Newsweek

教育

英刑務所、受刑者にコーディング研修、再犯率の低下目指す

2019年3月18日(月)18時30分
松丸さとみ

    政府によると、出所後に職を持っている人は持っていない人と比べ再犯率が6〜9パーセントポイント低くなる。そのため政府は2018年、受刑者が出所後すぐに仕事を得られるようなシステムの構築を目指す「教育・雇用戦略」を策定している。

    デジタル・クリエイティブ産業担当閣外相のマーゴット・ジェームズ氏は、「前科者がコーディングのスキルを身に付ければ、人生が一変するような仕事に就く手助けになるし、非常にやりがいのあるキャリアの道も開ける」と話す。

    刑務所担当閣外相のロリー・スチュワート氏はコード4000について、刑務所での教育と研修は受刑者本人だけでなく、再犯率を下げることで社会にも恩恵を与えると評価している。

    政府は将来的に、英国内の刑務所でコーディング・ワークショップを行うネットワークを築いていきたいとしている。

    注目のキーワード

    注目のキーワード

    ニューストピックス

    本誌紹介

    特集:AI vs. 癌

    本誌 最新号

    特集:AI vs. 癌

    ゲノム解析と人工知能で最適な治療薬を発見する究極の癌治療が人類を「最後の敵」から救う日

    2019年10月22日号  10/16発売

    人気ランキング

    • 1

      韓国・文在寅の賃上げ政策が招いたこと──映画館からスタッフが消えた

    • 2

      ヘイトに立ち向かったK-POPアイドル、ソルリ追悼写真集

    • 3

      ラグビー日本代表「多様性ジャパン」は分断と対立を超える

    • 4

      自宅でのネコの態度で分かる! 飼い主との生物の種…

    • 5

      イランで逮捕された「ゾンビ女」の素顔

    • 6

      NBA騒動に学ぶ「かんしゃく国家」中国との付き合い方

    • 7

      米軍撤退で追い詰められたクルド人がシリア、ロシア…

    • 8

      トルコの侵攻を黙認する見返りに、米国、ロシア、シ…

    • 9

      世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に…

    • 10

      「TWICEサナに手を出すな!」 日本人排斥が押し寄せる…

    • 1

      イランで逮捕された「ゾンビ女」の素顔

    • 2

      全米最悪93人の連続殺人犯が「驚異的」な記憶力で描いた被害者の肖像

    • 3

      日本に巣食う「嫌韓」の正体

    • 4

      「OK」のサインは白人至上主義のシンボルになったの…

    • 5

      北朝鮮漁民は「100年前の船」で無謀な出漁......日本…

    • 6

      「国に『金くれ』とか言うなよ」という話? 再開され…

    • 7

      日本が「生産性が低すぎる国」になった五輪イヤー 衰…

    • 8

      『ジョーカー』怒りを正当化する時代に怒りを描く危…

    • 9

      勉強熱心な韓国市民の愛読書はニッポン本

    • 10

      写真撮影で「怪しいOKサイン」を出したテーマパーク…

    • 1

      韓国で長引く日本製品不買運動、韓国企業への影響が徐々に明らかに

    • 2

      写真撮影で「怪しいOKサイン」を出したテーマパークのスタッフが解雇

    • 3

      イランで逮捕された「ゾンビ女」の素顔

    • 4

      「OK」のサインは白人至上主義のシンボルになったの…

    • 5

      繁殖を止めるために遺伝子組み換えされた蚊、自然界…

    • 6

      「独島が韓国の領土であるとの証拠は何もない」韓国…

    • 7

      米韓関係の険悪化も日本のせい⁉ 文在寅がまた不安な…

    • 8

      コモドドラゴンの体内に「鎧(よろい)」があること…

    • 9

      サウジ原油施設攻撃で世界は変わる

    • 10

      ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいつ…

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

    【写真特集】豪華クルーズ船はますます好調