ゴミ問題

ゴミが溢れかえるエベレスト、ついに中国側ベースキャンプへの一般客の立入規制始まる

2019年2月28日(木)16時50分
内村コースケ

    山岳民族の暮らしと共にあるバーミヤンの山岳地帯=2001年、アフガニスタンにて(内村コースケ撮影)

    <エベレストのごみ問題に対処するため、チベット側を管轄する中国当局が、入山許可証を持たない一般観光客のベースキャンプへの立入規制を始めた。近年はエベレスト登山・観光の人気の高まりにより、大量のごみがエレベスト周辺に増え続け、深刻な環境問題となっている。一般的な不燃ごみのほか、登山者が遺棄した登山道具、彼らの糞便、さらには山頂付近で命を落とした者の遺体までもが、冷凍保存状態で山積しているのだ。ついに、「人」というごみの出どころそのものを規制する所まで、事態は深刻化している>

    本誌紹介

    特集:ルポ  武漢研究所のウソ

    本誌 最新号

    特集:ルポ 武漢研究所のウソ

    新型コロナウイルスの発生源と疑われる中国の研究機関は危険な感染実験を繰り返していた

    2021年6月22日号  6/15発売

    人気ランキング

    • 1

      病院がICUを放棄? 無人の部屋に死体のみ、訪ねた親族が発見 インド

    • 2

      ノーベル賞を受賞した科学者の私が、人生で後悔していること

    • 3

      将来の理数系能力を左右する「幼児期に習得させたい」5つのスキル

    • 4

      4000回の腕立て伏せを毎日、1年間続けた男...何を目…

    • 5

      SNSで売られるインドのコロナ孤児たち 児童売買・性…

    • 6

      EVシフトの盲点とは? トヨタが「水素車」に固執す…

    • 7

      中国が1000人逮捕、仮想通貨マネロンの「協力者が後…

    • 8

      インドのコロナ地獄を招いた張本人モディの、償われ…

    • 9

      歴史に置き去られた世界の廃墟たち...不気味で美しき…

    • 10

      イギリスがデルタ株の感染再燃で正常化先送りなのに…

    • 1

      4000回の腕立て伏せを毎日、1年間続けた男...何を目指し、どうなったのか

    • 2

      国際交流で日本にきた中国人200人に「裏切り者」のレッテル

    • 3

      デーブ・スペクター「日本は不思議なことに、オウンゴールで五輪に失敗した」

    • 4

      EVシフトの盲点とは? トヨタが「水素車」に固執す…

    • 5

      将来の理数系能力を左右する「幼児期に習得させたい…

    • 6

      ノーベル賞を受賞した科学者の私が、人生で後悔して…

    • 7

      病院がICUを放棄? 無人の部屋に死体のみ、訪ねた親…

    • 8

      水深6000メートル超の超深海帯で死肉をたいらげる新…

    • 9

      アジアゾウの群れが大都市の目前に、警察など400人が…

    • 10

      山口香JOC理事「今回の五輪は危険でアンフェア(不公…

    • 1

      4000回の腕立て伏せを毎日、1年間続けた男...何を目指し、どうなったのか

    • 2

      脳が騙される! 白黒の映像が、目の錯覚でフルカラーに見える不思議な体験

    • 3

      国際交流で日本にきた中国人200人に「裏切り者」のレッテル

    • 4

      デーブ・スペクター「日本は不思議なことに、オウン…

    • 5

      ホテルで24時間監視、食事はカップ麺の「おもてなし」…

    • 6

      東京オリンピックの前向きな中止を考えよ

    • 7

      武漢研究所は長年、危険なコロナウイルスの機能獲得…

    • 8

      閲覧ご注意:ネズミの波がオーストラリアの農地や町…

    • 9

      【ファクトチェック】肛門PCR検査は中国で義務付けら…

    • 10

      ファイザーのワクチンで激しい副反応を経験した看護…

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

    【写真特集】ゲイの夫夫が手にした父権の肖像