Newsweek

中国

アップル失速は中国経済減衰のせいなのか?

2019年2月8日(金)15時00分
遠藤誉(東京福祉大学国際交流センター長)

    アップルのiPhone Regis Duvignau-REUTERS

    日本の報道ではアップル失速を中国経済減速のせいにする傾向が強いが、中国でのスマホの売れ行きを見ると中国国産スマホが魅力的でiPhone離れが加速しただけだ。結果中国需要に頼った日本企業が影響を受ける。

    春節前の中国国内におけるスマホの売れ行きランキング

    中関村オンラインZOL(Zhong-guan-cun OnLine)が調査した今年1月27日のデータによれば、中国におけるスマホの人気ランキング(売れ筋ランキング)は以下のようになっている(華為はHuawei。ZOLの表現に従う。金額の単位は元。1元=16.27円)。

    1.華為nova4(標準スペック)  ¥3,099

    2.vivoNEX(デュアルスクリーン)¥4,998

    3.OPPO R17Pro(6GB RAM) ¥3,999

    4.一加(One Plus)6T(6GB RAM)¥3,399

    5.栄耀(Honor)V20(6GB RAM)¥2,999

    6.Apple(iPhone XR)      ¥5,699

    7.華為 Mate20 Pro(6GB RAM)   ¥5,399

    8.華為 Mate 20         ¥3,999

    9.Apple(iPhone XS Max)   ¥9,599

    10.Apple (iPhone XS)    ¥8,699

    すべてが、全網通という、中国の3大通信メガグループ(中国電信・中国聯通・中国移動)に対応できる機種だ。Apple以外は何れも中国の企業である。

    華為とvivo(ビーボ)は1位と2位を争っており、ときどき両者の順位が逆転することがある。

    それにしても、春節(2月5日)前とはいえ、トップ10にAppleが3機種も入っているのは、なかなかのものだと言える。おそらく華為の創始者・任正非氏が、1月21日に、「華為のためにAppleを排除することはしないでくれ。華為のためでなく、国家のために行動してほしい」という声明を出していたことが影響しているのかもしれない。

    ただ、Appleは、中国のスマホメーカーが次々と新しい機能を搭載しながら安価な機種を出しているのに対して、機能的には何も目新しいものがないまま、価格だけは高いので、トップ10の中でも後半の6位以下にしか入っていない。なんといってもトップは華為かvivoで、OPPOが2位か3位に就くなど、次に迫っている状況はあまり変わらない。

    注目のキーワード

    注目のキーワード

    ニューストピックス

    本誌紹介

    特集:とっておきの世界旅50選

    本誌 最新号

    特集:とっておきの世界旅50選

    イタリアの秘めた名所から沈船ダイビング、ゾウ保護区まで、ひと味違う体験を楽しみたい人向けの旅行先50

    ※次号は7/17(水)発売となります。

    2019年7月16日号  7/ 9発売

    人気ランキング

    • 1

      女性、独身、子なしを責められた台湾総統、FBで反撃

    • 2

      韓国・文在寅大統領「対北朝鮮制裁違反という日本の指摘は重大な挑戦」

    • 3

      歴史問題に根ざす日本と韓国「半導体輸出規制」対立の行方

    • 4

      なぜ米国の一流経済学者が日本に二流のアドバイスを…

    • 5

      2019年上半期グーグル人気検索キーワード発表 韓国…

    • 6

      家庭料理に求めるレベルが高すぎて、夫の家事分担が…

    • 7

      「貧困の壁を越えたイノベーション」湯浅誠がこども…

    • 8

      異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

    • 9

      同性愛を公言、ヌードも披露 女子サッカー米代表の…

    • 10

      日本の重要性を見失った韓国

    • 1

      日本の重要性を見失った韓国

    • 2

      輸出規制、韓国政府の無策を非難する韓国メディア

    • 3

      同性愛を公言、ヌードも披露 女子サッカー米代表のミーガン・ラピノー

    • 4

      国歌斉唱で胸に手を当てる、なでしこジャパンに違和感

    • 5

      異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

    • 6

      トランプ亜流にも劣る、韓国への素材輸出規制

    • 7

      輸出規制への「期待」に垣間見る日韓関係の「現住所」

    • 8

      なぜ米国の一流経済学者が日本に二流のアドバイスを…

    • 9

      「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

    • 10

      4万年前の線虫も......氷河や永久凍土に埋もれてい…

    • 1

      世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に喜んではいけない

    • 2

      自撮りヌードでイランを挑発するキム・カーダシアン

    • 3

      若年層の頭蓋骨にツノ状の隆起ができていた......その理由は?

    • 4

      異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

    • 5

      日本の重要性を見失った韓国

    • 6

      マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

    • 7

      2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

    • 8

      テスラの半自動運転システムで居眠りしたまま高速を5…

    • 9

      地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

    • 10

      輸出規制、韓国政府の無策を非難する韓国メディア

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

    【写真特集】停電が続くガザの果てしない暗闇