Newsweek

テクノロジー

ディープラーニングの進化で、AI時代の未来は中国の手中に

2019年2月8日(金)17時00分
ビル・パウエル

    ディープラーニングでAIの応用範囲は大きく広がる ILLUSTRATION BY ANDRIY ONUFRIYENKO/GETTY IMAGES

    <囲碁でAIに敗れたショックが中国テクノロジー界の快進撃に火を付けた>

    かつてグーグルの中国部門を率い、現在は北京の著名なベンチャーキャピタリストである李開復(リー・カイフー)は、その光景をよく覚えている。2年前の春、李はオフィスでテレビにクギ付けになっていた。映し出されていたのは、黒縁の眼鏡を掛けた19歳のオタクっぽい青年だった。

    彼の名は柯潔(コー・チエ)。李は彼が「人類の最後の戦い」に挑むヒーローには見えなかったと、冗談めかして言う。戦いの相手は「アルファ碁」。グーグル傘下の英ディープマインド社が開発した人工知能(AI)の囲碁プログラムだ。

    柯は世界最古のボードゲームとされる囲碁の神童で、10歳でプロデビューし、アルファ碁と対局するまで世界最強の棋士とみられていた。だが、アルファ碁には3連敗を喫した。

    李に言わせれば、これは中国にとっての「スプートニク・ショック」だった。57年にソ連が人類初の人工衛星打ち上げを成功させ、アメリカに大きな衝撃が走った一件だ。これがNASAの設立につながり、当時のジョン・F・ケネディ大統領は60年代末までに人類を月に到達させると宣言。こうして宇宙開発競争が始まった。

    欧米に追い付く方法を知る国

    中国のテクノロジー関係者にも、柯がアルファ碁に敗れたことは衝撃だった。碁のプログラムが欧米で開発されたのも「挑戦であり刺激」だったと李は言う。今度はAI競争に火が付いた。

    それから2年、中国の政府も民間企業もこの分野に巨額の投資を行っている。17年末には、中国のベンチャーキャピタルが世界のAI関連投資の48%を占めた。

    中国政府の目標は30年までに、AIの理論、技術、アプリケーションの牽引役となることだ。政府の資金がたとえ有効活用されなくても、華為技術(ファーウェイ・テクノロジーズ)やアリババ・ドットコム、百度(バイドゥ)といったテクノロジー大手や個人投資家が力を入れており、今後は目覚ましい成長を遂げるだろう。

    大学や民間のコンピューター専門家は長年にわたりAIの研究を続けてきたが、歩みは遅い。IBMのスーパーコンピューター「ディープブルー」は97年、チェス世界チャンピオンのガルリ・カスパロフに勝利して世界を驚かせたが、そのプログラムに「実用的なアプリはほとんどなかった」と、80年代に米カーネギー・メロン大学でAIを学んだ李は言う。

    注目のキーワード

    注目のキーワード

    ニューストピックス

    本誌紹介

    特集:ファクトチェック文在寅

    本誌 最新号

    特集:ファクトチェック文在寅

    歴史や貿易問題で日本との真向対決をいとわないリベラル派大統領の知られざる経歴と思考回路

    2019年7月30日号  7/23発売

    人気ランキング

    • 1

      子宮内共食いなど「サメの共食い」恐怖の実態

    • 2

      巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

    • 3

      シャチがホホジロザメを餌にし始めた

    • 4

      家畜のブタが人食いブタに豹変──ロシア

    • 5

      全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

    • 6

      マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

    • 7

      中国にいたパンダに石を投げる愚か者(再生1億回)

    • 8

      苦境・韓国の中国離れはトランプに大朗報

    • 9

      韓国・文在寅大統領「対北朝鮮制裁違反という日本の…

    • 10

      異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

    • 1

      水深450メートル、メカジキに群がるサメ、そのサメを食べる大魚

    • 2

      巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

    • 3

      子宮内共食いなど「サメの共食い」恐怖の実態

    • 4

      シャチがホホジロザメを餌にし始めた

    • 5

      地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

    • 6

      山本太郎現象とこぼれ落ちた人々

    • 7

      アダルトサイトを見ているあなたの性的嗜好は丸裸 …

    • 8

      家畜のブタが人食いブタに豹変──ロシア

    • 9

      全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

    • 10

      4万年前の線虫も......氷河や永久凍土に埋もれてい…

    • 1

      水深450メートル、メカジキに群がるサメ、そのサメを食べる大魚

    • 2

      巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

    • 3

      世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に喜んではいけない

    • 4

      子宮内共食いなど「サメの共食い」恐怖の実態

    • 5

      自撮りヌードでイランを挑発するキム・カーダシアン

    • 6

      異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

    • 7

      若年層の頭蓋骨にツノ状の隆起ができていた......そ…

    • 8

      日本の重要性を見失った韓国

    • 9

      シャチがホホジロザメを餌にし始めた

    • 10

      地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

    【写真特集】戦火に生まれ、戦火に死ぬクルド兵士