Newsweek

不法移民

メキシコ国境に押し寄せる不法移民最多で米国境警備の危機

2019年3月6日(水)16時50分
ベンジャミン・フィアナウ

    ホンジュラスからメキシコとアメリカの国境近くまでやってきた移民。数千人のキャラバンに属している(2019年1月15日) Mohammed Salem-REUTERS

    <トランプが壁建設を主張し始めてから、皮肉なことにメキシコ国境を超えてくる不法移民が急増。家族や一人きりの子どもが増えて人道の危機に>

    米国境警備当局は3月5日、メキシコとの国境を超えてアメリカに入国した不法移民の数は、2月だけで7万6000人以上に達した、と発表した。

    2月に国境を超えた不法移民の数は、前年同月の2倍以上。「メキシコ国境に壁を作る」が公約のドナルド・トランプが米大統領に就任して以来、最多となった。

    トランプは、国家非常事態宣言を発令し、大統領権限で壁の建設資金を確保しようとしている。米上院は非常事態宣言を無効にする見通しだというが、それでもトランプは拒否権を行使する意向だ。トランプによれば、国境では今、アメリカの存亡に関わる危機が起きているので、どうしても壁が必要なのだ。

    危機は危機かもしれない。だがアメリカの存亡に関わるというよりは、人道の危機だ。

    米税関・国境警備局(CBP)のケビン・マカリーナン局長と、国境警備隊のブライアン・ヘイスティングスは3月5日、不法移民に関する記者会見を開き、国境を超えた移民の数はここ5カ月で4度、最多記録を更新したと述べた。マカリーナンは、国境警備および税関当局の体制は「限界点」に達していると述べた。

    家族と子供とグループ

    CBPによると、メキシコとの国境で身柄を拘束された不法移民のうち60%は、家族(FMUA)と、同伴者のいない未成年者(UAC)が占めている。つい1年前までは単独の男性ばかりだったのと様変わりだ。

    CBPおよび国境警備隊によると、不法移民たちはニューメキシコ、テキサス、アリゾナ各州の人里離れた場所を狙い、数十人、場合によっては数百人単位で越境を試みるという。

    国境警備当局も、厳しい制限や越境可能地の削減などで対抗しているものの、国境へと押し寄せる不法移民の波を押しとどめることができない。それどころか越境を試みるグループは大規模になる一方。100人以上のグループは、3年前はたった2つだったのに、昨年は70以上に達した。また「家族単位の外国人」が「記録的な数で越境している」とCBPは指摘、身柄を拘束した家族の数は、前年から300%増加したと述べている。

    マカリーナンは、「現状は国境警備の処理能力をとうに超えており、限界点でなんとか持ちこたえている」と窮状を訴えた。宿泊施設や医療施設、移動手段など何もかもが足りないというのだ。「これは明らかに、国境警備および人道的な観点からの危機と言える」

    マカリーナンによれば、新たな移民希望者の90%以上はグアテマラ出身、その他がホンジュラスやエルサルバドル出身で(かつては大半がメキシコ人)、アメリカの手前のメキシコを速やかに通過するため、徒歩ではなくバスなどの移動手段を用いてくるケースが増えている。以前ならアメリカ国境にたどり着くまでに数週間を要していた中米からの移民希望者が、今は数日でメキシコを通過するケースも増えているとマカリーナンは指摘した。

    注目のキーワード

    注目のキーワード

    ニューストピックス

    本誌紹介

    特集:日本人が知るべきMMT

    本誌 最新号

    特集:日本人が知るべきMMT

    アメリカの政治家が声高に主張する現代貨幣理論(MMT)は経済学の「未来の定説」になり得るのか

    2019年7月23日号  7/17発売

    人気ランキング

    • 1

      子宮内共食いなど「サメの共食い」恐怖の実態

    • 2

      巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

    • 3

      シャチがホホジロザメを餌にし始めた

    • 4

      家畜のブタが人食いブタに豹変──ロシア

    • 5

      全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

    • 6

      マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

    • 7

      中国にいたパンダに石を投げる愚か者(再生1億回)

    • 8

      苦境・韓国の中国離れはトランプに大朗報

    • 9

      韓国・文在寅大統領「対北朝鮮制裁違反という日本の…

    • 10

      異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

    • 1

      子宮内共食いなど「サメの共食い」恐怖の実態

    • 2

      輸出規制、韓国政府の無策を非難する韓国メディア

    • 3

      同性愛を公言、ヌードも披露 女子サッカー米代表のミーガン・ラピノー

    • 4

      日本の重要性を見失った韓国

    • 5

      国歌斉唱で胸に手を当てる、なでしこジャパンに違和感

    • 6

      異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

    • 7

      トランプ亜流にも劣る、韓国への素材輸出規制

    • 8

      4万年前の線虫も......氷河や永久凍土に埋もれてい…

    • 9

      韓国より低い日本の最低賃金 時給1000円払えない企…

    • 10

      巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

    • 1

      世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に喜んではいけない

    • 2

      自撮りヌードでイランを挑発するキム・カーダシアン

    • 3

      若年層の頭蓋骨にツノ状の隆起ができていた......その理由は?

    • 4

      異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

    • 5

      日本の重要性を見失った韓国

    • 6

      マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

    • 7

      2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

    • 8

      テスラの半自動運転システムで居眠りしたまま高速を5…

    • 9

      地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

    • 10

      全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

    【写真特集】停電が続くガザの果てしない暗闇