Newsweek

シリア

婚約者を呼び寄せられず、ドイツからシリアに戻った若者の悲劇

2019年3月11日(月)16時50分
アンチャル・ボーラ(ジャーナリスト)

    アサド大統領のポスターとその下に座り込む男性(昨年6月) OMAR SANADIKI-REUTERS

    <ドイツやレバノンなど難民の受け入れ国は帰国を推進するが、現地では帰還者への拷問や虐待が急増している>

    シリア内戦が終わりに近づき、空爆の恐怖が沈静化するにつれて、シリア難民の受け入れ国では帰国を促す動きが活発化している。だが帰国した難民を待っているのは、母国を脱出する前と変わらない迫害の日々だ。何人かは悪名高い刑務所に収容され、そのまま行方不明になった。

    フォーリン・ポリシー誌は、シリア帰国後に行方不明となった2人の難民の親族に話を聞いた。支援団体によれば、同様の事例は多数ある。何人かは強引に徴兵され、政府軍に入隊した。

    シリアは今も以前と同じ警察国家だ。同じ政権、同じ治安機関が数千人の政治犯の拘束を続けている。しかし、レバノンやドイツを含む難民の受け入れ国では、難民の帰国政策を求める政治的圧力が強まっている。

    国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)は、強制送還は国際法違反の可能性が高いと各国に警告した。だが受け入れ国の政府は事実上、帰国政策推進の姿勢を変えておらず、難民と支援者は危機感を強めている。

    ドイツに避難していたアッサールという若者は、官僚機構の壁に阻まれてシリアにいる婚約者を呼び寄せることができず、やむを得ず帰国することにした。ドイツ政府が提供する1200ユーロ(約15万円)の支度金と、ドイツ国内で高まる反難民感情も、帰国の決断を後押しした。

    ダマスカスに戻って2週間後、アッサールは情報機関の呼び出しを受けた。家族との電話ですぐ帰ると伝えたが、その後消息不明に。両親が仲介者に金を払って調べてもらったところ、拘束されていることが分かった。

    今もドイツにいるアッサールのいとこは、こう語った。「彼は何度も(婚約者を)呼び寄せようとしたが、かなわなかった。アッサールは寂しがり、精神的疲労と気分の落ち込みに悩むようになった。それが帰国の最大の理由だ」

    アサド政権側の標的に

    ドイツ政府は支度金を含む難民の帰国支援に、約4000万ユーロ(約50億円)の予算を組んでいる。表向きは既に帰国を決めた難民の経済的負担の軽減が目的だが、危険な帰国を難民に選択させる要因になっているという批判もある。

    アッサールとよく似た事情でドイツを離れたヤシムも、やはり行方不明になった。今もドイツにとどまるいとこのモハンマドによれば、ヤシムは妻を呼び寄せるために必要な書類を用意できなかった。ダマスカス南部のヤルムークにあるパレスチナ難民キャンプで暮らしていたとき、政府軍と反政府勢力の戦闘で全ての書類が失われたためだ。

    「彼はドイツを出国後、レバノン・シリア国境付近で拘束された。その後のことは何も分からない」と、モハンマドは言った。

    注目のキーワード

    注目のキーワード

    ニューストピックス

    本誌紹介

    特集:検証  日本モデル

    本誌 最新号

    特集:検証 日本モデル

    日本のやり方は正しかったのか? 感染対策の効果を感染症専門家と考える

    2020年6月 9日号  6/ 2発売

    人気ランキング

    • 1

      西浦×國井 対談「日本のコロナ対策は過剰だったのか」

    • 2

      韓国総選挙にデジタル不正疑惑か? 中国から開票機を操作した可能性

    • 3

      レストランで騒ぐ息子が店員に叱られた話、FBに投稿したら炎上した... なぜ?

    • 4

      警官と市民の間に根深い不信が横たわるアメリカ社会…

    • 5

      「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がア…

    • 6

      新型コロナウイルスをめぐる各国の最新状況まとめ(1…

    • 7

      ブラジル、食肉施設で約2400人が新型コロナ感染 南部…

    • 8

      中国請負の高速鉄道建設が工期遅延に予算超過 イン…

    • 9

      東京都「東京アラート」発動、レインボーブリッジ赤く…

    • 10

      新型コロナウイルスをめぐる各国の最新状況まとめ(2…

    • 1

      ロンドンより東京の方が、新型コロナ拡大の条件は揃っているはずだった

    • 2

      「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

    • 3

      レストランで騒ぐ息子が店員に叱られた話、FBに投稿したら炎上した... なぜ?

    • 4

      ギター人気復活を導く「スーパークール」な和製ギター

    • 5

      新型コロナの死亡率はなぜか人種により異なっている

    • 6

      「NO JAPAN」に揺れた韓国へ「股」をかけて活躍した日…

    • 7

      韓国総選挙にデジタル不正疑惑か? 中国から開票機…

    • 8

      ブラジルのコロナ無策は高齢者減らしのため?

    • 9

      「イギリスが香港のために立ち上がらないことこそ危…

    • 10

      北朝鮮の民間経済を圧迫する独裁者の国債

    • 1

      「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

    • 2

      金正恩「死んだふり」の裏で進んでいた秘密作戦

    • 3

      気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言したウイルス映画が語ること

    • 4

      スズメバチが生きたままカマキリに食べられる動画が…

    • 5

      過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 …

    • 6

      日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

    • 7

      コロナ禍で露呈した「意識低い系」日本人

    • 8

      コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

    • 9

      ロックダウンは必要なかった? 「外出禁止は感染抑…

    • 10

      優等生シンガポールの感染者数が「東南アジア最悪」…

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

    【写真特集】金融エリートたちの意外と普通な苦悩