Newsweek

アメリカ政治

トランプ、一般教書演説で国境の壁の意義強調 民主の政権調査「党派心によるばかげた政治」とけん制

2019年2月6日(水)16時00分

    トランプ米大統領は、上下両院合同会議で一般教書演説を行い、不法移民の問題は差し迫った国家の危機だと述べ、国境沿いの壁建設を実現すると強調したほか、民主党の動きは米国の繁栄に悪影響を及ぼすとけん制した。同演説を行う同大統領。ワシントンでの代表撮影(2019年/ロイター)

    トランプ米大統領は5日夜、上下両院合同会議で一般教書演説を行った。不法移民の問題は差し迫った国家の危機だと述べ、国境沿いの壁建設を実現すると強調したほか、「党派心によるばかげた調査」を目指す民主党の動きは米国の繁栄に悪影響を及ぼすとけん制した。

    大統領は国境警備を巡り非常事態を宣言することは控え、2月15日の期限までに妥協案で合意するよう与野党双方に呼びかけた。

    「この部屋の大半の人々は過去に壁建設に賛成票を投じたが、適切な壁は一度も建設されなかった。私が実現する」と表明。「単純に言って、壁は機能する。壁は命を救う。協力して妥協し、米国を真に安全にする方法で合意しよう」と訴えた。

    トランプ氏が求めている壁建設費用の予算計上には議会民主党が反対してきた。

    大統領は、政権に対する調査を目指す民主党の動きや国外の戦争に米国が関与する可能性などが米経済を脅かすとも警告し、「米国では経済的奇跡が起きている。それを止め得るのは、ばかげた戦争や政治、理不尽な調査だ」と述べた。

    トランプ政権を巡っては、下院の過半数を獲得した民主党が一連の調査を計画しているほか、モラー特別検察官は2016年大統領選へのロシアの介入疑惑やトランプ陣営との共謀の可能性を捜査している。

    トランプ氏は演説で失業率の低さや製造業の雇用増など経済面での実績を強調したが、一段の成長加速に向けた新たな政策には乏しい内容となった。

    また、処方薬の値下げやインフラ改修への1兆ドル拠出などで民主党に譲歩する構えも見せたが、互いに主張を譲らないこれまでの姿勢や2020年米大統領選への警戒感を踏まえると、実際に歩み寄ることが可能かどうかは不明だ。

    トランプ氏は、中国など諸外国との貿易関係をより米国に有利な条件に見直す取り組みをしてきたことも強調。中国との合意は「不公平な通商慣行を終わらせ、米国の慢性的な貿易赤字を削減するとともに、米国民の雇用を守る実質的かつ構造的な改革を盛り込んだものでなければならない」と述べた。

    さらに、「『米国に死を』と唱え、ユダヤ人の虐殺をちらつかせる体制から目を背けない」と語り、イスラエルを脅かすイランをけん制した。

    このほか外交政策では、ベネズエラのマドゥロ大統領の退陣に向けた取り組みを支持する立場を表明したほか、過激派組織「イスラム国」(IS)はほぼ掃討されたとの認識を示した。

    [ワシントン 5日 ロイター]


    トムソンロイター・ジャパン

    Copyright (C) 2019トムソンロイター・ジャパン(株)記事の無断転用を禁じます

    注目のキーワード

    注目のキーワード

    ニューストピックス

    本誌紹介

    特集:検証  日本モデル

    本誌 最新号

    特集:検証 日本モデル

    日本のやり方は正しかったのか? 感染対策の効果を感染症専門家と考える

    2020年6月 9日号  6/ 2発売

    人気ランキング

    • 1

      西浦×國井 対談「日本のコロナ対策は過剰だったのか」

    • 2

      韓国総選挙にデジタル不正疑惑か? 中国から開票機を操作した可能性

    • 3

      レストランで騒ぐ息子が店員に叱られた話、FBに投稿したら炎上した... なぜ?

    • 4

      警官と市民の間に根深い不信が横たわるアメリカ社会…

    • 5

      「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がア…

    • 6

      新型コロナウイルスをめぐる各国の最新状況まとめ(1…

    • 7

      ブラジル、食肉施設で約2400人が新型コロナ感染 南部…

    • 8

      中国請負の高速鉄道建設が工期遅延に予算超過 イン…

    • 9

      東京都「東京アラート」発動、レインボーブリッジ赤く…

    • 10

      新型コロナウイルスをめぐる各国の最新状況まとめ(2…

    • 1

      ロンドンより東京の方が、新型コロナ拡大の条件は揃っているはずだった

    • 2

      「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

    • 3

      レストランで騒ぐ息子が店員に叱られた話、FBに投稿したら炎上した... なぜ?

    • 4

      ギター人気復活を導く「スーパークール」な和製ギター

    • 5

      新型コロナの死亡率はなぜか人種により異なっている

    • 6

      「NO JAPAN」に揺れた韓国へ「股」をかけて活躍した日…

    • 7

      韓国総選挙にデジタル不正疑惑か? 中国から開票機…

    • 8

      ブラジルのコロナ無策は高齢者減らしのため?

    • 9

      「イギリスが香港のために立ち上がらないことこそ危…

    • 10

      北朝鮮の民間経済を圧迫する独裁者の国債

    • 1

      「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

    • 2

      金正恩「死んだふり」の裏で進んでいた秘密作戦

    • 3

      気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言したウイルス映画が語ること

    • 4

      スズメバチが生きたままカマキリに食べられる動画が…

    • 5

      過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 …

    • 6

      日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

    • 7

      コロナ禍で露呈した「意識低い系」日本人

    • 8

      コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

    • 9

      ロックダウンは必要なかった? 「外出禁止は感染抑…

    • 10

      優等生シンガポールの感染者数が「東南アジア最悪」…

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

    【写真特集】金融エリートたちの意外と普通な苦悩