Newsweek

韓国事情

観光先進国(G7)を標榜した韓国の宿泊施設がぞくぞく競売に

2019年4月25日(木)18時50分
佐々木和義

    冬季五輪が開催された平昌はリゾートして期待された...... (2018年)Fabrizio Bensch-REUTERS

    <冬季五輪が繰り広げられた江原道平昌郡や済州島の宿泊施設の次々と競売されるが、落札件数は3分の1にとどまっている......>

    韓国では世界のトップレベルと肩を並べることを先進国首脳会議の参加国になぞらえて「G7」と呼ぶことがある。深刻な通貨危機に見舞われたいわゆるIMF経済危機の出口が見えはじめた2000年、韓国政府は先進国に比肩する技術を育てる試みを開始し、「G7プロジェクト」と名付けた。

    観光業はG7プロジェクトには含まれていなかったが、かつて韓国は「観光G7」を標榜した。数年前、訪韓外国人は急激な右肩上がりを記録して、2012年には1000万人を突破。日本よりも1年早い1000万人達成だった。当時は平昌が冬季五輪の開催地に選ばれた直後でもあり、観戦者や報道陣を受け入れる宿泊施設の不足と交通アクセスが課題として浮上していた。

    ところが、この観光業が奈落に落ちていると韓国の毎日経済新聞は伝えている。

    平昌五輪向けの過剰供給と交通網の整備が逆効果に

    特に冬季五輪が繰り広げられた江原道平昌郡の観光業が危機的な状況に陥っている。開会式や閉会式の会場となったメインスタジアムから7キロしか離れていないリーバリーファミリーホテルが競売にかけられ、12回の流札の末に15億2000万ウォンで落札された。鑑定価格90億375万ウォンのおよそ6分の1だが応札者は1人しかいなかった。

    2017年1月から3月期に137件だった韓国全土の宿泊施設の競売件数は、2019年同期に237件まで増加し、落札件数は70件にとどまっている。

    江原道は国内宿泊観光客の訪問先として、10年以上に渡って1位にランキングされてきた。また、中央政府機関の地方移転政策で、韓国観光公社の移転先として江原道原州市が選ばれた。江原道と五輪会場の近くに移転した観光公社は宿泊施設の誘致に取り組み、国内外からの観光誘客に力を注いだ。こうしていったんは平昌や江陵を訪問する人が増えて建設されたホテルは観光需要を享受したが、五輪が終わるとメインスタジアムが撤去され、観光バブルは終焉を迎えた。

    五輪に合わせて鉄道や道路が整備され利便性が増したことが、逆に宿泊施設の経営に不利益をもたらすことになった。平昌や江陵は、ソウルから鉄道やバスで3時間以上かかっていて、観光客は宿泊施設を利用していたが、五輪に合わせて高速道路網と高速鉄道KTXが整備され、首都圏から日帰りできるエリアが広がったのだ。平昌郡のあるペンションは、利用者の大半を一日の短期滞在が占めるようになったという。

    済州島のホテルも入札されるが応札者が現れず

    中国人旅行者で活況に沸いた済州島も観光スラム化が進んでいる。済州島西帰浦市のビスタケイホテルワールドカップホテルは、鑑定価格3億5370万ウォンの半額以下の1億2131万ウォンで入札にかけられたが、応札者が現れずに3度流札している。

    注目のキーワード

    注目のキーワード

    ニューストピックス

    本誌紹介

    特集:顔認証の最前線

    本誌 最新号

    特集:顔認証の最前線

    世界をさらに便利にする夢の技術か、独裁者のツールか── 新テクノロジー「顔認証」が秘めたリスクとメリットとは

    ※次号は9/18(水)発売となります。

    2019年9月17日号  9/10発売

    人気ランキング

    • 1

      【韓国政治データ】文在寅大統領の職業別支持率(2019年9月)

    • 2

      外国人への憎悪の炎が、南アフリカを焼き尽くす

    • 3

      韓国のインスタントラーメン消費は世界一、その日本との関わりは?

    • 4

      アメリカ人労働者を搾取する中国人経営者

    • 5

      9.11救助犬の英雄たちを忘れない

    • 6

      【韓国政治データ】次期大統領としての好感度ランキ…

    • 7

      2050年人類滅亡!? 豪シンクタンクの衝撃的な未来…

    • 8

      香港デモはリーダー不在、雨傘革命の彼らも影響力は…

    • 9

      「Be Careful to Passage Trains」日本の駅で見つけ…

    • 10

      「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

    • 1

      タブーを超えて調査......英国での「極端な近親交配」の実態が明らかに

    • 2

      消費税ポイント還元の追い風の中、沈没へ向かうキャッシュレス「護送船団」

    • 3

      「日本はもはや後進国であると認める勇気を持とう」への反響を受け、もう一つカラクリを解き明かす

    • 4

      韓国のインスタントラーメン消費は世界一、その日本…

    • 5

      【韓国政治データ】文在寅大統領の職業別支持率(201…

    • 6

      思い出として死者のタトゥーを残しませんか

    • 7

      9.11救助犬の英雄たちを忘れない

    • 8

      性行為を拒絶すると立ち退きも、家主ら告発

    • 9

      韓国男子、性との遭遇 日本のAVから性教育での仏「過…

    • 10

      英国でビーガンが急増、しかし関係者からも衝撃的な…

    • 1

      ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいついで感染

    • 2

      日本はもはや後進国であると認める勇気を持とう

    • 3

      嘘つき大統領に「汚れ役」首相──中国にも嫌われる韓国

    • 4

      ヒマラヤ山脈の湖で見つかった何百体もの人骨、謎さ…

    • 5

      2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

    • 6

      寄生虫に乗っ取られた「ゾンビ・カタツムリ」がSNSで…

    • 7

      「TWICEサナに手を出すな!」 日本人排斥が押し寄せる…

    • 8

      「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

    • 9

      韓国で脱北者母子が餓死、文在寅政権に厳しい批判が

    • 10

      「この国は嘘つきの天国」韓国ベストセラー本の刺激…

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

    【写真特集】モノクロのカリフォルニアに未来を映して