Newsweek

シリア

婚約者を呼び寄せられず、ドイツからシリアに戻った若者の悲劇

2019年3月11日(月)16時50分
アンチャル・ボーラ(ジャーナリスト)

    だが、自主的に帰国する難民に対する国の責任には触れていない。UNHCRはシリア難民が帰国を申請するたびにスタッフを派遣し、現地の治安状況を適切に助言すべきだと、支援団体は主張する。

    確かにシリアのバシャル・アサド大統領とその同盟国は、奪回した支配地域には激しい空爆を行っていない。だが、拷問や大量の不法拘束、超法規的な処刑行為で悪名高い政権側の治安機関は今も健在だ。

    難民の家族や支援団体の話によれば、帰国後に迫害を受けた人数は今のところ比較的少ない。彼らを守るための時間はまだある。だが有権者の圧力に弱い受け入れ国の政府は、難民を待つ危険に半ば目をつぶって帰国事業を進めているように見える。

    From Foreign Policy Magazine

    <2019年3月12日号掲載>

    ※3月12日号(3月5日発売)は「韓国ファクトチェック」特集。文政権は反日で支持率を上げている/韓国は日本経済に依存している/韓国軍は弱い/リベラル政権が終われば反日も終わる/韓国人は日本が嫌い......。日韓関係悪化に伴い議論が噴出しているが、日本人の韓国認識は実は間違いだらけ。事態の打開には、データに基づいた「ファクトチェック」がまずは必要だ――。木村 幹・神戸大学大学院国際協力研究科教授が寄稿。

    注目のキーワード

    注目のキーワード

    ニューストピックス

    本誌紹介

    特集:人生を変えた55冊

    本誌 最新号

    特集:人生を変えた55冊

    コロナ自粛の夏休みは読書で自分を高めるチャンス──世界と日本の著名人が教える「価値観を揺さぶられた本」

    2020年8月11日号  8/ 4発売

    人気ランキング

      • 1

        コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティー、警察も手出しできず

      • 2

        中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは......?

      • 3

        【独占】押谷仁教授が語る、PCR検査の有用性とリスクとの向き合い方

      • 4

        抗議デモに参加した17歳息子の足元に新品の靴 略奪…

      • 5

        アメリカが遂に日本政界の媚中派を名指し批判──二階…

      • 6

        南シナ海でやりたい放題の中国、ベトナムいじめが止…

      • 7

        K-POPも韓流ドラマも実は世界で売れていない? 韓国…

      • 8

        学生が大学を訴える──質落ちたオンライン授業に「学…

      • 9

        奇妙な北朝鮮「戦勝記念日」写真 金正恩の名を刻み…

      • 10

        再開は早過ぎた?クルーズ船でクラスター発生、寄港…

      • 1

        コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティー、警察も手出しできず

      • 2

        中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは......?

      • 3

        「金正恩敗訴」で韓国の損害賠償攻勢が始まる?

      • 4

        中国・長江流域、豪雨で氾濫警報 三峡ダムは警戒水位3…

      • 5

        中国から米国に「謎の種」が送りつけられている.....…

      • 6

        韓国、コロナショック下でなぜかレギンスが大ヒット …

      • 7

        宇宙観測史上、最も近くで撮影された「驚異の」太陽…

      • 8

        中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊は…

      • 9

        アメリカが遂に日本政界の媚中派を名指し批判──二階…

      • 10

        戦略性を失った習近平「四面楚歌」外交の末路

      もっと見る

      Picture Power

      レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

      【写真特集】幸せを探してスクールバスのわが家は走る