Newsweek

英王室

メーガン妃への愛は冷めた? 英国メディア、結婚から1年経たずしてバッシングへ

2019年4月11日(木)15時45分

    昨年5月、英エリザベス女王の孫のヘンリー王子(写真左)と米国人俳優メーガン・マークルさん(同右)の結婚式を世界中の人が祝福し、英メディアは2人を魅力あふれる現代王室の好例としてもてはやした。モロッコのラバトで2月に代表撮影(2019年/ ロイター)

    昨年5月、英エリザベス女王の孫のヘンリー王子と米国人俳優メーガン・マークルさんの結婚式を世界中の人が祝福し、英メディアは2人を魅力あふれる現代王室の好例としてもてはやした。

    だが、この春に第一子の誕生を控えた2人は、結婚式から1年もたたないうちに、あまり好意的な報道がされなくなった。

    「メグ(メーガン妃)、女王にダイ(ダイアナ元妃)の宝石を使うのを禁じられる」

    4日、英国最大の発行部数を誇る大衆紙サンの一面にこんな見出しが躍った。エリザベス女王はメーガン妃が王室所有の宝石類を身に着けることを禁じたという内容で、同妃と王室中枢の緊張が高まっていることを示唆した。

    タブロイド紙デイリー・エクスプレスは3月、「メーガン・マークルは、『付き合うのが難しい』人、『ハリー(ヘンリー王子)は悲惨』」とする見出しの記事を掲載し、デイリー・メール紙は1月、「メーガンの大好物のアボカドスナックが、人権侵害と干ばつ、殺人を助長している訳」とする記事を掲載した。

    英王室が、世界の関心を集め続けていることは疑いない。「サセックス公爵夫妻」の称号を持つヘンリー王子とメーガン妃は2日、インスタグラムの公式アカウントを開設した。2日後、フォロワーは340万人を突破した。

    英メディアによる王室報道の大半は敬意を持ったもので、へつらい気味ですらあるが、時には厳しく批判的で、無慈悲になる。

    「英国のメディアは非常にアグレッシブで、自制しない」と、サン紙でカメラマンを務め、40年以上英王室を取材したアーサー・エドワーズ氏は言う。

    ヘンリー王子側は2016年11月にメーガン妃との交際を公式に認めたが、それは、彼女のプライバシーに踏み込んだ報道を批判する声明という形で発表された。

    母であるダイアナ元妃の死の原因はメディアにあると考える、ヘンリー王子の「メディア観」が示された一件でもあった。ダイアナ元妃は王子がまだ12歳だった1997年、パパラッチのカメラマンに追跡され、乗っていた車が衝突して死亡した。

    「もし私について触れた記事が出たなら、何が書いてあるか知りたい。だがそうすると、不安にさせられて怒りが沸き起こるだけだ」と、ヘンリー王子はアフガニスタンの英軍基地に派遣中の2012年にインタビューで話している。

    注目のキーワード

    注目のキーワード

    ニューストピックス

    本誌紹介

    特集:残念なリベラルの処方箋

    本誌 最新号

    特集:残念なリベラルの処方箋

    日本でもアメリカでも存在感を示せない「リベラル」 対抗軸として政権担当能力を示す方法は?

    2019年7月 2日号  6/25発売

    人気ランキング

    • 1

      世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に喜んではいけない

    • 2

      犬を飼うかどうかは遺伝子が影響を与えている

    • 3

      若年層の頭蓋骨にツノ状の隆起ができていた......その理由は?

    • 4

      地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

    • 5

      生きるために自分の足を噛みちぎった犬ルークの強さ

    • 6

      うろたえる韓国、北朝鮮の非核化交渉で脇役に

    • 7

      イランはなぜ米軍ドローンを撃墜したか その真の標的

    • 8

      全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

    • 9

      イランの無人機撃墜がアメリカにとって重大な理由

    • 10

      自撮りヌードでイランを挑発するキム・カーダシアン

    • 1

      世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に喜んではいけない

    • 2

      若年層の頭蓋骨にツノ状の隆起ができていた......その理由は?

    • 3

      テスラの半自動運転システムで居眠りしたまま高速を50キロメートル走行

    • 4

      全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

    • 5

      自撮りヌードでイランを挑発するキム・カーダシアン

    • 6

      走る車の中から子猫を投げ捨て!相次ぐ蛮行に怒りの…

    • 7

      アメリカ心理学会「体罰反対決議」の本気度──親の体…

    • 8

      イランの無人機撃墜がアメリカにとって重大な理由

    • 9

      「何か来るにゃ...」 大阪地震の瞬間の猫動画に海外…

    • 10

      石油タンカーが攻撃されても、トランプが反撃しない…

    • 1

      サーモンを愛する「寿司男」から1.7mのサナダムシ発見

    • 2

      世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に喜んではいけない

    • 3

      台湾のビキニ・ハイカー、山で凍死

    • 4

      マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

    • 5

      現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

    • 6

      プラスチック製「人工子宮」でヒツジの赤ちゃんが正…

    • 7

      脳腫瘍と思って頭を開けたらサナダムシだった!

    • 8

      タピオカミルクティー飲み過ぎで病院!? 中国の14…

    • 9

      アメリカの衛星が捉えた金正恩「深刻な事態」の証拠…

    • 10

      貧しい人ほど「割増金」を払い、中・上流は「無料特…

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

    【写真特集】「差別なき」南アフリカの差別的な現実