Newsweek

ブレグジット

強行離脱か穏健な道を探るか 決断迫られる英国メイ首相

2019年4月1日(月)10時43分

    メイ英首相(写真中央)が欧州連合(EU)と合意した離脱協定案が英議会で三たび否決されたことを受け、首相は合意のないまま離脱するか、一段と穏健な離脱を交渉するか、総選挙の前倒し実施を決断するか迫られている。英議会で29日撮影。英議会提供(2019年 ロイター)

    メイ英首相が欧州連合(EU)と合意した離脱協定案が英議会で三たび否決されたことを受け、首相は合意のないまま離脱するか、一段と穏健な離脱を交渉するか、総選挙の前倒し実施を決断するか迫られている。

    メイ首相は自身の離脱案が可決されれば辞任する意向を表明していたが、反対派を翻意させることはできなかった。これを受けて離脱がいつどのような形で実現するのかだけでなく、実際に離脱するのかを含め一段と混迷が深まった。

    英議会は1日、EU離脱に関し過半数の支持が得られる代替案を模索するための投票を再び実施する。メイ首相はその後、早ければ2日に自身の離脱案を再び採決にかける可能性がある。

    ガーク司法相はBBCテレビに対し「現在は理想的な選択肢がなく、想定されるいかなる結果についても説得力ある反対論がある。それでもわれわれは何かをしなくてはならない」と強調。

    「首相は残された選択肢を検討しており、何が起こり得るか考えているが、何らかの決定が下されたとは私は思わない」と述べた。

    ただ、メイ氏の与党・保守党内では早急な決断を求める声が高まった。英大衆紙サンによると、同党の議員314人のうち170人はメイ氏に書簡を送り、合意の有無にかかわらず数カ月内にブレグジット(EU離脱)を実施するよう求めたという。

    EU首脳は今月、メイ英首相がEUと合意した離脱協定案が英議会で承認されない場合、離脱日を3月29日から4月12日まで2週間延期し、それまでに新たな計画を示すか、合意なき離脱を選ぶか決断するよう求めている。

    先行きは依然不透明

    ロンドンでは前週、ブレグジット支持者とEU残留派の両方がデモを行っており、世論は引き続き分断されている。両派とも多くの国民は政治のリーダーシップが欠如しているとの不満を抱いている。

    議会は1日1900GMT(日本時間2日午前4時)、議員らがこれまで提示した9つの離脱代替案から下院のバーコウ議長が選んだ案について投票を実施する。これには合意なき離脱や合意なき離脱の阻止、EUとの関税同盟の維持、2度目の国民投票の実施といった案が含まれている。

    ガーク司法相は「議会の意向を非常に慎重に考慮に入れる必要があるのは明白だ」と述べた。

    これまでのところ下院で過半数を得た代替案はないため、総選挙の前倒し実施に関する観測も浮上。ただ、どのような結果に結び付くかは予測不可能で、保守党を誰が率いることになるのかも不明。

    保守党のジェームズ・クレバリー副幹事長は総選挙実施の計画はないと述べた。一方、最大野党・労働党のトム・ワトソン副党首は同党は選挙への準備があると語った。

    労働党影の外相のエミリー・ソーンベリー氏はメイ内閣の不信任投票を求める動議を提出する可能性があると述べた。「メイ氏が首相の座にとどまるのか、誰かに交代するのか、次の首相は誰になるのか全く分からない。混乱状態だ」と嘆いた。

    [ロンドン ロイター]


    トムソンロイター・ジャパン

    Copyright (C) 2019トムソンロイター・ジャパン(株)記事の無断転用を禁じます

    注目のキーワード

    注目のキーワード

    ニューストピックス

    本誌紹介

    特集:上級国民論

    本誌 最新号

    特集:上級国民論

    特権階級が不当に罪を逃れている── 日本を席巻する疑念と怒りの正体

    2020年2月25日号  2/18発売

    人気ランキング

    • 1

      夜間に発電できる「反ソーラーパネル」が考案される

    • 2

      今日も市場で生きてるコウモリ販売するインドネシア 新型コロナ感染ゼロの理由とは

    • 3

      殺害した女性の「脳みそどんぶり」を食べた男を逮捕

    • 4

      日本の「新型肺炎」感染拡大を懸念する韓国がまだ「…

    • 5

      米共和党上院議員が中国を嘘つきと非難

    • 6

      ヒヒにさらわれ子どもにされた子ライオンの悲劇

    • 7

      感染者2200万人・死者1万人以上 アメリカ、爆発的「イ…

    • 8

      新型コロナウイルス、人口2.6億のインドネシアで感染…

    • 9

      新型コロナウイルスはコウモリ由来? だとしても、…

    • 10

      インドネシア、巨大ヘビから妻救出した夫、ブタ丸呑み…

    • 1

      新型コロナウイルスはコウモリ由来? だとしても、悪いのは中国人の「ゲテモノ食い」ではない

    • 2

      今年の春節は史上最悪、でも新型肺炎で「転じて福」となるかもしれない

    • 3

      中国の新型コロナウイルス危機は「チェルノブイリ級」と世界が囁き始めた

    • 4

      マスク姿のアジア人女性がニューヨークで暴行受ける

    • 5

      韓国、キャッシュレス完了した国が進める「コインレ…

    • 6

      殺害した女性の「脳みそどんぶり」を食べた男を逮捕

    • 7

      「10歳の娘が裸でも同じベッドで寝る彼氏」これって…

    • 8

      新型コロナウイルス、人口2.6億のインドネシアで感染…

    • 9

      インドネシア、巨大ヘビから妻救出した夫、ブタ丸呑み…

    • 10

      「歯肉から毛が生えた」という女性の症例が世界で初…

    • 1

      ゴーン逃亡のレバノンが無政府状態に、銀行も襲撃される

    • 2

      「歯肉から毛が生えた」という女性の症例が世界で初めて報告される

    • 3

      一党支配揺るがすか? 「武漢市長の会見」に中国庶民の怒り沸騰

    • 4

      ヒヒにさらわれ子どもにされた子ライオンの悲劇

    • 5

      マスク姿のアジア人女性がニューヨークで暴行受ける

    • 6

      新型コロナウイルスはコウモリ由来? だとしても、…

    • 7

      韓国で強まる、日本の放射能汚染への懸念

    • 8

      「武漢はこの世の終末」 チャーター機乗れなかった米…

    • 9

      BTSと共演した韓国人気子役がYouTubeで炎上 虐待さ…

    • 10

      「拷問死したアメリカ人学生」がはばむ文在寅の五輪…

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

    【写真特集】流血と破壊に蹂躙される現代の暗黒郷アマゾン