Newsweek

イスラム国

イスラム国は地下に潜っただけ、幹部も健在 

2019年3月25日(月)16時58分
ハリエット・シンクレア

    クルド人勢力に降伏するISの戦闘員と女たち(3月14日、シリアのバグズ) Issam Abdallah-REUTERS

    <ISのシリアにおける最後の拠点バグズは制圧したものの、幹部や戦闘員は今も地下に潜伏しており、軍事的圧力をかけ続けなければ復活する恐れがある>

    シリアで米軍が支援するクルド人主体の反政府勢力「シリア民主軍(SDF)」は3月23日、テロ組織IS(自称イスラム国)の最後の拠点だったシリア東部バグズを完全制圧したとして、「勝利宣言」した。

    10週間以上に及ぶ激しい奪還作戦の末、ISの支配地域を消滅させたと、SDFの報道官は言った。

    「SDFはISの完全な排除と100%のISIS領土の敗北を宣言する。(掃討作戦で犠牲になった)数千人の殉教者を追悼する。彼らの努力がこの勝利を可能にした。#SDFDはISISを撃破した」と、ムスタファ・バリ報道官は3月23日にツイートした。

    SDFの勝利宣言に先立つ3月22日、ドナルド・トランプ米大統領は報道陣の前でシリアの地図を示しながら、ISIS支配地域を完全に制圧したと発表。同日、ホワイトハウスも勝利宣言した。

    その日、トランプはこうツイートした。「ISISはほかの誰よりもインターネットを巧みに利用する。だがISISのプロパガンダを信奉するすべての若者が今、散々な目に遭っている。ISISについて褒められることなど皆無だ。奴らは今後も言葉巧みに勧誘しようとするだろうが、しょせん負け犬で、虫の息だ。君たちはよく考えろ、自分や家族の人生を台無しにする前に」

    まだ残る火種

    遂に最後の拠点を制圧したとはいえ、ISの脅威がなくなるには程遠いという見解を、SDFのキノ・ガブリエル報道官は示した。

    「この勝利はわれわれだけでなく、世界全体にとっても大きな節目だ」と、ガブリエルは米紙ニューヨーク・タイムズに語った。「しかしISはまだ終わっていない。確かに地上にいる戦闘員は掃討されたが、(地下に潜伏する)ISの脅威は世界各地に残ったままだ」

    ISの最高指導者、アブ・バクル・アル・バグダディを含むISの主要幹部は、今も行方が分かっていない。

    SDFと同様、中東を管轄する米中央軍のジョセフ・ボテル司令官も2月に米CNNのインタビューで、ISとの闘いは終結には程遠いと警告した。

    「(ISISには)今も指導者や戦闘員、工作員、支援者がいる。そのネットワークを封じ込めるには、今後も軍事的圧力をかけ続ける必要がある」

    トランプは昨年12月、ISISに勝利したとしてシリアから米軍を全面撤退させると表明。だが米国防総省が2月4日に発表した報告書は、米軍が撤退すればISは12カ月以内に復活し、支配地域を奪還する恐れがあると指摘した。国内外からの反対を受けたホワイトハウスは2月21日に方針を転換させ、米軍約200人の駐留を継続すると明らかにした。

    (翻訳:河原里香)

    注目のキーワード

    注目のキーワード

    ニューストピックス

    本誌紹介

    特集:AI vs. 癌

    本誌 最新号

    特集:AI vs. 癌

    ゲノム解析と人工知能で最適な治療薬を発見する究極の癌治療が人類を「最後の敵」から救う日

    2019年10月22日号  10/16発売

    人気ランキング

    • 1

      韓国は、日本の対韓感情が大きく悪化したことをわかっていない

    • 2

      中国の探査機が月に持ち込んだ植物の種、ハエの卵......で起きていたこと

    • 3

      ヘイトに立ち向かったK-POPアイドル、ソルリ追悼写真集

    • 4

      ラグビーW杯で考えさせられる、日本の「おもてなし力」

    • 5

      日本と韓国の危険なゲームが世界経済を殺す

    • 6

      韓国で長引く日本製品不買運動、韓国企業への影響が…

    • 7

      韓国・文在寅の賃上げ政策が招いたこと──映画館からス…

    • 8

      トルコの侵攻を黙認する見返りに、米国、ロシア、シ…

    • 9

      消費税ポイント還元の公式アプリが「使えない」理由

    • 10

      イランで逮捕された「ゾンビ女」の素顔

    • 1

      韓国は、日本の対韓感情が大きく悪化したことをわかっていない

    • 2

      全米最悪93人の連続殺人犯が「驚異的」な記憶力で描いた被害者の肖像

    • 3

      イランで逮捕された「ゾンビ女」の素顔

    • 4

      ヘイトに立ち向かったK-POPアイドル、ソルリ追悼写真集

    • 5

      韓国・文在寅の賃上げ政策が招いたこと──映画館からス…

    • 6

      中国の探査機が月に持ち込んだ植物の種、ハエの卵...…

    • 7

      日本に巣食う「嫌韓」の正体

    • 8

      日本が「生産性が低すぎる国」になった五輪イヤー 衰…

    • 9

      「OK」のサインは白人至上主義のシンボルになったの…

    • 10

      ラグビー日本代表「多様性ジャパン」は分断と対立を…

    • 1

      韓国で長引く日本製品不買運動、韓国企業への影響が徐々に明らかに

    • 2

      写真撮影で「怪しいOKサイン」を出したテーマパークのスタッフが解雇

    • 3

      イランで逮捕された「ゾンビ女」の素顔

    • 4

      「OK」のサインは白人至上主義のシンボルになったの…

    • 5

      韓国は、日本の対韓感情が大きく悪化したことをわか…

    • 6

      繁殖を止めるために遺伝子組み換えされた蚊、自然界…

    • 7

      「独島が韓国の領土であるとの証拠は何もない」韓国…

    • 8

      米韓関係の険悪化も日本のせい⁉ 文在寅がまた不安な…

    • 9

      コモドドラゴンの体内に「鎧(よろい)」があること…

    • 10

      サウジ原油施設攻撃で世界は変わる

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

    【写真特集】豪華クルーズ船はますます好調