Newsweek

シリア

婚約者を呼び寄せられず、ドイツからシリアに戻った若者の悲劇

2019年3月11日(月)16時50分
アンチャル・ボーラ(ジャーナリスト)

    mag190311deadly-2.jpg

    ベルリンで開かれた就職フェアで笑顔を見せるシリア難民 SEAN GALLUP/GETTY IMAGES

    この件でドイツ政府の不法行為を非難する者はいない。アッサールもヤシムも自主的に帰国したのだ。しかし、2015年にアンゲラ・メルケル首相が打ち出した大胆な難民受け入れ策への世論の反発が政府に政策転換を迫り、シリア難民を危険な状況に追い込んでいるのも事実だ。

    シリア内戦の開始以来、少なくとも数千人が刑務所に送られたまま所在不明になっている。特に帰還難民は、当局の標的になりやすい。一部には国を出る前に抗議行動に参加した過去があったり、当局から反政府勢力の一員と疑われている人々もいるからだ。さらにアサド政権側は、祖国を捨てたこと自体を問題視する姿勢を示唆している。

    ドイツの難民支援団体プロ・アジールのベリンダ・バルトルーチは、家族の呼び寄せを制限する政府の決定は難民を自暴自棄な行動に走らせる恐れがあると指摘する。例えば戦争と拷問から逃れてきた人々が、「迫害や殺害、非人間的生活」が待つ祖国に戻ることもその1つだ。

    ドイツ政府は国際法に違反していないが、倫理的な問題は残ると、バルトルーチは言う。

    イギリスに本拠を置くNGO「シリアのパレスチナ人アクショングループ」のアフマド・ホサインは、特にシリアのキャンプにいたパレスチナ難民がシリアに帰国するケースを追跡調査している(アッサールとヤシムもパレスチナ人)。

    昨年12月、家族の呼び寄せを受け入れ国に拒否され、ヨーロッパからシリアに戻った数人のパレスチナ難民が政府軍に逮捕されたと、ホサインは言う。「現在の状況や所在は不明だ」

    今も続く拷問と不法拘束

    ホサインによれば、レバノンからも少なくとも3人がシリアに戻り、行方不明になった。レバノン政府は、昨年1年間に約11万人のシリア人が自主的に帰国したと主張している(UNHCRの集計では約1万7000人)。

    レバノンの支援団体「サワー開発・支援」のエレナ・ホッジスは、政府の数字は全くの誇張であり、自主的な帰国かどうかも疑わしいと言う。「現地では『自主的』と『強制』の間の線引きが議論になっている」

    100万人以上のシリア難民にとって、レバノンは内戦初期から滞在が困難な国だった。就職に制限があり、居住許可の取得も難しい。多くの難民が借金や食料不足に苦しんでいる。

    レバノンにいるシリア人の大半は、まだ帰国するのは不安だと言う。それでもレバノンでは暮らしていけないので、戻るしかないと話す難民もいる。

    「人種、宗教、国籍もしくは特定の社会的集団の構成員であること、または政治的意見を理由に、生命や自由が脅威にさらされる恐れのある」難民を強制帰国させてはならないと、国連の「難民の地位に関する条約(難民条約)」は明確に述べている。

    注目のキーワード

    注目のキーワード

    ニューストピックス

    本誌紹介

    特集:台湾の力量

    本誌 最新号

    特集:台湾の力量

    コロナ対策で世界に存在感を示し、中国相手に孤軍奮闘する原動力を探る

    2020年7月21日号  7/14発売

    人気ランキング

    • 1

      東京都、新型コロナウイルス新規感染206人 4日連続200人台、検査数に加え陽性率も高まる

    • 2

      新型コロナの起源は7年前の中国雲南省の銅山か、武漢研究所が保管

    • 3

      世界へ広がる中国の鉱物資源買収 オーストラリア・カナダ両国が「待った」

    • 4

      24歳年上の富豪と結婚してメラニアが得たものと失っ…

    • 5

      中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊は…

    • 6

      GoToキャンペーン「感染防止に注意し活用を」菅官房長…

    • 7

      抗体なくてもT細胞が新型コロナウイルス退治? 免…

    • 8

      なぜテレワークは日本で普及しなかったのか?──経済、…

    • 9

      中国・長江流域、豪雨で氾濫警報 三峡ダムは警戒水位3…

    • 10

      「自粛要請」で外出を控えた日本人は世界に冠たる不…

    • 1

      「金正恩敗訴」で韓国の損害賠償攻勢が始まる?

    • 2

      中国・長江流域、豪雨で氾濫警報 三峡ダムは警戒水位3.5m超える

    • 3

      科学者数百人「新型コロナは空気感染も」 WHOに対策求める

    • 4

      中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊は…

    • 5

      東京都、新型コロナウイルス新規感染206人 4日連続2…

    • 6

      生き残る自動車メーカーは4社だけ? 「ゴーン追放後…

    • 7

      24歳年上の富豪と結婚してメラニアが得たものと失っ…

    • 8

      中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

    • 9

      世界へ広がる中国の鉱物資源買収 オーストラリア・カ…

    • 10

      「香港国家安全法」に反対の立場を取ったトルドーに…

    • 1

      中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊はあり得るのか

    • 2

      「金正恩敗訴」で韓国の損害賠償攻勢が始まる?

    • 3

      国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」周庭の別れの言葉

    • 4

      中国・長江流域、豪雨で氾濫警報 三峡ダムは警戒水位3…

    • 5

      科学者数百人「新型コロナは空気感染も」 WHOに対策求…

    • 6

      世界最大の中国「三峡ダム」に決壊の脅威? 集中豪…

    • 7

      中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

    • 8

      孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようや…

    • 9

      東京都、新型コロナウイルス新規感染107人を確認 小…

    • 10

      ポスト安倍レースで石破氏に勢い 二階幹事長が支持…

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

    【写真特集】リアル過ぎる赤ちゃん人形が愛される理由