大統領報道官はその後、ロイターに対し、チセケディ氏が着ていた防弾チョッキがきつ過ぎたと説明した。

    大統領選の野党候補だった石油会社元役員ファユル氏は、大統領選は自身が大差で勝利したにもかかわらず、チセケディ氏が前職のカビラ氏と裏取引を行い、不正に勝利を手に入れたと主張。カビラ、チセケディ両陣営は不正を否定している。

    選挙で4万人の監視要員を動員した国内のカトリック教会による独自集計もファユル氏の勝利を示している。同氏は24日、ロイターに対し、チセケディ氏には絶対協力しないと表明。「彼は選ばれた大統領ではなく、カビラ氏に任命された大統領だ」と述べた。

    ただ、同国の憲法裁判所がファユル氏の異議申し立てを棄却したことを受けて、アフリカと欧米の多くの諸国はコンゴが政情不安に再び陥ることを恐れ、チセケディ氏を大統領として認めている。

    それでもなお、選挙結果を巡る疑念が残る中、この日の就任宣誓式に出席した外国の元首はケニアのウフル・ケニヤッタ大統領のみだった。

    コンゴは1998─2003年の地域紛争の終結から15年以上経っても不安定な状態が続いている。これまではクーデターや暗殺、反乱軍による権力の掌握が続いていた同国だが、この日の就任式では前職のカビラ氏が大統領が身に付けるサッシュをチセケディ氏の体ににかけるという印象的な光景が見られた。

    [キンシャサ 24日 ロイター]


    トムソンロイター・ジャパン

    Copyright (C) 2018トムソンロイター・ジャパン(株)記事の無断転用を禁じます

    注目のキーワード

    注目のキーワード

    ニューストピックス

    本誌紹介

    特集:コロナ不況に勝つ最新ミクロ経済学

    本誌 最新号

    特集:コロナ不況に勝つ最新ミクロ経済学

    意思決定の深層心理から人間の経済行動を読み解く── コロナ不況を生き残るため最新の経済学を活用せよ

    2020年6月 2日号  5/26発売

    人気ランキング

    • 1

      「イギリスが香港のために立ち上がらないことこそ危機だ」パッテン元総督

    • 2

      東京都、新型コロナウイルス新規感染11人 2日連続で2桁に

    • 3

      北朝鮮の民間経済を圧迫する独裁者の国債

    • 4

      新型コロナの死亡率はなぜか人種により異なっている

    • 5

      「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がア…

    • 6

      「9月入学」は教育グローバル化のチャンス そもそ…

    • 7

      経済再開が早過ぎた?パーティーに湧くアメリカ

    • 8

      新型コロナウイルスをめぐる各国の最新状況まとめ(2…

    • 9

      「検査と隔離」もウイルス第2波は止められない 米専…

    • 10

      コロナ禍で予想外なほどルール遵守のイギリス人に驚き

    • 1

      過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 背景には韓国の国民性も?

    • 2

      東京都、新型コロナウイルス新規感染14人に急増 緊急事態宣言解除の目安、3項目中2項目が基準下回る

    • 3

      「イギリスが香港のために立ち上がらないことこそ危機だ」パッテン元総督

    • 4

      カナダで「童貞テロ」を初訴追──過激化した非モテ男…

    • 5

      「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がア…

    • 6

      日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

    • 7

      新型コロナの死亡率はなぜか人種により異なっている

    • 8

      気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言し…

    • 9

      新型コロナよりはるかに厄介なブラジル大統領

    • 10

      コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

    • 1

      「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

    • 2

      気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言したウイルス映画が語ること

    • 3

      金正恩「死んだふり」の裏で進んでいた秘密作戦

    • 4

      スズメバチが生きたままカマキリに食べられる動画が…

    • 5

      過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 …

    • 6

      優等生シンガポールの感染者数が「東南アジア最悪」…

    • 7

      コロナ禍で露呈した「意識低い系」日本人

    • 8

      日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

    • 9

      コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

    • 10

      ロックダウンは必要なかった? 「外出禁止は感染抑…

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

    【写真特集】金融エリートたちの意外と普通な苦悩