Newsweek

ヘルス

子どもを肥満にさせる「欠食・孤食」と家庭間格差

2019年3月27日(水)15時40分
舞田敏彦(教育社会学者)

    食生活の乱れと肥満の相関関係は高い fatihhoca/iStock.

    <10歳児の肥満の割合はこの40年で2倍近くに......急増の背景にあるのは食生活の歪みと家庭環境にリンクした「健康格差」>

    「食」は人間の基本的な営みだが、今ではそれがおろそかにされている。朝食欠食率は上昇傾向で、塾通いの子どもが夕食をファストフードで済ますのは日常茶飯事。これでは頭が訓練されても体は蝕まれる一方だ。

    子どもの肥満率の増加は、その一端に他ならない。10歳児で見ると、肥満傾向の児童の割合は1977年では5.9%だったが、2018年では9.0%に増加している(文科省『学校保健統計調査』)。外遊びや運動時間の減少もあるだろうが、食生活の歪みの影響も否めない。

    実際、食生活と体型は相関している。今世紀初頭に生まれた子ども(約2万人)を追跡する厚労省調査では、思春期に達した13歳児の食生活と体型を明らかにしている。<表1>は、両者を関連付けたものだ。グループごとの肥満率をパーセンテージで出している。

    maita190327-chart01.jpg

    朝食の欠食群、夕食の欠食群・孤食群ほど肥満の率が高い。女子はその傾向が明瞭で、直線的な相関関係にある。朝食を食べるグループでは3.8%だが、食べないグループでは14.7%にもなる。夕食にしても、家族と食べる群は3.0%なのに対し、孤食群は6.6%、欠食群は13.5%となっている。

    これは思春期の13歳児のデータだが、太るのを恐れて、朝食を抜くのは逆効果のようだ。朝食を抜くと、昼食で摂取したカロリーが過剰に蓄積されて肥満になりやすいという。一方の孤食では、自分の好きなものばかり食べて栄養が偏りがちになる。

    注目のキーワード

    注目のキーワード

    ニューストピックス

    本誌紹介

    特集:嫌韓の心理学

    本誌 最新号

    特集:嫌韓の心理学

    日本人はいつから韓国が嫌いになったのか? 心理学とメディア分析で「嫌韓」を分析

    ※次号は10/16(水)発売となります。

    2019年10月15日号  10/ 8発売

    人気ランキング

    • 1

      ラグビー日本代表「多様性ジャパン」は分断と対立を超える

    • 2

      イランで逮捕された「ゾンビ女」の素顔

    • 3

      写真撮影で「怪しいOKサイン」を出したテーマパークのスタッフが解雇

    • 4

      保守がネット右翼と合体し、いなくなってしまった理…

    • 5

      全米最悪93人の連続殺人犯が「驚異的」な記憶力で描…

    • 6

      中国に謝罪したNBAに米議員が猛反発

    • 7

      台風19号、東日本直撃し各地で氾濫被害 千曲川は堤防…

    • 8

      韓国チョ・グク法相が辞任表明 親族の不正疑惑巡る批…

    • 9

      大坂なおみ選手の二重国籍が認められた!

    • 10

      日本に巣食う「嫌韓」の正体

    • 1

      イランで逮捕された「ゾンビ女」の素顔

    • 2

      全米最悪93人の連続殺人犯が「驚異的」な記憶力で描いた被害者の肖像

    • 3

      北朝鮮漁民は「100年前の船」で無謀な出漁......日本の漁師から同情の声も

    • 4

      日本に巣食う「嫌韓」の正体

    • 5

      「OK」のサインは白人至上主義のシンボルになったの…

    • 6

      ツイッター動画が人生を変えた......ホームレス・シ…

    • 7

      「国に『金くれ』とか言うなよ」という話? 再開され…

    • 8

      日本が「生産性が低すぎる国」になった五輪イヤー 衰…

    • 9

      『ジョーカー』怒りを正当化する時代に怒りを描く危…

    • 10

      なぜ韓国の若者は失業に苦しみ続けるのか

    • 1

      韓国で長引く日本製品不買運動、韓国企業への影響が徐々に明らかに

    • 2

      写真撮影で「怪しいOKサイン」を出したテーマパークのスタッフが解雇

    • 3

      イランで逮捕された「ゾンビ女」の素顔

    • 4

      「OK」のサインは白人至上主義のシンボルになったの…

    • 5

      繁殖を止めるために遺伝子組み換えされた蚊、自然界…

    • 6

      「独島が韓国の領土であるとの証拠は何もない」韓国…

    • 7

      米韓関係の険悪化も日本のせい⁉ 文在寅がまた不安な…

    • 8

      コモドドラゴンの体内に「鎧(よろい)」があること…

    • 9

      サウジ原油施設攻撃で世界は変わる

    • 10

      ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいつ…

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

    【写真特集】豪華クルーズ船はますます好調