Newsweek

米犯罪

全米を震撼させた裏口入学スキャンダル、その驚きの手口

2019年3月22日(金)18時50分
スコット・マクドナルド

    『デスパレートな妻たち』の主演女優の1人ハフマン(写真右)も起訴された Mike Blake-REUTERS

    <セレブな親たちが超高額の「賄賂」で子供を不正入学、被告の中には有名女優の名前も......>

    アメリカで、米司法省が呼ぶところの「米史上最大の大学入学スキャンダル」が発覚した。

    エール大学やスタンフォード大学、カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)やジョージタウン大学など一流名門校に不正な手段で子供を入学させていたとして、金持ちの家庭の親や仲介者など50人が3月12日、連邦検察に起訴されたのだ。被告となった親の中には、人気テレビドラマ『フルハウス』に出演した女優ローリ・ローフリンや『デスパレートな妻たち』の主演女優の1人フェリシティー・ハフマンの名前もあった。

    成績が入学基準に満たない場合、リッチな親がいれば「裏口」から入学する道があるという話は珍しくない。一般的に、裏口入学の見返りは大学や校舎への巨額の寄付金だ。しかし今回発覚したのは、首謀者に言わせれば「通用口」からの入学だった。

    不正入学を斡旋していたのは、入試コンサルティング会社の設立者ウィリアム・シンガー。シンガーは33人の親に大金を「キー・ワールドワイド財団」という偽の慈善団体に寄付させ(寄付者が課税されるのを免れるため)、それを「賄賂」として大学の試験監督者やスカウト権限を持つ大学スポーツチームのコーチなどに支払った。その総額は、11年から8年余りで2500万ドルを上回るという。

    子供たちは知らなかった

    ニューヨーク・タイムズ紙によれば、先週行われた裁判で証言台に立ったシンガーは、「自分の力で通り抜ける正面入り口と、巨額の寄付をして入学させる裏口があるとしたら、自分がつくったのは通用口だ」と発言した。「裏口では入学は必ずしも保証されていない。そこで、入学が保証される通用口をつくったところ、多くの家族が使いたがった」

    驚くのは起訴状で明らかになった手口だ。あるケースでは、子供が大学進学適性試験SATとACTを受ける際の試験監督に賄賂を渡し、試験中に答えを教えたり試験後に正解に書き換えたりさせた。別のケースでは子供に学習障害があると偽り、試験時間を延長させたり別室で受験させたりした。

    また、大学のスポーツチームのコーチを買収したケースでは、子供を未経験のスポーツの特待生にしてもらうため、シンガーの同僚が本物のスポーツ選手の体の写真に子供の顔をフォトショップで合成して大学側に提出していたことも発覚した。

    注目のキーワード

    注目のキーワード

    ニューストピックス

    本誌紹介

    特集:CIAが読み解くイラン危機

    本誌 最新号

    特集:CIAが読み解くイラン危機

    40年にわたる対立の起源はどこにあるのか── 元CIA工作員が歴史と戦略の視点から分析

    2020年1月28日号  1/21発売

    人気ランキング

    • 1

      韓国で強まる、日本の放射能汚染への懸念

    • 2

      世界最古級の「千年企業」が幾つも......日本の老舗の強さの根源は同族経営にあり

    • 3

      文在寅の2032年夏季五輪(南北共同招致)計画に、アメリカから大批判「現実からズレすぎ」

    • 4

      ゴーン裁判、レバノンで継続の可能性も 日本側と40日…

    • 5

      「金正恩のタワマン、いずれぜんぶ崩壊」......建設…

    • 6

      「ブラック・プリンセス」メーガン妃は人種差別の被…

    • 7

      新型肺炎の真実を伝える調査報道記者は、中国にはも…

    • 8

      「ゴーンは無罪の可能性高い」元特捜部検事が語る

    • 9

      「王室離脱」騒動の只中にメーガン妃の「ダメ父」が…

    • 10

      香港からサイパンに向かっていた日本人女性が、空港…

    • 1

      ゴーン逃亡のレバノンが無政府状態に、銀行も襲撃される

    • 2

      訪韓日本人数が訪日韓国人数を上回った ......その内実は

    • 3

      韓国で強まる、日本の放射能汚染への懸念

    • 4

      英王室に爆弾を放り込んだスーパーセレブ活動家メー…

    • 5

      文在寅の2032年夏季五輪(南北共同招致)計画に、ア…

    • 6

      世界最古級の「千年企業」が幾つも......日本の老舗…

    • 7

      教育は成功、でも子育ては失敗! 親の仕事は教育で…

    • 8

      TWICEリーダー、ジヒョの発言で炎上した「웅앵웅」とは…

    • 9

      オーストラリア森林火災、「ウォンバットが野生動物…

    • 10

      日本の高齢者のITスキルが、世界の中でも著しく低い…

    • 1

      ゴーン逃亡のレバノンが無政府状態に、銀行も襲撃される

    • 2

      日本不買運動で韓国人が改めて思い知らされること

    • 3

      韓国、長引く不況を「ノージャパン運動」が覆い隠す

    • 4

      複数の海外メディアが行くべき旅行先として日本をセ…

    • 5

      トランプが52カ所攻撃するなら、イランは300カ所攻撃…

    • 6

      イラン軍司令官を殺しておいて本当の理由を説明しよ…

    • 7

      ヒトの老化は、34歳、60歳、78歳で急激に進むことが…

    • 8

      英王室に爆弾を放り込んだスーパーセレブ活動家メー…

    • 9

      訪韓日本人数が訪日韓国人数を上回った ......その内…

    • 10

      最恐テロリストのソレイマニを「イランの英雄」と報…

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

    【写真特集】バブル崩壊でスペインに残った砂の城