Newsweek

ベネズエラ危機

ベネズエラ避難民が語る絶望と希望

2019年3月15日(金)17時20分
アナ・カリナ・パラシオ(ベネズエラ避難民)

    ブラジルの難民支援センターに到着したベネズエラからの難民 Bruno Kelly-REUTERS

    <崩壊の危機に瀕したベネズエラから子連れで逃れた女性が明かす、救いのない日々の暮らしと、持ち続けるかすかな夢>

    ベネズエラの危機は深まっている。ハイパーインフレ、飢餓、犯罪、病気の蔓延、そして死を逃れるため、何百万もの人々が国外に脱出している。

    アナ・カリナ・パラシオも昨年、避難民になった。夫を事故で亡くしたため、妊娠中の身でありながら、幼い息子と逃げ出した。彼女は通行許可証を手に入れ、コロンビアに合法的に入国して国連機関の国際移住機関(IMO)に助けを求めた。

    パラシオは現在、国境近くのビジャ・デル・ロサリオにある仮設の救援センターに滞在し、住居と仕事、そして2歳の息子と生後6カ月の娘の子守りを探している。本誌ジェシカ・クウォンのインタビューに応えて、彼女はコロンビアからスカイプ経由で自らの物語を語ってくれた。

    ***


    今回ベネズエラからコロンビアに向かうまで、私は国外に出たことがなかった。それどころか、故郷アラグア州のマラカイの町を離れたこともない。離れたくなかったが、そうしなければならなかった。

    ネイルや眉を整える美容の仕事を独立してやっていたが、仕事はなくなった。みんな同じだった。生きるための食料確保が人々の一番の問題になったから。

    朝起きると、すぐ食料配給の列に並んだ。肉がないので3食とも野菜。毎日、並んで野菜を手に入れていたが、量は徐々に少なくなり、やがてなくなった。

    息子は弱っていったが、医者は薬がないから診てくれない。高い金を払えば別だが、私にはそんな余裕がない。ベネズエラでは生きていけないので、息子とおなかにいる子と共に国を出ることにした。

    道中はつらかった。コロンビアが受け入れてくれるかどうか分からないので、私はバスの中でパニック発作を起こした。通行許可証は持っていたが、怖くて死にそうな気分だった。

    しかし、幸運にも無事に入国できた。「やった」という思いの半面、不安になった。女1人でやり遂げたことはうれしいけれど、コロンビアに知人はおらず、悪意から近づいてくる人間にどう対処していいか分からなかった。

    そこへ救い主が現われた。ある心理学者が、私がコロンビアに落ち着くまで援助すると申し出てくれたのだ。私は着の身着のままで逃げてきた。難民のための一時的な救援センターに滞在しているが、素晴らしい場所で不安はない。食べ物は十分にあるし、職員は手厚く面倒を見てくれる。

    最後の夢は子供に託す

    もっとも、歓迎してくれる人もいれば、そうでない人もいる。「これを食べて。あとは何が必要?」と手を差し伸べてくれる人もいれば、「難民受け入れには反対だ。ベネズエラ人なんて要らない」と言う人もいる。

    ベネズエラの故ウゴ・チャベス前大統領時代の私は若くて勉強に一生懸命で、政治には興味がなかった。次のニコラス・マドゥロ大統領は多くの理由から支持しなかった。仕事はないし、食べ物を得るために来る日も来る日も列に並んでいたのだから。

    注目のキーワード

    注目のキーワード

    ニューストピックス

    本誌紹介

    特集:人生を変えた55冊

    本誌 最新号

    特集:人生を変えた55冊

    コロナ自粛の夏休みは読書で自分を高めるチャンス──世界と日本の著名人が教える「価値観を揺さぶられた本

    ※次号は8/18(火)発売となります。

    2020年8月11日号  8/ 4発売

    人気ランキング

    • 1

      トランプTikTok禁止令とTikTokの正体

    • 2

      韓国、ユーチューブが大炎上 芸能人の「ステマ」、「悪魔編集」がはびこる

    • 3

      李登輝前総統の逝去報道──日韓の温度差

    • 4

      アメリカ北東部でコロナ感染が沈静化しているのはな…

    • 5

      『ゴースト・オブ・ツシマ』でサムライ映画の世界を…

    • 6

      バイデン陣営はこれで「ターボ全開」? 副大統領候…

    • 7

      日本人の「集団主義」「同調圧力」には良い面も悪い…

    • 8

      スウェーデンは本当に「集団免疫」を獲得したのか …

    • 9

      中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは.....…

    • 10

      中国、輸入冷凍食品の包装に新型コロナウイルス 一…

    • 1

      中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは......?

    • 2

      ハチに舌を刺された男性、自分の舌で窒息死

    • 3

      トランプTikTok禁止令とTikTokの正体

    • 4

      『レオン』が描いた少女の性と「男性目線」

    • 5

      陽性者急増、名古屋の医師が懸念する「市中感染」の…

    • 6

      日本人の「集団主義」「同調圧力」には良い面も悪い…

    • 7

      K-POPも韓流ドラマも実は世界で売れていない? 韓国…

    • 8

      【レバノン大爆発】日頃の戦争を上回る最大の悲劇に…

    • 9

      地球上で最も天体観測に適した場所が特定される──し…

    • 10

      李登輝前総統の逝去報道──日韓の温度差

    • 1

      コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティー、警察も手出しできず

    • 2

      中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは......?

    • 3

      中国から米国に「謎の種」が送りつけられている......当局は「植えないで」と呼びかけ

    • 4

      韓国、コロナショック下でなぜかレギンスが大ヒット …

    • 5

      ハチに舌を刺された男性、自分の舌で窒息死

    • 6

      宇宙観測史上、最も近くで撮影された「驚異の」太陽…

    • 7

      アメリカが遂に日本政界の媚中派を名指し批判──二階…

    • 8

      戦略性を失った習近平「四面楚歌」外交の末路

    • 9

      中国のスーパースプレッダー、エレベーターに一度乗…

    • 10

      東京都、新型コロナウイルス新規感染206人 4日連続2…

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

    【写真特集】幸せを探してスクールバスのわが家は走る