Newsweek

テクノロジー

ディープラーニングの進化で、AI時代の未来は中国の手中に

2019年2月8日(金)17時00分
ビル・パウエル

    ディープラーニングでAIの応用範囲は大きく広がる ILLUSTRATION BY ANDRIY ONUFRIYENKO/GETTY IMAGES

    <囲碁でAIに敗れたショックが中国テクノロジー界の快進撃に火を付けた>

    かつてグーグルの中国部門を率い、現在は北京の著名なベンチャーキャピタリストである李開復(リー・カイフー)は、その光景をよく覚えている。2年前の春、李はオフィスでテレビにクギ付けになっていた。映し出されていたのは、黒縁の眼鏡を掛けた19歳のオタクっぽい青年だった。

    彼の名は柯潔(コー・チエ)。李は彼が「人類の最後の戦い」に挑むヒーローには見えなかったと、冗談めかして言う。戦いの相手は「アルファ碁」。グーグル傘下の英ディープマインド社が開発した人工知能(AI)の囲碁プログラムだ。

    柯は世界最古のボードゲームとされる囲碁の神童で、10歳でプロデビューし、アルファ碁と対局するまで世界最強の棋士とみられていた。だが、アルファ碁には3連敗を喫した。

    李に言わせれば、これは中国にとっての「スプートニク・ショック」だった。57年にソ連が人類初の人工衛星打ち上げを成功させ、アメリカに大きな衝撃が走った一件だ。これがNASAの設立につながり、当時のジョン・F・ケネディ大統領は60年代末までに人類を月に到達させると宣言。こうして宇宙開発競争が始まった。

    欧米に追い付く方法を知る国

    中国のテクノロジー関係者にも、柯がアルファ碁に敗れたことは衝撃だった。碁のプログラムが欧米で開発されたのも「挑戦であり刺激」だったと李は言う。今度はAI競争に火が付いた。

    それから2年、中国の政府も民間企業もこの分野に巨額の投資を行っている。17年末には、中国のベンチャーキャピタルが世界のAI関連投資の48%を占めた。

    中国政府の目標は30年までに、AIの理論、技術、アプリケーションの牽引役となることだ。政府の資金がたとえ有効活用されなくても、華為技術(ファーウェイ・テクノロジーズ)やアリババ・ドットコム、百度(バイドゥ)といったテクノロジー大手や個人投資家が力を入れており、今後は目覚ましい成長を遂げるだろう。

    大学や民間のコンピューター専門家は長年にわたりAIの研究を続けてきたが、歩みは遅い。IBMのスーパーコンピューター「ディープブルー」は97年、チェス世界チャンピオンのガルリ・カスパロフに勝利して世界を驚かせたが、そのプログラムに「実用的なアプリはほとんどなかった」と、80年代に米カーネギー・メロン大学でAIを学んだ李は言う。

    注目のキーワード

    注目のキーワード

    ニューストピックス

    本誌紹介

    特集:世界が尊敬する日本人100

    本誌 最新号

    特集:世界が尊敬する日本人100

    お笑い芸人からノーベル賞学者まで文化の壁を越えて輝くいま注目すべき100人

    2019年4月30日号  4/23発売

    人気ランキング

    • 1

      59歳の人気ランジェリーモデルは5年前まで普通のお母さんだった

    • 2

      人を襲う「生きた恐竜」の島閉鎖 インドネシア、ドラゴンとともに観光収入も絶滅回避へ

    • 3

      全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

    • 4

      人類史上最も残虐な処刑は「首吊り、内臓えぐり、仕…

    • 5

      巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

    • 6

      「美人銭湯絵師」の盗作疑惑に見る「虚像」による文…

    • 7

      観光先進国(G7)を標榜した韓国の宿泊施設がぞくぞ…

    • 8

      文在寅肝いりの現代自動車「低賃金」工場は、韓国の…

    • 9

      韓国の日本大使館、建て替えが進まず空き地になった…

    • 10

      英王妃の生首は本当に喋ろうとしたのか

    • 1

      おどろおどろしい溶岩の世界!?木星の北極の正体が公開される

    • 2

      59歳の人気ランジェリーモデルは5年前まで普通のお母さんだった

    • 3

      巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

    • 4

      人を襲う「生きた恐竜」の島閉鎖 インドネシア、ドラゴ…

    • 5

      5年前、太陽系外の恒星間天体が地球に衝突していた

    • 6

      人類史上最も残虐な処刑は「首吊り、内臓えぐり、仕…

    • 7

      地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

    • 8

      エイリアンはもう地球に来ているかもしれない──NASA…

    • 9

      「美人銭湯絵師」の盗作疑惑に見る「虚像」による文…

    • 10

      全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

    • 1

      巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

    • 2

      無残、少女の足の裏に無数の寄生虫!

    • 3

      人類史上最も残虐な処刑は「首吊り、内臓えぐり、仕上げに八つ裂き」

    • 4

      シャチがホホジロザメを餌にし始めた

    • 5

      女性の体は、弱い精子をブロックする驚くほど洗練さ…

    • 6

      地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

    • 7

      謎のシャチが見つかった?未知の4種目の可能性

    • 8

      大坂なおみ選手の二重国籍が認められた!

    • 9

      「令和」に関して炎上する中国ネット

    • 10

      「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

    【写真特集】北極に訪れた不可逆な未来