Newsweek

世論調査

アメリカ人が最近嫌いなのは中国とサウジ 日本は好感度で3番目

2019年3月12日(火)16時20分
ジェイソン・レモン

    アメリカ人の好感度が急落しているサウジアラビアのムハンマド皇太子(左)と中国の習近平国家主席(2016年8月16日)

    <悪化の一途をたどる貿易戦争や人権抑圧が影響。中国はそれに加えて脅威>

    アメリカ人が中国とサウジアラビアに対して抱く好感度が、この1年で大幅に下落したことが分かった。ドナルド・トランプ米大統領はこの間に中国との貿易摩擦を激化させる一方、深刻な人権侵害が明らかになったサウジアラビアを擁護してきた。

    調査会社ギャラップが3月11日に発表した世論調査結果は、サウジアラビアと中国に対する総合的な好感度がいずれもこの1年で12ポイント下落したことを示している。もっとも、サウジアラビアに比べればまだ中国の好感度の方が高い。回答者のうち中国については好感を抱いていると答えた者が41%だったのに対し、サウジアラビアはわずか29%だった。

    サウジアラビアに対する好感度は、2002年に記録した史上最低の27%に近い水準まで落ち込んでいると報告書は指摘している。この27%という記録は、前年の2001年9月11日に起きた同時テロの首謀者ウサマ・ビンラディンと、計画を実行したハイジャック犯15人が、いずれもサウジアラビア人だったことを受けたもの。これとほぼ同レベルというのだから尋常ではない。

    中国は貿易面でも安全保障面でも「脅威」

    報告書はまた、トランプの中国に対する強硬姿勢にもかかわらず、2017年と2018年、アメリカ人が中国に抱く好感度は高まっていたと指摘する。だが今ではそれが急落。今後10年ほどで米中間の覇権争いが激化するだろうと恐れ、中国をアメリカの国益に対する「重大な脅威」と見なすアメリカ人が増えているのだ。

    中国とアメリカは依然、数千億ドル相当の輸出入品が絡む巨額の貿易戦争の渦中にある。2018年夏、トランプは中国からの輸入品に追加関税を課し、中国も同様の対抗措置を取った。この貿易戦争は米中両国の経済に大きな損失をもたらしており、両国の交渉担当者が解決に向けた取り組みを行ってはいるものの、いまだ緊張状態は続いているし重い関税も解除されていない。こうしたなか、米諜報機関やアナリストから、アメリカにとって中国の安全保障上のリスクが高まっているという主張も増えている。

    サウジアラビアについては、2018年10月にアメリカ在住のサウジアラビア人ジャーナリスト、ジャマル・カショギがトルコのサウジアラビア領事館で殺害されるという陰惨な事件があったにもかかわらず、トランプは同国を「素晴らしい同盟国」だと称賛している。サウジアラビアが反体制派の取り締まりを強化していることも見て見ぬふりだ。

    注目のキーワード

    注目のキーワード

    ニューストピックス

    本誌紹介

    特集:上級国民論

    本誌 最新号

    特集:上級国民論

    特権階級が不当に罪を逃れている── 日本を席巻する疑念と怒りの正体

    2020年2月25日号  2/18発売

    人気ランキング

    • 1

      文在寅を見限った金正恩......「新型コロナ」でも問答無用

    • 2

      韓国にパンブーム到来、ソウルの「日本のパン屋」に突撃取材した

    • 3

      スキー・スノボに行かなくなった(行けなくなった)若者たち

    • 4

      「マスクは今週1億枚を供給、来月には月産6億枚体制へ…

    • 5

      「ホライモリは悲しんだ」......7年間、同じ場所で動…

    • 6

      新型コロナウイルス、急拡大の背景に排泄物を介した…

    • 7

      クルーズ船対応に見る日本の組織の問題点──権限とス…

    • 8

      殺害した女性の「脳みそどんぶり」を食べた男を逮捕

    • 9

      感染者2200万人・死者1万人以上 アメリカ、爆発的「イ…

    • 10

      韓国激震、新型コロナウイルスで初の死者 感染急増1…

    • 1

      夜間に発電できる「反ソーラーパネル」が考案される

    • 2

      文在寅を見限った金正恩......「新型コロナ」でも問答無用

    • 3

      ロイヤルウェディングの招待状がほのめかしていたメーガン妃の離婚歴

    • 4

      殺害した女性の「脳みそどんぶり」を食べた男を逮捕

    • 5

      スキー・スノボに行かなくなった(行けなくなった)…

    • 6

      新型コロナウイルスはコウモリ由来? だとしても、…

    • 7

      感染者2200万人・死者1万人以上 アメリカ、爆発的「イ…

    • 8

      韓国、キャッシュレス完了した国が進める「コインレ…

    • 9

      新型コロナウイルス、人口2.6億のインドネシアで感染…

    • 10

      クルーズ船内「悲惨な状態」 神戸大・岩田健太郎教授、…

    • 1

      「歯肉から毛が生えた」という女性の症例が世界で初めて報告される

    • 2

      一党支配揺るがすか? 「武漢市長の会見」に中国庶民の怒り沸騰

    • 3

      ヒヒにさらわれ子どもにされた子ライオンの悲劇

    • 4

      マスク姿のアジア人女性がニューヨークで暴行受ける

    • 5

      新型コロナウイルスはコウモリ由来? だとしても、…

    • 6

      夜間に発電できる「反ソーラーパネル」が考案される

    • 7

      韓国で強まる、日本の放射能汚染への懸念

    • 8

      「武漢はこの世の終末」 チャーター機乗れなかった米…

    • 9

      BTSと共演した韓国人気子役がYouTubeで炎上 虐待さ…

    • 10

      「拷問死したアメリカ人学生」がはばむ文在寅の五輪…

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

    【写真特集】シリコンバレー、格差社会の日常