Newsweek

南米

混迷のベネズエラを切り裂く2人の大統領

2019年2月1日(金)17時00分
キース・ジョンソン、ロビー・グレイマー(フォーリン・ポリシー誌記者)

    グアイド(中央)は反政府集会の場で暫定大統領への就任を宣言した CARLOS GARCIA RAWLINGS-REUTERS

    <マドゥロ現大統領に代わって国際社会の支持を集めるグアイド「暫定大統領」は崩壊した国家を救えるのか>

    経済崩壊と深刻な社会不安が重なり、ニコラス・マドゥロ大統領への国民の不満が爆発している南米ベネズエラ。国内各地で反政府デモが勃発するなか、野党指導者のフアン・グアイド国会議長は1月23日、首都カラカスでの抗議集会で大観衆に向けて「暫定大統領」就任を宣言した。

    ドナルド・トランプ米大統領は直後に、グアイドを暫定大統領として承認するとの声明を発表。その後、数時間のうちにコロンビアやブラジル、パラグアイ、ペルー、チリ、アルゼンチン、グアテマラ、コスタリカ、カナダなども相次いでグアイドを承認する意向を表明した。

    マドゥロが2期目の大統領就任式に臨んでからわずか2週間足らず。独裁色を強めてきた反米左派のマドゥロの足元は大きく揺らいでいる。

    国際社会とベネズエラの野党陣営では、マドゥロが再選を果たした昨年5月の大統領選は投票率が低く、不正が多発したために無効だとする声が強い。1月に入って国会議長に選出されたグアイドはベネズエラ憲法に基づいてマドゥロの正統性を否定し、大統領の座は空席だと主張。バス運転手から政治の道に入り、ウゴ・チャベス前大統領の側近として権力を拡大してきたマドゥロを「強奪者」だと非難している。

    米ワシントンのシンクタンク、大西洋協議会ラテンアメリカセンターのジェーソン・マルチャクに言わせれば、最終的にはマドゥロの命運は軍部の動きに懸かっている。軍上層部はマドゥロを支持している一方、階級の低い兵士たちは経済危機に苦しめられている。

    グアイドは軍部に恩赦と和解を約束することで、マドゥロ政権に反旗を翻すよう呼び掛けている。実際、1月21日には一部の兵士がカラカスの軍施設で反乱を試み、身柄を拘束される事件が起きた。「問題はこれを機に軍の内部に亀裂が生じて、マドゥロが重要な支持基盤を失うかどうかだ」と、マルチャクは言う。

    トランプは声明で「ベネズエラの人々は勇気を持ってマドゥロと彼の政権に反対の声を上げ、自由と法の支配を要求した」とたたえた。ジョン・ボルトン大統領補佐官やマイク・ポンペオ国務長官、マルコ・ルビオ上院議員といった米政界の大物たちも声明やソーシャルメディアでマドゥロを糾弾し、グアイドが率いる国会こそ正当な政府機関だと訴えた。

    マドゥロの続投を批判する声は国際的にも広がっている。OAS(米州機構)のルイス・アルマグロ事務総長はツイッターでマドゥロを「強奪者」と呼び、グアイドの暫定大統領就任を支持した。

    今回の政変の背景には、分裂していたベネズエラの野党陣営がカリスマ的魅力を持つ35歳のグアイドの下で結集したことがある。グアイドが暫定大統領就任を宣言した1月23日は、1958年に軍事政権が崩壊した記念日。ベネズエラ国民はこの日、各地でマドゥロ退陣を求める大規模な抗議デモに繰り出した。

    注目のキーワード

    注目のキーワード

    ニューストピックス

    本誌紹介

    特集:日本と韓国 悪いのはどちらか

    本誌 最新号

    特集:日本と韓国 悪いのはどちらか

    終わりなき争いを続ける日本と韓国── 泥沼の関係に陥った本当の原因と「出口」を考える

    2019年9月24日号  9/18発売

    人気ランキング

    • 1

      サウジ原油施設攻撃で世界は変わる

    • 2

      韓国航空会社の受難......ウォン安、原油高騰に「ボイコットジャパン」が追い打ち

    • 3

      嘘つき大統領に「汚れ役」首相──中国にも嫌われる韓国

    • 4

      【韓国政治データ】文在寅大統領の職業別支持率(201…

    • 5

      香港対応に見る習近平政権のだらしなさ

    • 6

      韓国のインスタントラーメン消費は世界一、その日本…

    • 7

      文在寅が「タマネギ男」の検察改革に固執する理由

    • 8

      文在寅「超側近」チョ・グクの疑惑がここまで韓国人…

    • 9

      タブーを超えて調査......英国での「極端な近親交配…

    • 10

      「Be Careful to Passage Trains」日本の駅で見つけ…

    • 1

      タブーを超えて調査......英国での「極端な近親交配」の実態が明らかに

    • 2

      消費税ポイント還元の追い風の中、沈没へ向かうキャッシュレス「護送船団」

    • 3

      【韓国政治データ】文在寅大統領の職業別支持率(2019年9月)

    • 4

      韓国のインスタントラーメン消費は世界一、その日本…

    • 5

      サウジ原油施設攻撃で世界は変わる

    • 6

      韓国航空会社の受難......ウォン安、原油高騰に「ボ…

    • 7

      嘘つき大統領に「汚れ役」首相──中国にも嫌われる韓国

    • 8

      「日本はもはや後進国であると認める勇気を持とう」…

    • 9

      思い出として死者のタトゥーを残しませんか

    • 10

      9.11救助犬の英雄たちを忘れない

    • 1

      嘘つき大統領に「汚れ役」首相──中国にも嫌われる韓国

    • 2

      日本はもはや後進国であると認める勇気を持とう

    • 3

      ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいついで感染

    • 4

      ヒマラヤ山脈の湖で見つかった何百体もの人骨、謎さ…

    • 5

      2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

    • 6

      「TWICEサナに手を出すな!」 日本人排斥が押し寄せる…

    • 7

      「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

    • 8

      韓国で脱北者母子が餓死、文在寅政権に厳しい批判が

    • 9

      「この国は嘘つきの天国」韓国ベストセラー本の刺激…

    • 10

      女性のお腹で次第に成長するしこりは、双子の片割れ…

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

    【写真特集】モノクロのカリフォルニアに未来を映して