Newsweek

イギリス

ブレグジットでトイレの紙もなくなる⁈

2019年3月14日(木)17時15分
スティーブン・パドゥアノ(ジャーナリスト)

    ヘンリー王子の結婚式当日、会場近くに用意された簡易公衆トイレ Leon Neal/GETTY IMAGES

    <「合意なき離脱」で懸念される買い占めと物流混乱――輸入頼みのトイレットペーパー消費大国イギリスの憂鬱>

    EUから合意なき離脱をすれば食料不足の恐れがあると、イギリスのブレグジット担当相は警鐘を鳴らした。イングランド銀行(英中央銀行)は金融危機への懸念を表明し、アイルランド首相は英領北アイルランドとの国境で暴動が発生しかねないと懸念。混乱に備えて、英王室がロンドンから避難する計画も浮上している。

    だが、警告の数々は無視される一方だ。離脱強硬派のボリス・ジョンソン前英外相は今年1月、英紙テレグラフに寄稿したコラムで「警告が不穏であるほど、恐怖に陥れようという取り組みが組織的であるほどに、(離脱派は)耳を貸さず、決意を固めている」と息巻いた。

    とはいえ英製紙業界で新たにささやかれる噂が、ようやく事態の深刻度を気付かせることになりそうだ。複数の業界関係者によれば、合意なき離脱でイギリスではトイレットペーパーが足りなくなるかもしれない。

    弱り目にたたり目になりかねないトイレットペーパー不足は、EUがもたらす現実的問題と不確実性の象徴ともいえる。

    今のところ、リスボン条約50条が定めるとおり、イギリスは離脱通知から2年後となる3月29日にEUから脱退しなければならない。テリーザ・メイ英首相がEU側とまとめた離脱協定が英議会で承認されない限り、イギリスはその日、合意なき離脱を迎える。

    そうなれば、EU域内での自由で摩擦のない貿易に代わって、関税と税関検査が復活する。港湾は大渋滞し、管制システムの混乱で飛べない航空機が続出して、空港でも大々的な遅延が発生するだろう。合意なき離脱が招く結果の規模と範囲は、現時点では計り知れない。

    1日分の備蓄しかない?

    しかし、社会的混乱の中で日常的にどんな屈辱を味わうか、想像するのはそれほど難しくない。それこそがトイレットペーパー備蓄と輸入という2つの問題だ。

    この数カ月間、ブレグジットに備えた生活必需品の買いだめがメディアを騒がせているが、最も懸念すべきなのは大手製造企業の備蓄体制だ。保存可能期間に限りがある医薬品や生鮮品の場合、備蓄に当たっては「質」が不安視される。一方、かさばる物品(まさにトイレットペーパーだ)の場合、ネックになるのは「量」だ。

    英国民1人当たりの年間平均トイレットペーパー使用量は110ロールで、ヨーロッパ各国でトップ。これだけ大量に使うなら、よっぽど広い倉庫でもない限り十分な量はため込めない。

    ただし英製紙業連合のアンドルー・ラージ会長に言わせれば、備蓄体制は今後数カ月間にイギリスの製紙業界、および市民が直面しかねない問題の一片にすぎない。「通常どおりの購買行動を続けずに、パニックに陥って買い占めに走ったときに危機は発生する」

    注目のキーワード

    注目のキーワード

    ニューストピックス

    本誌紹介

    特集:ニュースを読み解く 哲学超入門

    本誌 最新号

    特集:ニュースを読み解く 哲学超入門

    トランプ現象、移民、監視社会、SNS...... AIも解答不能な難問にあの思想家ならこう答える

    2019年5月28日号  5/21発売

    人気ランキング

    • 1

      英国民はそろそろEU離脱が「糞を磨く」のと同じことに気づくべきだ 強硬離脱派の大物閣僚2人辞任

    • 2

      現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て帰宅

    • 3

      「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はいま......

    • 4

      トランプ大統領の大相撲観戦に前代未聞の備え

    • 5

      日本人の英語が上手くならない理由 『日本人の英語…

    • 6

      ボリス・ジョンソン英外相の嘆かわしい失言癖

    • 7

      男性にもタイムリミット──35歳までに精子を凍結すべ…

    • 8

      なぜトランプは平気で「ウソ」をつけるか──ヒトラー…

    • 9

      メイの有力後継候補ジョンソンはヤバい?「合意なき…

    • 10

      感染広がる反ワクチン運動から子供を守れ(パックン)

    • 1

      「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はいま......

    • 2

      現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て帰宅

    • 3

      アメリカがイランを攻撃できない理由──「イラク侵攻」以上の危険性とは

    • 4

      女性の体は、弱い精子をブロックする驚くほど洗練さ…

    • 5

      元TBSアナ久保田智子:不良だった私が東大に入るまで

    • 6

      日本の正社員の給与の約半分は40~50代前半の社員に…

    • 7

      29年前の「女子高校生コンクリート詰め殺人事件」の…

    • 8

      アメリカの衛星が捉えた金正恩「深刻な事態」の証拠…

    • 9

      利他の心に立つ稲盛和夫が活用する京都の日本庭園「…

    • 10

      パリで過熱する日本ブーム 300万人が訪れた「ジャポ…

    • 1

      徴用工問題で日韓が近づく危険な限界点

    • 2

      「英王室はそれでも黒人プリンセスを認めない」

    • 3

      全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

    • 4

      29年前の「女子高校生コンクリート詰め殺人事件」の…

    • 5

      「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はい…

    • 6

      59歳の人気ランジェリーモデルは5年前まで普通のお母…

    • 7

      現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

    • 8

      金正恩の「最愛の妹」身辺に異変か......「米朝決裂…

    • 9

      10%の食塩水1kg作るのに必要な塩と水は? 大学生が「%…

    • 10

      新天皇を迎える韓国

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

    【写真特集】「男は青、女は赤」を考える