Newsweek

不法移民

メキシコ国境に押し寄せる不法移民最多で米国境警備の危機

2019年3月6日(水)16時50分
ベンジャミン・フィアナウ

    ホンジュラスからメキシコとアメリカの国境近くまでやってきた移民。数千人のキャラバンに属している(2019年1月15日) Mohammed Salem-REUTERS

    <トランプが壁建設を主張し始めてから、皮肉なことにメキシコ国境を超えてくる不法移民が急増。家族や一人きりの子どもが増えて人道の危機に>

    米国境警備当局は3月5日、メキシコとの国境を超えてアメリカに入国した不法移民の数は、2月だけで7万6000人以上に達した、と発表した。

    2月に国境を超えた不法移民の数は、前年同月の2倍以上。「メキシコ国境に壁を作る」が公約のドナルド・トランプが米大統領に就任して以来、最多となった。

    トランプは、国家非常事態宣言を発令し、大統領権限で壁の建設資金を確保しようとしている。米上院は非常事態宣言を無効にする見通しだというが、それでもトランプは拒否権を行使する意向だ。トランプによれば、国境では今、アメリカの存亡に関わる危機が起きているので、どうしても壁が必要なのだ。

    危機は危機かもしれない。だがアメリカの存亡に関わるというよりは、人道の危機だ。

    米税関・国境警備局(CBP)のケビン・マカリーナン局長と、国境警備隊のブライアン・ヘイスティングスは3月5日、不法移民に関する記者会見を開き、国境を超えた移民の数はここ5カ月で4度、最多記録を更新したと述べた。マカリーナンは、国境警備および税関当局の体制は「限界点」に達していると述べた。

    家族と子供とグループ

    CBPによると、メキシコとの国境で身柄を拘束された不法移民のうち60%は、家族(FMUA)と、同伴者のいない未成年者(UAC)が占めている。つい1年前までは単独の男性ばかりだったのと様変わりだ。

    CBPおよび国境警備隊によると、不法移民たちはニューメキシコ、テキサス、アリゾナ各州の人里離れた場所を狙い、数十人、場合によっては数百人単位で越境を試みるという。

    国境警備当局も、厳しい制限や越境可能地の削減などで対抗しているものの、国境へと押し寄せる不法移民の波を押しとどめることができない。それどころか越境を試みるグループは大規模になる一方。100人以上のグループは、3年前はたった2つだったのに、昨年は70以上に達した。また「家族単位の外国人」が「記録的な数で越境している」とCBPは指摘、身柄を拘束した家族の数は、前年から300%増加したと述べている。

    マカリーナンは、「現状は国境警備の処理能力をとうに超えており、限界点でなんとか持ちこたえている」と窮状を訴えた。宿泊施設や医療施設、移動手段など何もかもが足りないというのだ。「これは明らかに、国境警備および人道的な観点からの危機と言える」

    マカリーナンによれば、新たな移民希望者の90%以上はグアテマラ出身、その他がホンジュラスやエルサルバドル出身で(かつては大半がメキシコ人)、アメリカの手前のメキシコを速やかに通過するため、徒歩ではなくバスなどの移動手段を用いてくるケースが増えている。以前ならアメリカ国境にたどり着くまでに数週間を要していた中米からの移民希望者が、今は数日でメキシコを通過するケースも増えているとマカリーナンは指摘した。

    注目のキーワード

    注目のキーワード

    ニューストピックス

    本誌紹介

    特集:日本と韓国 悪いのはどちらか

    本誌 最新号

    特集:日本と韓国 悪いのはどちらか

    終わりなき争いを続ける日本と韓国── 泥沼の関係に陥った本当の原因と「出口」を考える

    2019年9月24日号  9/18発売

    人気ランキング

    • 1

      サウジ原油施設攻撃で世界は変わる

    • 2

      韓国航空会社の受難......ウォン安、原油高騰に「ボイコットジャパン」が追い打ち

    • 3

      嘘つき大統領に「汚れ役」首相──中国にも嫌われる韓国

    • 4

      【韓国政治データ】文在寅大統領の職業別支持率(201…

    • 5

      香港対応に見る習近平政権のだらしなさ

    • 6

      韓国のインスタントラーメン消費は世界一、その日本…

    • 7

      文在寅が「タマネギ男」の検察改革に固執する理由

    • 8

      文在寅「超側近」チョ・グクの疑惑がここまで韓国人…

    • 9

      タブーを超えて調査......英国での「極端な近親交配…

    • 10

      「Be Careful to Passage Trains」日本の駅で見つけ…

    • 1

      タブーを超えて調査......英国での「極端な近親交配」の実態が明らかに

    • 2

      消費税ポイント還元の追い風の中、沈没へ向かうキャッシュレス「護送船団」

    • 3

      【韓国政治データ】文在寅大統領の職業別支持率(2019年9月)

    • 4

      韓国のインスタントラーメン消費は世界一、その日本…

    • 5

      サウジ原油施設攻撃で世界は変わる

    • 6

      韓国航空会社の受難......ウォン安、原油高騰に「ボ…

    • 7

      嘘つき大統領に「汚れ役」首相──中国にも嫌われる韓国

    • 8

      「日本はもはや後進国であると認める勇気を持とう」…

    • 9

      思い出として死者のタトゥーを残しませんか

    • 10

      9.11救助犬の英雄たちを忘れない

    • 1

      嘘つき大統領に「汚れ役」首相──中国にも嫌われる韓国

    • 2

      日本はもはや後進国であると認める勇気を持とう

    • 3

      ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいついで感染

    • 4

      ヒマラヤ山脈の湖で見つかった何百体もの人骨、謎さ…

    • 5

      2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

    • 6

      「TWICEサナに手を出すな!」 日本人排斥が押し寄せる…

    • 7

      「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

    • 8

      韓国で脱北者母子が餓死、文在寅政権に厳しい批判が

    • 9

      「この国は嘘つきの天国」韓国ベストセラー本の刺激…

    • 10

      女性のお腹で次第に成長するしこりは、双子の片割れ…

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

    【写真特集】モノクロのカリフォルニアに未来を映して