Newsweek

チャットアプリ

人気チャットアプリ「Discord」、小児性愛コンテンツも野放しの衝撃

2019年2月8日(金)18時00分
スティーブン・アサーク

    ディスコードは一部スタッフの職権乱用で大きな逆風にさらされている tommaso79/iStock.

    <ソーシャルメディアの番人役であるモデレーターが集団で関与していた>

    「ディスコード」は米国発のゲームユーザー向けチャットアプリ。毎日1900万人のユーザーがチャットルームに集まり、ビデオゲームから「スティーブン・ユニバース」などの人気アニメにいたるまで、様々なことを話している。2015年5月に開始したこのチャットアプリは今、違法行為の温床として批判を浴びている。米誌フォーブスは、ディスコードのプラットフォーム上で、盗品(ネット上のパスワードやアカウントを含む)やハッキング方法の売買、さらには性的虐待目当ての子供の待ち伏せが横行している疑いでFBI(米連邦捜査局)が捜査中、と報じた。

    同時に、社内スキャンダルも発覚した。違反コンテンツの監視・削除を行う「モデレーター」と呼ばれるスタッフ自らが、個人の嗜好を理由にルールを破っていたのだ。違反は特に「ファーリーズ」(Furries、「擬人化された動物」の意)を自称するモデレーターやユーザーの間で目立つ。一部のモデレーターは行動規範に反して、子供を性的対象にした合成ポルノを共有するコミュニティを贔屓にしていた。ユーザーがそうした行為を知ったのをきっかけに、ソーシャルメディア上では「#ディス―ドを改革せよ」#ChangeDiscord運動が巻き起こった。

    ディスコードで未成年を性行為に誘い出す手口を警告する動画

    ディスコードは本誌の取材にこう回答した。「当社はコミュニティの安全を真剣にとらえており、信頼と安全を常に評価し、改善している。デジタル技術を活用した対話型プラットフォームにはリスクが付き物だ。当社はユーザーの安全を確保し強化するため、必要に応じて司法当局と密接に捜査協力している」

    カブ・プレイ

    他社のソーシャルメディアと同様、ディスコードはコミュニティガイドラインを定めている。違反したユーザーはモデレーターにアカウントを禁止され、コミュニティごと削除される可能性もある。

    2018年2月、ディスコードは提携するサーバーにおいて、職場や学校で閲覧するのに適さない「NSFW(ノット・セーフ・フォー・ワーク)」のコンテンツを完全禁止すると発表した。「サーバー内におけるコミュニティの居心地を良くするためにこの方針を打ち出した。今後もすべてのユーザーに安全な利用環境を提供していく」

    ディスコードのコミュニティガイドラインで特に監視対象とするのは、幼い男の子や女の子を性的対象にした「ショタコン」や「ロリコン」を含む「子供の合成ポルノ」だ。

    2019年1月下旬、ディスコードのユーザーが米ニュースサイト「レディット」のサブフォーラムである「サブレディット」上に、TinyFeexというハンドルネームで知られるディスコードの管理者とやり取りした際のメールの内容を転載した。その中でTinyFeexは、「カブ」関連のコンテンツは利用規約に違反しないと書いた。「カブ」は、擬人化された動物のキャラクターを好む「ファーリー」のコミュニティにおいて未成年のメンバーを指し、「カブ・プレイ」はカブとの性行為を表す際に使われる。ディスコードのユーザーたちが管理者のメールのコメントを非難すると、すぐにサブレディットの管理者が投稿を削除し、ディスコードの安全向上協議会のkarrdianというモデレーターによる回答を掲載した。

    「『カブ』と『ロリ』には重複する部分がある」とkarrdianは書いた。「『カブ』の描写にも、全く人間っぽくないものもあれば、架空の生物に見えるものもある。そうしたコンテンツはかなりグレーゾーンにあり、一概に全面禁止にはしていない」

    注目のキーワード

    注目のキーワード

    ニューストピックス

    本誌紹介

    特集:世界が尊敬する日本人100

    本誌 最新号

    特集:世界が尊敬する日本人100

    お笑い芸人からノーベル賞学者まで文化の壁を越えて輝くいま注目すべき100人

    2019年4月30日号  4/23発売

    人気ランキング

    • 1

      59歳の人気ランジェリーモデルは5年前まで普通のお母さんだった

    • 2

      人を襲う「生きた恐竜」の島閉鎖 インドネシア、ドラゴンとともに観光収入も絶滅回避へ

    • 3

      全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

    • 4

      人類史上最も残虐な処刑は「首吊り、内臓えぐり、仕…

    • 5

      巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

    • 6

      「美人銭湯絵師」の盗作疑惑に見る「虚像」による文…

    • 7

      観光先進国(G7)を標榜した韓国の宿泊施設がぞくぞ…

    • 8

      文在寅肝いりの現代自動車「低賃金」工場は、韓国の…

    • 9

      韓国の日本大使館、建て替えが進まず空き地になった…

    • 10

      英王妃の生首は本当に喋ろうとしたのか

    • 1

      おどろおどろしい溶岩の世界!?木星の北極の正体が公開される

    • 2

      59歳の人気ランジェリーモデルは5年前まで普通のお母さんだった

    • 3

      巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

    • 4

      人を襲う「生きた恐竜」の島閉鎖 インドネシア、ドラゴ…

    • 5

      5年前、太陽系外の恒星間天体が地球に衝突していた

    • 6

      人類史上最も残虐な処刑は「首吊り、内臓えぐり、仕…

    • 7

      地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

    • 8

      エイリアンはもう地球に来ているかもしれない──NASA…

    • 9

      「美人銭湯絵師」の盗作疑惑に見る「虚像」による文…

    • 10

      全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

    • 1

      巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

    • 2

      無残、少女の足の裏に無数の寄生虫!

    • 3

      人類史上最も残虐な処刑は「首吊り、内臓えぐり、仕上げに八つ裂き」

    • 4

      シャチがホホジロザメを餌にし始めた

    • 5

      女性の体は、弱い精子をブロックする驚くほど洗練さ…

    • 6

      地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

    • 7

      謎のシャチが見つかった?未知の4種目の可能性

    • 8

      大坂なおみ選手の二重国籍が認められた!

    • 9

      「令和」に関して炎上する中国ネット

    • 10

      「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

    【写真特集】北極に訪れた不可逆な未来