Newsweek

自動運転

米大手スーパーが無人運転車による配送サービスを開始

2019年4月19日(金)15時00分
ハンナ・プレストン

    もうお店まで出かけなくてもいい? Courtesy of Kroger/REUTERS

    <昨年3月の試験運転中の死亡事故で止まっていた、自動運転車の開発競争が再び激化する>

    配達を頼んだドライバーが遅刻したり、道に迷ったりして怒る時代は過去のもの――これからは配達ロボットを叱る時代だ。全米最大規模のスーパー・チェーン「クローガー」は今週、無人運転車による初の商品配送サービスをテキサス州ヒューストン地域で開始したと発表した。

    このサービスは、日本のソフトバンクグループも出資している米無人配送車ベンチャー「ニューロ(Nuro)」との共同プログラム。4月17日に、両社が合同で最初の無人運転車によるテスト配送を実施した。配送車は無人だが、テスト期間はロボット技術者が後続車で監視する。

    ニューロの共同創業者デーブ・ファーガソンは「我々が続けてきた無人配送実験が功を奏して、実際にサービスを提供し、地域コミュニティに変化をもたらすところまできた」と語った。「ヒューストンの顧客に食料品を早く安全に提供できることに興奮している」

    ヒューストンでのサービスには、ニューロの無人運転技術を搭載したトヨタ「プリウス」が使われる。来年には、ニューロ特注の無人配送バンが導入される。

    「無人車」が標準になる

    今のところ無人運転車による配送サービスを提供しているのは市内南西部の1店舗だけだが、間もなく2店舗目が加わる。

    この共同事業が成功すれば、ますます競争が激化する自動運転ビジネスでニューロは先頭に立つことができる。クローガーは全米で2800店舗を展開している他、別ブランドでも店舗を経営する全米最大規模のスーパー・チェーンだ。

    クローガーが、オンラインでの注文から数時間のうちに同地域内での無人配送ができるようになれば、高級食料品スーパー「ホールフーズ」を買収して食料品の即日配達サービスを手がけるアマゾンや、オンライン宅配サービス大手の「ピーポッド」「フレッシュダイレクト」などにも対抗できる。

    食料品の配達から小包配送、貨物運搬、そしてタクシーに至るまで、自動運転車の使用はある時点で特別ではなく標準になるだろうと、一般には考えられている。問題はそれがいつの時点になるか、またそれによってどんな弊害が生じるか、という点だ。

    注目のキーワード

    注目のキーワード

    ニューストピックス

    本誌紹介

    特集:日本人が知るべきMMT

    本誌 最新号

    特集:日本人が知るべきMMT

    アメリカの政治家が声高に主張する現代貨幣理論(MMT)は経済学の「未来の定説」になり得るのか

    2019年7月23日号  7/17発売

    人気ランキング

    • 1

      子宮内共食いなど「サメの共食い」恐怖の実態

    • 2

      巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

    • 3

      シャチがホホジロザメを餌にし始めた

    • 4

      家畜のブタが人食いブタに豹変──ロシア

    • 5

      全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

    • 6

      マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

    • 7

      中国にいたパンダに石を投げる愚か者(再生1億回)

    • 8

      苦境・韓国の中国離れはトランプに大朗報

    • 9

      韓国・文在寅大統領「対北朝鮮制裁違反という日本の…

    • 10

      異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

    • 1

      水深450メートル、メカジキに群がるサメ、そのサメを食べる大魚

    • 2

      巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

    • 3

      子宮内共食いなど「サメの共食い」恐怖の実態

    • 4

      シャチがホホジロザメを餌にし始めた

    • 5

      地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

    • 6

      4万年前の線虫も......氷河や永久凍土に埋もれてい…

    • 7

      全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

    • 8

      家畜のブタが人食いブタに豹変──ロシア

    • 9

      同性愛を公言、ヌードも披露 女子サッカー米代表の…

    • 10

      異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

    • 1

      水深450メートル、メカジキに群がるサメ、そのサメを食べる大魚

    • 2

      巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

    • 3

      世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に喜んではいけない

    • 4

      子宮内共食いなど「サメの共食い」恐怖の実態

    • 5

      自撮りヌードでイランを挑発するキム・カーダシアン

    • 6

      異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

    • 7

      若年層の頭蓋骨にツノ状の隆起ができていた......そ…

    • 8

      日本の重要性を見失った韓国

    • 9

      シャチがホホジロザメを餌にし始めた

    • 10

      地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

    【写真特集】戦火に生まれ、戦火に死ぬクルド兵士