Newsweek

人体

女性の体は、弱い精子をブロックする驚くほど洗練された方法を持っていた

2019年2月20日(水)17時30分
松岡由希子

    運動性の高い精子を選抜する選択メカニズムがあった rez-art - iStock

    <米コーネル大学の研究によって、子宮から卵管へとつながる狭窄が、運動性の高い精子を選抜する役割を担っていることが明らかとなった>

    ヒトをはじめとする哺乳動物は、わずか1個の卵子に対し、一回の射精で6000万から1億の精子を放出するが、精子が卵子と出会うためには雌性生殖器を通過せねばならないため、精子の運動性は受精可能性を決定づける重要な特性であると考えられてきた。

    そしてこのほど、子宮から卵管へとつながる狭窄が、運動性の高い精子を選抜する役割を担っていることが明らかとなった。

    狭窄が運動性が低い精子の進入を妨げる「門」のような役割

    米コーネル大学アリレザ・アブバスポアラッド博士らの研究チームは、マイクロ流体デバイスを使って、雌性生殖器内の狭い結合部での流体力学的性質をシミュレーションしたところ、運動性が一定レベルを下回る精子の進入を狭窄が妨げ、いわば"門のような役割"を担っていることがわかった。

    一連の研究成果は、2019年2月13日、オープンアクセスジャーナル「サイエンス・アドバンシーズ」で公開されている。

    運動性の高い精子を選抜する選択メカニズム

    研究チームでは、シミュレーションに先立ち、この狭窄を模倣した最狭幅0.04ミリ、最広幅0.3ミリのマイクロ流体デバイスを開発するとともに、「精子の位置は、推進速度、媒体の流速場、側壁との流体力学的相互作用に起因する速度成分に影響を受ける」との仮説のもと、精子の位置を予測する数式モデルを作成した。

    狭窄が担う"門のような役割"を観察するべく、このマイクロ流体デバイスを使ったヒトの精子とウシの精子のシミュレーションでは、狭窄内のせん断速度が7.98sまで低下するように媒体の流入速度を下げたところ、秒速0.0842ミリの最も運動性の高い精子はこの流れに耐えたが、速度の低い精子は狭窄を通り抜けることができなかった。精子がくねくねと動きながら狭窄を通り抜けよう繰り返し試み、対向流に押し戻されていく様子が、動画でもとらえられている。

    研究チームは、このようなシミュレーション結果をふまえ、「狭窄の"門のような働き"は、運動性の高い精子を選抜するために生殖管が用いている、運動性をベースとした選択メカニズムである」と結論づけている。

    この研究成果は、生殖医療のさらなる進化に寄与する可能性を秘めている。

    精子の数よりも運動性がより重要

    米ワシントン大学のジョン・エーモリ教授は、米ニュースサイト「ザ・ヴァージ」の取材に対して、「臨床的には、精子の運動性の高さが受精の要因ではないかと疑われてきたが、この研究成果はこの見方が正しいことを示している」と評価している。

    同様に、ワイルコーネル医科大学のハリー・フィッシュ博士も、米誌「USニューズ」において、「精液検査では、まず精子の数に注目し、さらにその形状や運動性をみてきたが、この研究成果は、従来考えられていたよりも、精子の運動性がより重要だということを示している」と述べている。

    注目のキーワード

    注目のキーワード

    ニューストピックス

    本誌紹介

    特集:米ジョージタウン大学 世界のエリートが学ぶ至高のリーダー論

    本誌 最新号

    特集:米ジョージタウン大学 世界のエリートが学ぶ至高のリーダー論

    「全米最高の教授」サム・ポトリッキオが説く勝ち残るリーダーになるための処方箋

    2019年6月18日号  6/11発売

    人気ランキング

    • 1

      未婚男性の「不幸」感が突出して高い日本社会

    • 2

      厳罰に処せられる「ISISの外国人妻」たち

    • 3

      自撮りヌードでイランを挑発するキム・カーダシアン

    • 4

      「ゴースト」「ドイツの椅子」......ISISが好んだ7種…

    • 5

      ISIS戦闘員を虐殺する「死の天使」

    • 6

      アメリカは「いざとなれば瞬時にイランを破壊できる」

    • 7

      ファーウェイ、一夜にして独自OS:グーグルは米政府…

    • 8

      北朝鮮の若者が美貌の「文在寅の政敵」に夢中になっ…

    • 9

      タピオカミルクティー飲み過ぎで病院!? 中国の14…

    • 10

      【南シナ海】中国船による「当て逃げ」にフィリピン…

    • 1

      タピオカミルクティー飲み過ぎで病院!? 中国の14歳少女に起こった一大事

    • 2

      ファーウェイ、一夜にして独自OS:グーグルは米政府に包囲網解除を要求か

    • 3

      サーモンを愛する「寿司男」から1.7mのサナダムシ発見

    • 4

      香港大規模デモ、問題の「引き渡し条例」とは何か?

    • 5

      厳罰に処せられる「ISISの外国人妻」たち

    • 6

      未婚男性の「不幸」感が突出して高い日本社会

    • 7

      自殺に失敗し顔を失った少女の願い――「何が起きても…

    • 8

      「ゴースト」「ドイツの椅子」......ISISが好んだ7種…

    • 9

      日本の女性を息苦しさから救った米国人料理家、日本…

    • 10

      貧しい人ほど「割増金」を払い、中・上流は「無料特…

    • 1

      サーモンを愛する「寿司男」から1.7mのサナダムシ発見

    • 2

      台湾のビキニ・ハイカー、山で凍死

    • 3

      マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

    • 4

      現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

    • 5

      プラスチック製「人工子宮」でヒツジの赤ちゃんが正…

    • 6

      タピオカミルクティー飲み過ぎで病院!? 中国の14…

    • 7

      貧しい人ほど「割増金」を払い、中・上流は「無料特…

    • 8

      トランプ、エリザベス女王にまたマナー違反!

    • 9

      脳腫瘍と思って頭を開けたらサナダムシだった!

    • 10

      アメリカの衛星が捉えた金正恩「深刻な事態」の証拠…

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

    【写真特集】「差別なき」南アフリカの差別的な現実