Newsweek

中国

中国の量子通信衛星チームが米科学賞受賞

2019年2月18日(月)12時40分
遠藤誉(東京福祉大学国際交流センター長)

    世界初の量子通信衛星、中国が打ち上げ成功 China Daily/REUTERS

    中国は人類が解読できない「量子暗号」を搭載した量子衛星「墨子号」を打ち上げ、人類初の量子暗号通信に成功している。2月14日、ワシントンでそのチームが米クリーブランド賞を受賞した。中国大陸では初めてのことだ。

    暗号を制する者が世界を制する――人類が解読できない「量子暗号」

    2016年8月16日午前1時40分、中国は世界で初めての量子通信衛星「墨子(ぼくし)号」の打ち上げに成功した。「長征2号」ロケットを使い、中国甘粛省のゴビ砂漠にある酒泉衛星発射センターから発射した。

    量子通信衛星というのは、人類が解読できない「量子暗号」を搭載した人工衛星のことである。この研究を主導した中国科学院宇宙科学先導特別プロジェクトのリーダーを務めたのは、中国科学院量子信息(情報)・量子科学技術創新研究院院長で、中国科学技術大学の副学長でもある潘建偉氏だ。彼は中国共産党員ではなく、中国にある八大民主党派の内の一つ、「九三学社」の党員であることが興味深い。

    1970年生まれの潘建偉は、1996年(26歳)でオーストリアに留学し、宇宙航空科学における最高権威の一人であるツァイリンガー教授に師事した。2001年に中国に帰国し、以来、「量子暗号」の研究に没頭した。

    「量子暗号」というのは「量子(quantum)」の「粒子性と波動性」(非局所性)を用いた「量子もつれ通信」のことで、「量子通信」は「衛星・地球面の量子鍵配送」や「地球面から衛星への電子テレポーテーション」などによって通信する手段だ。「鍵」を共有しない限り、絶対に第三者により情報を盗まれることはない。

    中国は2017年には墨子号を通して、オーストリアと北京の間の量子通信に成功し、2018年にトップニュースの形でイギリスの学術誌『ネイチャー』に掲載され、アメリカの学術誌『サイエンス』にも掲載された(「量子暗号」や「量子通信」あるいは「鍵」などの詳細に関しては、拙著『「中国製造2025」の衝撃 習近平はいま何を目論んでいるか』の第四章で述べた)。 

    問題は、「暗号を制する者が世界を制する」と言われる中、現段階では人類の誰にも解読できない「量子暗号」生成に成功し、それを搭載した「量子通信衛星」を最初に打ち上げたのが、アメリカでもなければ日本でもなく、ほかならぬ中国だったということである。

    5G がどうのこうのと言っている場合ではない。

    注目のキーワード

    注目のキーワード

    ニューストピックス

    本誌紹介

    特集:上級国民論

    本誌 最新号

    特集:上級国民論

    特権階級が不当に罪を逃れている── 日本を席巻する疑念と怒りの正体

    2020年2月25日号  2/18発売

    人気ランキング

    • 1

      夜間に発電できる「反ソーラーパネル」が考案される

    • 2

      今日も市場で生きてるコウモリ販売するインドネシア 新型コロナ感染ゼロの理由とは

    • 3

      殺害した女性の「脳みそどんぶり」を食べた男を逮捕

    • 4

      日本の「新型肺炎」感染拡大を懸念する韓国がまだ「…

    • 5

      米共和党上院議員が中国を嘘つきと非難

    • 6

      ヒヒにさらわれ子どもにされた子ライオンの悲劇

    • 7

      感染者2200万人・死者1万人以上 アメリカ、爆発的「イ…

    • 8

      新型コロナウイルス、人口2.6億のインドネシアで感染…

    • 9

      新型コロナウイルスはコウモリ由来? だとしても、…

    • 10

      インドネシア、巨大ヘビから妻救出した夫、ブタ丸呑み…

    • 1

      新型コロナウイルスはコウモリ由来? だとしても、悪いのは中国人の「ゲテモノ食い」ではない

    • 2

      今年の春節は史上最悪、でも新型肺炎で「転じて福」となるかもしれない

    • 3

      中国の新型コロナウイルス危機は「チェルノブイリ級」と世界が囁き始めた

    • 4

      マスク姿のアジア人女性がニューヨークで暴行受ける

    • 5

      韓国、キャッシュレス完了した国が進める「コインレ…

    • 6

      殺害した女性の「脳みそどんぶり」を食べた男を逮捕

    • 7

      「10歳の娘が裸でも同じベッドで寝る彼氏」これって…

    • 8

      新型コロナウイルス、人口2.6億のインドネシアで感染…

    • 9

      インドネシア、巨大ヘビから妻救出した夫、ブタ丸呑み…

    • 10

      「歯肉から毛が生えた」という女性の症例が世界で初…

    • 1

      ゴーン逃亡のレバノンが無政府状態に、銀行も襲撃される

    • 2

      「歯肉から毛が生えた」という女性の症例が世界で初めて報告される

    • 3

      一党支配揺るがすか? 「武漢市長の会見」に中国庶民の怒り沸騰

    • 4

      ヒヒにさらわれ子どもにされた子ライオンの悲劇

    • 5

      マスク姿のアジア人女性がニューヨークで暴行受ける

    • 6

      新型コロナウイルスはコウモリ由来? だとしても、…

    • 7

      韓国で強まる、日本の放射能汚染への懸念

    • 8

      「武漢はこの世の終末」 チャーター機乗れなかった米…

    • 9

      BTSと共演した韓国人気子役がYouTubeで炎上 虐待さ…

    • 10

      「拷問死したアメリカ人学生」がはばむ文在寅の五輪…

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

    【写真特集】流血と破壊に蹂躙される現代の暗黒郷アマゾン