Newsweek

東南アジア

インドネシアの宗教と民主主義の危うい関係

2019年4月25日(木)15時30分
クリティカ・バラグール

    ジョコと副大統領候補の聖職者マアルフ・アミンの選挙運動は盛り上がった WILLY KURNIAWANーREUTERS

    <実務肌の現職ジョコ大統領が再選確実となったがイスラム教勢力が政治の場で無視できない存在に>

    14年以来(そしておそらく24年まで)インドネシアの大統領を務めるジョコ・ウィドドは最高に満足していたはずだ。4月17日午後3時、インドネシア大統領選挙の開票速報の時点で、対立候補のプラボウォ・スビアントを10ポイントほどリードしていたのだから。

    それでも彼は勝利宣言を見送った。歓声を上げる支持者たちには、5月22日までに公表予定の正式結果を辛抱強く待つよう求めた。

    それはジョコの完璧な自信の表れだった。5年前の大統領選でも勝利した同じ相手に、今回も順調な選挙戦を戦ってきた。

    インドネシアでは、政界のエリートではなく軍人でもない大統領はジョコが初めてだ。そして実務家らしく少しずつ改革を進め、経済を発展させてきた実績が勝利の決め手になった。

    今回で3度連続で国政選挙で敗れることになる対立候補のプラボウォは開票速報に異を唱え、選挙の不正を主張している。

    だが国際戦略研究所の研究員アーロン・コネリーに言わせると、ジョコの勝因は「楽観的で陽気な選挙運動を展開した」ことだ。国内の資源部門への外資参入に反対するなど、なにかと否定的だったプラボウォの主張とは正反対で、「結局は楽観主義が悲観主義に勝った」のだ。

    しかしジョコは再選を確実にするため、宗教保守派にかなりの譲歩をした。副大統領候補として、インドネシアのイスラム社会の頂点に立つマアルフ・アミン師を選んだのだ。マアルフの主張は不寛容で、過去にはシーア派やアハマディア派のイスラム教徒、LGBTの人々を露骨に攻撃したこともある。

    昨年、ジョコがマアルフを選んだことは、イスラム勢力への屈服と見なされている。きっかけとなったのは17年、イスラム教を冒瀆したとして実刑判決を受けたキリスト教徒のジャカルタ州知事バスキ・チャハヤ・プルナマ(通称アホック)が、強硬なイスラム主義者の抗議行動で再選を果たせなかったことだ。

    宗教意識が急激に高揚

    もはやジョコは危険を冒すわけにいかなかった。5年前の選挙で、本物のイスラム教徒ではないと非難され、「隠れ共産主義者」と呼ばれた苦い経験があるからだ。

    マアルフを副大統領候補に選んだことは、アホック追放以来、イスラム教徒であることがインドネシア政治における正統性と信用の中核的な要素になったことを示している。もちろんインドネシアは過去にも世俗的な国ではなかった。その憲法は6つの信仰を名指しで保護し、無神論を違法としている。だが宗教や宗派間の抗争が内政を揺るがすことはなかった。

    注目のキーワード

    注目のキーワード

    ニューストピックス

    本誌紹介

    特集:上級国民論

    本誌 最新号

    特集:上級国民論

    特権階級が不当に罪を逃れている── 日本を席巻する疑念と怒りの正体

    2020年2月25日号  2/18発売

    人気ランキング

    • 1

      文在寅を見限った金正恩......「新型コロナ」でも問答無用

    • 2

      韓国にパンブーム到来、ソウルの「日本のパン屋」に突撃取材した

    • 3

      スキー・スノボに行かなくなった(行けなくなった)若者たち

    • 4

      「マスクは今週1億枚を供給、来月には月産6億枚体制へ…

    • 5

      「ホライモリは悲しんだ」......7年間、同じ場所で動…

    • 6

      新型コロナウイルス、急拡大の背景に排泄物を介した…

    • 7

      クルーズ船対応に見る日本の組織の問題点──権限とス…

    • 8

      殺害した女性の「脳みそどんぶり」を食べた男を逮捕

    • 9

      感染者2200万人・死者1万人以上 アメリカ、爆発的「イ…

    • 10

      韓国激震、新型コロナウイルスで初の死者 感染急増1…

    • 1

      夜間に発電できる「反ソーラーパネル」が考案される

    • 2

      文在寅を見限った金正恩......「新型コロナ」でも問答無用

    • 3

      ロイヤルウェディングの招待状がほのめかしていたメーガン妃の離婚歴

    • 4

      殺害した女性の「脳みそどんぶり」を食べた男を逮捕

    • 5

      スキー・スノボに行かなくなった(行けなくなった)…

    • 6

      新型コロナウイルスはコウモリ由来? だとしても、…

    • 7

      感染者2200万人・死者1万人以上 アメリカ、爆発的「イ…

    • 8

      韓国、キャッシュレス完了した国が進める「コインレ…

    • 9

      新型コロナウイルス、人口2.6億のインドネシアで感染…

    • 10

      クルーズ船内「悲惨な状態」 神戸大・岩田健太郎教授、…

    • 1

      「歯肉から毛が生えた」という女性の症例が世界で初めて報告される

    • 2

      一党支配揺るがすか? 「武漢市長の会見」に中国庶民の怒り沸騰

    • 3

      ヒヒにさらわれ子どもにされた子ライオンの悲劇

    • 4

      マスク姿のアジア人女性がニューヨークで暴行受ける

    • 5

      新型コロナウイルスはコウモリ由来? だとしても、…

    • 6

      夜間に発電できる「反ソーラーパネル」が考案される

    • 7

      韓国で強まる、日本の放射能汚染への懸念

    • 8

      「武漢はこの世の終末」 チャーター機乗れなかった米…

    • 9

      BTSと共演した韓国人気子役がYouTubeで炎上 虐待さ…

    • 10

      「拷問死したアメリカ人学生」がはばむ文在寅の五輪…

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

    【写真特集】シリコンバレー、格差社会の日常