Newsweek

シリア事情

イスラーム国の敗北と、トランプがゴラン高原「イスラエルに主権」に署名した関係

2019年3月26日(火)12時30分
青山弘之(東京外国語大学教授)

    イスラーム国の敗北と同時期に、決断が下された理由

    こうした情勢を踏まえて、ゴラン高原の処遇をめぐるトランプ大統領の決断の意味を考えると、そこには、シリアをめぐってイスラエルとの連携を強めることで、イランを牽制しようとする意図を読み取ることができよう。

    事実、米国もイランへの警戒感を強めている。米国は、ダマスカスとイラクの首都バグダードを結ぶ国際幹線道路上に位置するタンフ国境通行所(イラク側はワリード)一帯地域(いわゆる55キロ地帯)に部隊を駐留させ、同地を事実上占領している。その理由は、レバノン首都のベイルートとイランの首都テヘランが陸路で結ばれ、イラン版「一帯一路」が開通するのを阻止するためだとも言われている。

    だが、より注視すべきは、シリアでのイスラーム国の敗北と時を同じくして、決断が下された点である。

    クルド民族主義勢力の人民防衛隊(YPG)を主体とするシリア民主軍は23日、イスラーム国最後の支配地だったバーグーズ村(ダイル・ザウル県)を完全制圧し、勝利宣言を行った。トランプ大統領も22日、「イスラーム国は100%敗北した」と表明した。

    トランプ大統領は昨年12月19日、米軍をシリアから撤退させると発表した。この方針は、政権内や同盟諸国から強い反発を受けて、今年2月下旬に事実上撤回され、米軍駐留は当面続く見込みだ。

    米政権の高官らは、イスラーム国に対する勝利宣言後も「根絶に向けてさらなる行動を続ける」と強調し、スリーパーセル摘発やテロ再発防止への意欲を示す一方、イランの脅威の排除、政治移行の実現といった大義を掲げ、介入継続の必要を力説する。だが、こうした回りくどいロジックは、単刀直入な思考様式を特徴とするトランプ大統領には馴染まず、彼が再び撤退と言い出さないとも限らない。

    これに対して、ゴラン高原に対するイスラエルの主権承認は、エルサレムへの大使館移転と同じく、トランプ大統領の親イスラエル姿勢を率直に表していて、きわめて分かり易い。

    むろん、トランプ大統領がイスラエルの主権を承認しようがしまいが、占領から52年、併合から38年が経ったゴラン高原の現状に変化は生じない。にもかかわらず、この分かり易い決断には、ツイッターでのつぶやきと同様の抜群の「炎上効果」がある。

    その「炎上効果」とは、イスラエルによる占領という既成事実が浮き彫りになることで、それ以外の占領への批判が薄れることにある。

    米国は、55キロ地帯に加えて、シリア民主軍が制圧したシリア北東部に幾つもの基地を建設し、2,000人規模の部隊を展開させている。シリア政府、ロシア、イランはこれを違法な占領と非難し、撤退を要求している。

    これまで政権の高官らは、上述の回りくどいロジックをもって、こうした批判を交わそうとしてきた(そしてトランプ大統領に撤退を断念させようとしてきた)。だが、占領への批判の矛先がイスラエルに集中すれば、米軍駐留を正当化するための説得的な理由を示す手間も省ける。

    シリアに介入し続けるための都合の良い論理のすり替え

    同じことは、もう一つの占領国であるトルコについても言える。トルコは、2016年と2018年にシリア北部に侵攻し、「ユーフラテスの盾」地域、「オリーブの枝」地域と呼ばれる地域を実質占領する一方で、米国が支援するクルド民族主義勢力を排除するため、新たな侵攻作戦を行うとほのめかしてきた。

    トルコは、ゴラン高原の処遇をめぐるトランプ大統領の決断にもっとも強く反発している国の一つだ。その理由は、一方でこの問題につけ込んで米国に圧力を加え、他方で拡大するかもしれない占領への批判をかわすためのスケープゴートを用意できれば、一石二鳥だからだ。

    さらにシリア政府も受益者だ。シリア政府は、ゴラン高原からの即時完全撤退をイスラエルに求めてきた。だが、返還は現実的ではなく、問題そのものも風化して久しい。こうしたなか、シリア政府は、トランプ大統領から塩を送られたと感じたに違いない。

    なぜなら、ゴラン高原の処遇が改めて争点化すれば、イスラエルに対峙する前線国家としての面目と統治の正統性を内外に誇示できるからだ。反体制派が奇妙とも言える沈黙を貫いているのも、シリア政府に好機を与えたくないからに他ならない。米国に翻弄されればされるほど、シリア政府の分が良くなる──こうした構図ができあがっているのだ。

    トランプ大統領が、中長期的な視座に基づいて、ゴラン高原に対するイスラエルの主権を承認する決断をしたかどうかは確かではない。だが、米国の対中東政策、さらには安全保障政策に一貫性を与えている「ディープ・ステート」にとって、それは、ポスト・イスラーム国段階に入ったシリアに介入し続けるための都合の良い論理のすり替えを可能としている。そしてそれは、シリアをめぐって米国と対立する当事者にとっても同じことである。

    注目のキーワード

    注目のキーワード

    ニューストピックス

    本誌紹介

    特集:AI vs. 癌

    本誌 最新号

    特集:AI vs. 癌

    ゲノム解析と人工知能で最適な治療薬を発見する究極の癌治療が人類を「最後の敵」から救う日

    2019年10月22日号  10/16発売

    人気ランキング

    • 1

      韓国・文在寅の賃上げ政策が招いたこと──映画館からスタッフが消えた

    • 2

      ヘイトに立ち向かったK-POPアイドル、ソルリ追悼写真集

    • 3

      ラグビー日本代表「多様性ジャパン」は分断と対立を超える

    • 4

      自宅でのネコの態度で分かる! 飼い主との生物の種…

    • 5

      イランで逮捕された「ゾンビ女」の素顔

    • 6

      NBA騒動に学ぶ「かんしゃく国家」中国との付き合い方

    • 7

      米軍撤退で追い詰められたクルド人がシリア、ロシア…

    • 8

      トルコの侵攻を黙認する見返りに、米国、ロシア、シ…

    • 9

      世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に…

    • 10

      「TWICEサナに手を出すな!」 日本人排斥が押し寄せる…

    • 1

      イランで逮捕された「ゾンビ女」の素顔

    • 2

      全米最悪93人の連続殺人犯が「驚異的」な記憶力で描いた被害者の肖像

    • 3

      日本に巣食う「嫌韓」の正体

    • 4

      「OK」のサインは白人至上主義のシンボルになったの…

    • 5

      北朝鮮漁民は「100年前の船」で無謀な出漁......日本…

    • 6

      「国に『金くれ』とか言うなよ」という話? 再開され…

    • 7

      日本が「生産性が低すぎる国」になった五輪イヤー 衰…

    • 8

      『ジョーカー』怒りを正当化する時代に怒りを描く危…

    • 9

      勉強熱心な韓国市民の愛読書はニッポン本

    • 10

      写真撮影で「怪しいOKサイン」を出したテーマパーク…

    • 1

      韓国で長引く日本製品不買運動、韓国企業への影響が徐々に明らかに

    • 2

      写真撮影で「怪しいOKサイン」を出したテーマパークのスタッフが解雇

    • 3

      イランで逮捕された「ゾンビ女」の素顔

    • 4

      「OK」のサインは白人至上主義のシンボルになったの…

    • 5

      繁殖を止めるために遺伝子組み換えされた蚊、自然界…

    • 6

      「独島が韓国の領土であるとの証拠は何もない」韓国…

    • 7

      米韓関係の険悪化も日本のせい⁉ 文在寅がまた不安な…

    • 8

      コモドドラゴンの体内に「鎧(よろい)」があること…

    • 9

      サウジ原油施設攻撃で世界は変わる

    • 10

      ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいつ…

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

    【写真特集】豪華クルーズ船はますます好調