Newsweek

米移民

米移民収容施設で、ハンスト中の収容者を鼻チューブで虐待か

2019年2月1日(金)14時30分
シャンタル・ダシルバ

    長期に及ぶ収容への不満も大きい(写真はカリフォルニア州アデラントの移民収容施設) Lucy Nicholson-REUTERS

    <職員による虐待や劣悪な環境に抗議するハンストが、全米の移民収容施設で多発するなか、人命救助という名の残虐な報復が待っていた>

    米移民・関税執行局(ICE)の職員が、テキサス州の移民収容施設で1カ月前からハンガーストライキを続けている収容者に、しばしば苦痛を伴う経鼻管で強制的に食事を流し込んでいたことが、AP通信の報道で明らかになった。

    取材に応じた収容者によると、インドとキューバからの移民少なくとも30人がハンストを継続中で、うち何人かは衰弱して立ち上がることや話すことも困難になっている。

    施設職員から受けた言葉による虐待や強制送還の脅しに抗議してのハンストだという。移民認定の手続きの間、収容が長期に及んでいることも不満だ。

    もっともICEによると、テキサス州エルパソのこの収容センターでハンストを行っているのは30人ではなく11人だけだが、そのうち何人かは30日間以上ハンストを続けている。

    鼻血や嘔吐の症状も

    鼻から喉の奥までチューブを通すのは苦しいため、経鼻管は拷問やハンストを止めさせる手段としても使われる。だがICEのレティシア・ザマリパ広報官は、エルパソ収容センターの少なくとも6人については、連邦裁判所から経鼻管による栄養補給をする許可を得た、とAP通信に語っている。

    <参考記事>イスラエルが考え出した新たな「拷問

    インド・パンジャブ州出身の親族が2人、収容されているというアムリット・シンは、2人は経鼻管を強制されているため日常的に鼻血が出たり、一日に何度も嘔吐したりしている、とAP通信に語った。

    「(収容者の2人は)体調が良くない。体が本当に弱って、話すこともできないし、入退院を繰り返している」と、シンは言う。「2人は、なぜいまだに施設に入れられているかを知りたいし、早く移民法の適用を受けて市民権を得たいと望んでいる」

    ICEのザマリパ広報官は、虐待を非難する収容者からの声にはコメントせず、エルパソ収容センターは連邦基準に則って収容者を扱っている、と語った。

    注目のキーワード

    注目のキーワード

    ニューストピックス

    本誌紹介

    特集:世界を操る政策集団 シンクタンク大研究

    本誌 最新号

    特集:世界を操る政策集団 シンクタンク大研究

    政治・経済を動かすブレーンか「頭でっかちのお飾り」か、民間政策集団の機能と実力を徹底検証

    2019年11月19日号  11/12発売

    人気ランキング

    • 1

      ペットに共食いさせても懲りない飼い主──凄惨な退去後の現場 

    • 2

      GSOMIA失効と韓国の「右往左往」

    • 3

      アメリカが繰り返し「ウソ」を指摘......文在寅直轄「国家安保室」の暴走

    • 4

      香港デモ隊と警察がもう暴力を止められない理由

    • 5

      韓国、アイドルオーディション番組「PRODUCE 101」ヤラ…

    • 6

      中国は「祝賀御列の儀」をどう報道したか?

    • 7

      債券バブルが崩壊したら株式市場はどうなるか

    • 8

      「安い国」になった日本の現実は、日本人にとって幸…

    • 9

      香港警察が大学に突入、林鄭月娥の賭けと誤算

    • 10

      スカート内盗撮おとがめ無しのドイツ やっと違法化…

    • 1

      文在寅政権の破滅を呼ぶ「憲法違反」疑惑──北朝鮮の漁船員2人を強制送還

    • 2

      日朝戦争なら韓国は北朝鮮の味方、日本はいつの間にか四面楚歌?

    • 3

      ペットに共食いさせても懲りない飼い主──凄惨な退去後の現場 

    • 4

      香港デモ隊と警察がもう暴力を止められない理由

    • 5

      韓国通貨危機の裏側を赤裸々に暴く 『国家が破産する…

    • 6

      母親に育児放棄されたチーターが、犬の「代理きょう…

    • 7

      200万年前の氷が採取されて2年、地球の気候変動に関…

    • 8

      ヤクルトが韓国で最も成功した日本ブランドになった…

    • 9

      中国は「祝賀御列の儀」をどう報道したか?

    • 10

      GSOMIA失効と韓国の「右往左往」

    • 1

      韓国は、日本の対韓感情が大きく悪化したことをわかっていない

    • 2

      マクドナルドのハロウィン飾りに私刑のモチーフ?

    • 3

      「アメリカは韓国の味方をしない」日韓対立で米高官が圧迫

    • 4

      意識がある? 培養された「ミニ脳」はすでに倫理の…

    • 5

      インドネシア、巨大ヘビから妻救出した夫、ブタ丸呑み…

    • 6

      「武蔵小杉ざまあ」「ホームレス受け入れ拒否」に見る深…

    • 7

      中国人女性と日本人の初老男性はホテルの客室階に消…

    • 8

      ラグビー場に旭日旗はいらない

    • 9

      性行為を拒絶すると立ち退きも、家主ら告発

    • 10

      アメリカが韓国に「最後通牒」......日本との安保対…

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

    【写真特集】不世出のスター写真家リチャード・アヴェドンを見つめ続けた16年