Newsweek

睡眠

睡眠時の無呼吸、放置は危険、記憶障害やうつの危険が潜む

2019年2月8日(金)17時10分
松丸さとみ

    CPAP(持続陽圧呼吸療法)を使った治療が効果的と言われる BVDC-iStock

    <オーストラリアの研究チームが、閉塞性睡眠時無呼吸症候群(OSA)を患っていると記憶力に問題が生じ、うつ病に発展する危険性があると発表した>

    睡眠時の無呼吸、記憶障害とうつに

    睡眠時無呼吸症候群(SAS)とは、寝ている間に息が止まるなどして呼吸が阻害される症状だ。なかでも肥満などが原因で上気道が閉塞されて起こるものを閉塞性睡眠時無呼吸症候群(OSA)といい、世界で9億3600万人がこの症状を患っていると言われている。

    オーストラリアのメルボルンにあるRMIT大学はこのほど、OSAの症状があるものの治療を受けたことがない人が、どの程度の記憶障害を抱えているかを調査。OSAを患っていると記憶力に問題が生じ、うつ病に発展する危険性があると発表した。

    今回調査を行なったのは、RMIT大学のメリンダ・ジャクソン博士率いるチームだ。

    これまで、OSAの人は記憶力に問題がある場合が多く、うつ病になる割合も高いと指摘されてきた。2014年に発表された調査では、OSAの人の46%にうつの症状が見られた。

    ジャクソン博士は、うつと記憶には深い関係があると説明。人生で起こったことの詳細をあまり覚えていない(自伝的記憶が乏しい)場合、なかなか治らないうつ病へと発展するリスクがあるとされているため、これを足場として今回の調査を行なったと述べている。

    なお「自伝的記憶」とは、個人の人生における経験に関する記憶を意味する。

    OSAの人は人生の細かい点を思い出せない

    調査では、OSAを患っているが治療していない成人44人のグループと、健康的な成人44人からなるコントロール・グループを比較した。実験参加者には、子供時代、青年期、そして現在とそれぞれの時期にあったさまざまな出来事を思い出してもらった(自伝的記憶)。

    その結果、OSAを患っている人の記憶は、そうでない人の記憶と比べ著しく概括的(つまり詳細まで覚えていない)ということが分かった。記憶が概括的すぎて詳細まで覚えてない割合は、コントロール・グループが18.9%だったのに対し、OSA患者のグループは52.3%だった。

    調査チームはまた、自伝的な意味記憶とエピソード記憶をそれぞれどれだけ思い出せるかも調査した。意味記憶とは、事実や概念に関する記憶のことで、ここでいう自伝的な意味記憶とは例えば学校の先生の名前などが該当する。一方でエピソード記憶とは、実際の出来事に関する記憶で、例えば高校生活初日の思い出などだ。

    OSAを患っている人は、意味記憶をなかなか思い出せなかったものの、エピソード記憶は維持できていた。調査チームによると、自伝的な意味記憶を安定させるには良質な睡眠が不可欠であるため、OSAの人が意味記憶を維持できない原因は、呼吸で阻害されることにより睡眠が断片的になっていることが原因と考えられるという。

    注目のキーワード

    注目のキーワード

    ニューストピックス

    本誌紹介

    特集:とっておきの世界旅50選

    本誌 最新号

    特集:とっておきの世界旅50選

    イタリアの秘めた名所から沈船ダイビング、ゾウ保護区まで、ひと味違う体験を楽しみたい人向けの旅行先50

    ※次号は7/17(水)発売となります。

    2019年7月16日号  7/ 9発売

    人気ランキング

    • 1

      女性、独身、子なしを責められた台湾総統、FBで反撃

    • 2

      韓国・文在寅大統領「対北朝鮮制裁違反という日本の指摘は重大な挑戦」

    • 3

      歴史問題に根ざす日本と韓国「半導体輸出規制」対立の行方

    • 4

      なぜ米国の一流経済学者が日本に二流のアドバイスを…

    • 5

      2019年上半期グーグル人気検索キーワード発表 韓国…

    • 6

      家庭料理に求めるレベルが高すぎて、夫の家事分担が…

    • 7

      「貧困の壁を越えたイノベーション」湯浅誠がこども…

    • 8

      異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

    • 9

      同性愛を公言、ヌードも披露 女子サッカー米代表の…

    • 10

      日本の重要性を見失った韓国

    • 1

      日本の重要性を見失った韓国

    • 2

      輸出規制、韓国政府の無策を非難する韓国メディア

    • 3

      同性愛を公言、ヌードも披露 女子サッカー米代表のミーガン・ラピノー

    • 4

      国歌斉唱で胸に手を当てる、なでしこジャパンに違和感

    • 5

      異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

    • 6

      トランプ亜流にも劣る、韓国への素材輸出規制

    • 7

      輸出規制への「期待」に垣間見る日韓関係の「現住所」

    • 8

      なぜ米国の一流経済学者が日本に二流のアドバイスを…

    • 9

      「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

    • 10

      4万年前の線虫も......氷河や永久凍土に埋もれてい…

    • 1

      世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に喜んではいけない

    • 2

      自撮りヌードでイランを挑発するキム・カーダシアン

    • 3

      若年層の頭蓋骨にツノ状の隆起ができていた......その理由は?

    • 4

      異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

    • 5

      日本の重要性を見失った韓国

    • 6

      マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

    • 7

      2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

    • 8

      テスラの半自動運転システムで居眠りしたまま高速を5…

    • 9

      地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

    • 10

      輸出規制、韓国政府の無策を非難する韓国メディア

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

    【写真特集】停電が続くガザの果てしない暗闇