Newsweek

北朝鮮

米朝対話で狭まる北朝鮮の選択肢

2019年4月20日(土)15時00分
礒﨑敦仁(慶應義塾大学准教授)

    国務委員会のメンバーは金正恩委員長、崔龍海(チェ・リョン)ヘ 第1副委員長、さらに朴奉珠(パク・ポンジュ)副委員長(党副委員長、前内閣総理)のほか、11名の国務委員で構成された。新たに内閣総理に任命された金才龍(キム・ジェリョン)のほか、前外相の李洙墉(リ・スヨン)最高人民会議外交委員長や金英哲(キム・ヨンチョル)党統一戦線部長ら4人の党副委員長、さらに軍総政治局長、人民武力相、国家保衛相、人民保安相と共に李容浩(リ ・ヨンホ)外相と崔善姫(チェ・ソニ)外務第1次官が加わった。次官クラスが入るのは初めてのことで、今般の人事には外交重視の姿勢がにじみ出ている。

    最高人民会議常任委員長は金永南(キム・ヨンナム)(91)から崔龍海(69)に交代となった。新任の崔龍海は、今回新設された国務委員会第1副委員長の職にも就いた。つまり、「最高領導者」である国務委員長と、対外的に国家元首の役割を担っていたとされる常任委員長の上下関係が形式的にも明示されたことになる。金正恩の名が代議員名簿に載らなかったことなどから、最高指導者の職名はそのままであっても、その性格や権限に変化が生じていると言える。

    <本誌2019年04月23日号掲載>

    20190423cover-200.jpg

    ※4月23日号(4月16日発売)は「世界を変えるブロックチェーン起業」特集。難民用デジタルID、分散型送電網、物流管理、医療情報シェア......「分散型台帳」というテクノロジーを使い、世界を救おうとする各国の社会起業家たち。本誌が世界の専門家と選んだ「ブロックチェーン大賞」(Blockchain Impact Awards 2019)受賞の新興企業7社も誌面で紹介する。


    注目のキーワード

    注目のキーワード

    ニューストピックス

    本誌紹介

    特集:AI時代の英語学習

    本誌 最新号

    特集:AI時代の英語学習

    自動翻訳はどこまで実用的か? AI翻訳・通訳を使いこなす英語力とは

    2020年3月 3日号  2/26発売

    人気ランキング

    • 1

      「部外者」には分かりにくい、日本の見えないマナー違反

    • 2

      遂に「日本売り」を招いた新型肺炎危機──危機を作り出したのはウイルスでも政府でもなくメディアと「専門家」

    • 3

      マスク姿のアジア人女性がニューヨークで暴行受ける

    • 4

      中国人女性と日本人の初老男性はホテルの客室階に消…

    • 5

      アメリカから帰国した私が日本の大手航空会社の新型…

    • 6

      感染者2200万人・死者1万人以上 アメリカ、爆発的「イ…

    • 7

      国民の命は二の次か? 武漢パンデミックを後追いす…

    • 8

      new-style(新型)coronavirus, stay reki(渡航歴)…

    • 9

      専門家会議の見解では、家族をどうやって感染から守…

    • 10

      新型コロナウイルスはコウモリ由来? だとしても、…

    • 1

      夜間に発電できる「反ソーラーパネル」が考案される

    • 2

      「部外者」には分かりにくい、日本の見えないマナー違反

    • 3

      文在寅を見限った金正恩......「新型コロナ」でも問答無用

    • 4

      ロイヤルウェディングの招待状がほのめかしていたメ…

    • 5

      感染者2200万人・死者1万人以上 アメリカ、爆発的「イ…

    • 6

      スキー・スノボに行かなくなった(行けなくなった)…

    • 7

      マスク姿のアジア人女性がニューヨークで暴行受ける

    • 8

      殺害した女性の「脳みそどんぶり」を食べた男を逮捕

    • 9

      遂に「日本売り」を招いた新型肺炎危機──危機を作り…

    • 10

      クルーズ船内「悲惨な状態」 神戸大・岩田健太郎教授、…

    • 1

      「歯肉から毛が生えた」という女性の症例が世界で初めて報告される

    • 2

      一党支配揺るがすか? 「武漢市長の会見」に中国庶民の怒り沸騰

    • 3

      ヒヒにさらわれ子どもにされた子ライオンの悲劇

    • 4

      マスク姿のアジア人女性がニューヨークで暴行受ける

    • 5

      新型コロナウイルスはコウモリ由来? だとしても、…

    • 6

      夜間に発電できる「反ソーラーパネル」が考案される

    • 7

      「武漢はこの世の終末」 チャーター機乗れなかった米…

    • 8

      「部外者」には分かりにくい、日本の見えないマナー…

    • 9

      BTSと共演した韓国人気子役がYouTubeで炎上 虐待さ…

    • 10

      「拷問死したアメリカ人学生」がはばむ文在寅の五輪…

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

    【写真特集】シリコンバレー、格差社会の日常