Newsweek

動物

英で「ビーバー治水実験」、ビーバーが作るダムで洪水防止

2019年4月22日(月)17時20分
松丸さとみ

    「生態系のエンジニア」と呼ばれるビーバー jeffhochstrasser -iStock

    <イギリスのヨークシャーでビーバーを使って河川の治水をしようという試みが進んでいる>

    洪水防止&生態系を取り戻す効果に期待

    英国のヨークシャーではここ数年、大規模な洪水が発生している。2007年夏は全国的に多雨で、ヨークシャーでも記録的な洪水被害があった。また2015年12月には、西ヨークシャーが「過去70年で最悪」(西ヨークシャー地元紙)という規模の洪水に見舞われた。ヨークシャーには歴史的な建造物も多く、文化財の保護という意味でも洪水対策は深刻な問題だ。

    そんなヨークシャーで、ユニークな治水実験が行われることになった。土木エンジニアリングの最新技術を駆使した......ものではなく、ビーバーのつがいを使って洪水を防止しようという試みだ。英テレグラフ紙によると、ビーバーのつがいは4月17日にヨークシャーの森に放された。

    公有の森林の管理などを行う政府機関フォレストリー・イングランドの発表文によると、この実験はフォレストリー・イングランド、フォレスト・リサーチ、エクセター大学、そしてビーバーの専門家が協力して実施している。

    ビーバーは木の枝などを使ってダムを作るため、洪水を防止する効果が期待されている。10万平方メートルの広さに囲われた場所で、今後5年にわたって活動が監視されるという。

    今回ビーバーが放たれた場所には、洪水を防止するために木材などを使ってあらかじめ人工的なダムが複数作られている。実験では、こうしたダムに対しビーバーがどのような活動をするかなどが観察されることになるが、この類の実験としては英国内で初めてとなる。

    フォレストリー・イングランドの生態学者キャス・バッシュフォース氏は、ビーバーはその生態によりさまざまな生物の生息地を作り、湿地帯の生態系を回復させるため、「生態系のエンジニア」と呼ばれていると説明。そのため今回の実験は、治水だけでなく、この地域における生態系の多様性も取り戻せるのではないかと期待されている。

    一度は人間に絶滅に追いやられたビーバー

    今回実験に使われているビーバーは、スコットランドから連れてこられたヨーロッパ・ビーバーという種類のものだ。英国の自然保護団体ワイルドライフ・トラストによると、かつてビーバーは英国全土に生息していたが、肉や毛皮、臭腺目当てに乱獲され、16世紀初頭に絶滅してしまった。

    しかし同団体はビーバーを再び英国に呼び戻す活動を続けており、2009年にはスコットランドでビーバーを野生に返し、400年ぶりに、野生環境で暮らすビーバーを誕生させた。ビーバーの生息地域を広げるべく、同団体では今後さらに他の地域でもビーバーを放す計画をしているという。

    人工的なダムに対するビーバーの反応を見る実験は今回が初めてだが、実は治水目的でのビーバー活用は英国で前から行われていたようだ。英BBCは2014年2月、10年以上にわたり洪水対策として自然保護区内でビーバーを活用しているケント州での事例を取り上げていた。

    ワイルドライフ・トラストのトニー・スワンデール氏がBBCにした説明によると、ビーバーの治水能力は「ダム作り」だけではない。ビーバーが湿地に新しい水路を作るため、水が本流から細かな水路へ逃げることになり、洪水が防止できるのだという。

    自然保護団体ワイルドウッド・トラストのピーター・スミス氏もまたBBCに対し、ビーバーの活動で「土壌がスポンジのようになり、水分をたくさん含むようになることで洪水の防止になる」と説明している。

    注目のキーワード

    注目のキーワード

    ニューストピックス

    本誌紹介

    特集:プラスチック・クライシス

    本誌 最新号

    特集:プラスチック・クライシス

    便利さばかりを追い求める人類が排出してきたプラスチックごみの「復讐劇」が始まった

    2019年11月26日号  11/19発売

    人気ランキング

    • 1

      「愚かな決定」「偏狭なミス」米専門家らが韓国批判の大合唱

    • 2

      表紙も偽物だった......韓国系アメリカ人高官が驚くような経歴詐称疑惑で辞任

    • 3

      中国は「ウイグル人絶滅計画」やり放題。なぜ誰も止めないのか?

    • 4

      「韓国は腹立ちまぎれに自害した」アメリカから見たG…

    • 5

      韓国、米国に一段のコメ市場開放で合意 119億円相当…

    • 6

      余命わずかな科学者が世界初の完全サイボーグに!?

    • 7

      世帯格差が子どもの体力低下にも繋がっている

    • 8

      トランプ、韓国が駐留経費増額に応じなければ在韓米…

    • 9

      香港高裁と北京政府が激突

    • 10

      中国はやはり香港人を拘束し拷問するのか──英領事館…

    • 1

      「愚かな決定」「偏狭なミス」米専門家らが韓国批判の大合唱

    • 2

      「韓国は腹立ちまぎれに自害した」アメリカから見たGSOMIA問題の本質

    • 3

      トランプが日本に突き付けた「思いやり予算」4倍の請求書

    • 4

      日本のノーベル賞受賞に思う、日本と韓国の教育の違い

    • 5

      GSOMIA失効と韓国の「右往左往」

    • 6

      中国は「ウイグル人絶滅計画」やり放題。なぜ誰も止…

    • 7

      表紙も偽物だった......韓国系アメリカ人高官が驚く…

    • 8

      アメリカが繰り返し「ウソ」を指摘......文在寅直轄…

    • 9

      香港の完全支配を目指す中国を、破滅的な展開が待っ…

    • 10

      「安い国」になった日本の現実は、日本人にとって幸…

    • 1

      「愚かな決定」「偏狭なミス」米専門家らが韓国批判の大合唱

    • 2

      マクドナルドのハロウィン飾りに私刑のモチーフ?

    • 3

      「アメリカは韓国の味方をしない」日韓対立で米高官が圧迫

    • 4

      「韓国は腹立ちまぎれに自害した」アメリカから見たG…

    • 5

      GSOMIA失効と韓国の「右往左往」

    • 6

      意識がある? 培養された「ミニ脳」はすでに倫理の…

    • 7

      インドネシア、巨大ヘビから妻救出した夫、ブタ丸呑み…

    • 8

      トランプが日本に突き付けた「思いやり予算」4倍の請…

    • 9

      「武蔵小杉ざまあ」「ホームレス受け入れ拒否」に見る深…

    • 10

      アメリカが繰り返し「ウソ」を指摘......文在寅直轄…

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

    【写真特集】ラスベガスになれない「成金」マカオ